bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2020 / 02

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-820.html

Mission Control でアイコンをクリック
そんなの知ってるよ シリーズの小ネタです。

Mission Control において、1つのウインドウを選択してクリックすると、そのウインドウが最前面で表示されます。

例えば下のような場合、Finderウインドウの1つをクリックしてやると、そのウインドウが最前面に表示されます。
130111mci0.jpg


しかし、(Mission Control に入る前に Safari が最前面だった場合)それ意外の Finderウインドウ は Safari の後ろに隠れた状態になります。
130111mci2.jpg



そこで、Mission Control でアイコン部分をクリックします。
130111mci3.jpg


すると今度は、Finder全体(すべての Finderウインドウ)が前面に表示されます。
130111mci4.jpg

こんな風に、Mission Controlアイコン部分をクリックすると そのアプリケーションのすべてのウインドウを前面に持ってくることができます。


edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : MissionControl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1118.html

OS X Lion 使い始め雑感。その1
OS X Lion インストールしました。
今更ながら、Lion をいろいろ触ってみての自分なりの感想をまとめようと思います。なかなか弄る時間がなくて世間一般の情報よりかなり遅れていると思いますがマイペースでやっていこうと思います。
110721lion1.jpg

まず30分ほどかけてインストール。オープニングムービーがなかったのは残念。
(Lion のインストール条件 → アップル - OS X Lion - 技術仕様




【 Recovery HD について 】


OS X Lion はDVDとかのメディアからインストールする訳ではないので、OSや起動ディスクのなんらかの不具合が発生した場合は、別パーティションにリカバリー用のシステムが用意されています。
(↓optionキー を押しながら起動して起動ディスク選択のところ)
110721lion2.jpg
(このパーティションは Disk Utility.app では見れないようになっている)


command+R のキーを押しながら再起動すると、リカバリーディスクのシステムが起動して「Mac OS X ユーティリティ」が起動します。
110721lion3.jpg

もしクリーンインストールするなら、こんな手順で再インストールするんだろうと思います。インターネット接続が必要になってくる。
参考『OS X Lion:Lion Recovery について



ちなみに各所で伝えられた方法で、Lion インストーラーのパッケージ内の『InstallESD.dmg』を DVD-R に焼いたけど、やり方が悪いのか「起動ディスク」としては機能しませんでした。延々と読み込む音がするだけでシステムが立ち上がらない。(optionキー を押しながらでの起動では一応起動ディスクとは認識したけど)


('11/07/30追記)
コメントで教えて頂きましたが、DVD-R でも「起動ディスク」にはなるようです、起動するのにかんり時間がかかるようですが。
どうらやらMacの機種の性能によるのか?、僕の場合は1時間たっても何も起こらなかったです。
(追記おわり)



中身を見たら「Mac OS X Lion インストール.app」があったので、「起動ディスク」にはできなくとも OS のインストールはできそうです。
110721lion10.jpg






【 スクロール方向 につ*/いて 】


まず最初に上下のスクロール方向がiOS風になって、今までと逆なってるので戸惑います。
これに慣れようかとしばらくやっていたけど、無理でした。

システム環境設定マウス
を開いて「スクロールまたは移動するときに、コンテンツを指を動かした方向に移動させる」のチェックを外すと今までのスクロール方向に戻ります。
110721lion9.jpg

僕はマウスとマジックトラックパッドを併用しているのですが、これを設定するとマジックトラックパッドのスクロール方向も変わりました。






【 Finder について 】


Snow Leopard から環境設定などの内容は引き継がれるんだけど、Finderウインドウの「パスバー」と「ステータスバー」が表示されてなかったので、「表示」メニューから「パスバーを表示」「ステータスバーを表示」を実行する。


それと FInderウインドウ のサイドバーの色がモノクロっぽくなって視認性が悪くなった。あとサイドバーに登録したアイテムの「カスタムアイコン」が表示されなくなってしまったので、これも使いづらくなった。
110721lion4.jpg


マイファイル」はファイルを「イメージ」や「ムービー」といったジャンルに分けて下のように表示します(アイコン表示の場合)。CoverFlowのように横スクロールでブラウズできます。
110721lion5.jpg

「マイファイル」には新しく保存したファイルがどんどん登録されていくらしいです。ただし、ホームフォルダ内に保存したファイルしか認識しないようです?





【 不可視になった「ライブラリ」フォルダを見えるようにする 】


ホームフォルダ内の「ライブラリ」フォルダが不可視になったけど、前からFinderウインドウのサイドバーに登録していて何も気付きませんでした。

「可視」にするなら、ターミナル等で

chflags nohidden ~/Library

のコマンドを実行すると見えるようになります。

元通り「不可視」に戻すなら

chflags hidden ~/Library








【 QuickLook について 】


見た目がずいぶん変わって、FInder 以外のアプリケーションが最前面になっても QuickLook のウインドウを維持するようになりました。
110721lion6.jpg

またウインドウ右上で、それをアプリケーションで開くボタンが追加されました。
ボタンを右クリックすると開くアプリケーションを選択できます。






【 Mission Control について 】


Spaces と Exposé を総合的に管理する「Mission Control」が加わりました。
icn_Mission_Control.jpg

fn+)F9 や Dock のアイコンをクリックするなどして Mission Control を立ち上げます。
110721lion7.jpg

現在の操作スペースで開いているアプリごとに分かりやすくウインドウを表示します。従来のSpacesと同じように、ポインタをウインドウ上において spaceキー を押すとそれをQuickLookのように拡大表示します。

隣の操作スペースに移動するには control+control+ で移動します(Mission Control の操作画面のとき、通常の画面のときでも両方とも)。

Dashboard とデスクトップ1, 2 ,3 と、今までの Spaces で横1列の3つのスペースの隣に Dashboard がくっついたようなものです。

画面の右上にポインタを持って行くと「」ボタンが表示されて、それで新規の操作スペースを追加できます。
110721lion12.jpg

減らす時は各操作スペース左上の「×」ボタンから。
110721lion13.jpg




デフォルト設定の操作スペース移動のショートカットキー control+左右カーソルキーをそのまま使うなら、Mission Control を呼び出すキーは control+ が使いやすいかと思います(キーボードで横1列に並んでいるため)。

(※システム環境設定の「Mission Control」パネルでの設定ではなく)
システム環境設定キーボードキーボードショートカット
で Mission Control にそれを割り当てることができます。
110721lion8.jpg



また、それぞれのデスクトップを表示させてから、システム環境設定にてデスクトップピクチャを設定すると、デスクトップ1, 2, 3 で違うものに設定できます。
110721lion11.jpg



逆に今までの Spaces のようにメニューバーにスペース番号が表示されないので、デスクトップピクチャを変更しておかないと分かりづらいかもしれません。




(気長に「その2」へとつづく)

edit

Macの基本操作 | CM:3 | TB:0

tag : Lion  MissionControl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1074.html

スクリーンショット撮影時のちょっとした「定規」
「何を今更・・・」ながらのちょっとしたTipsです。
スクリーンショット撮影時のポインタを簡易的な「定規」として使う方法です。

shift+command+4 のスクリーンショット撮影では、撮影する範囲を指定するポインタに、その位置の座標が表示されます。
110217jog1.gif

これでだいたいの座標位置が確認できます。
例えば  メニューの位置がおおよそ {27,11} とか。

また 4 のスクリーンショットの撮影する範囲を指定するためにドラッグし始めると、ポインタの座標は相対座標に切り替わります。
なので、なにか画面上の寸法を測りたいときには、これでだいたいの大きさを測れます。
110217jog2.gif



撮影範囲をドラッグするときに optionキー を押しながらドラッグすると、基準が「中心」となります(普段は「左上」が基準)。
110217jog3.gif



撮影範囲をドラッグしている最中に shiftキー を押しすと、縦・横どちらかの値が固定された状態になって選択範囲を決められます。
110217jog4.gif



撮影範囲をドラッグしている最中に spaceキー を押してさらにドラッグすると、現在選択している範囲のサイズを固定したまま、それごと移動できます

例えば、 4 のスクリーンショット撮影で、選択範囲の大きさが {300,150}の範囲を作ってみます。この状態のときに spaceキー を押すと・・・
110217jog5.gif

この {300,150} の選択範囲の大きさを保ったまま、space+ドラッグ して画面上の任意の場所に移動できます。
110217jog6.gif

決まったサイズのものと、対象のものサイズの対比するときなど、「定規」の代わりとして便利に使えるので、Weデザインする人なんかは、覚えておいたら便利です。

edit

Macの基本操作 | CM:3 | TB:0

tag : Ruler  ScreenCapture  Tips 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1067.html

ファイルを意中のアプリで強制的に開く
Comfortable Cradle for 001 : Mac OS X : My Mac Tips』で知った、ちょっとしたTipsです。

あるファイルを意中のアプリケーションで開きたいとき、Finder のコンテキストメニュー でアプリケーションを選択するなどの方法があります。

例えば、標準テキストファイル(.txt)を開こうとする場合。
control+クリック(右クリック)してコンテキストメニューの「このアプリケーションで開く」のサブメニューからアプリを選択します。
110121ko1.jpg


この候補の中に意中のアプリケーションがないときは、「その他...」を選択して、ダイアログでアプリケーションを選択します。
110121ko2.jpg



このダイアログでは、そのファイルを開くことのできるアプリケーション(推奨アプリケーション)だけを選択できるようになっていますが、リストで「すべてのアプリケーション」を選択すると、通常そのファイルを開くことのできないアプリでも選択することができるようになります。
110121ko3.jpg


これでテキストファイル(.txt)でも、QuickTime Player を開くアプリケーションに指定することができます。
(当然開くことはできませんが、指定するだけはできます。)
110121ko4.jpg



拡張子の付いてないファイル、クリエータ・タイプコードが不明のファイル、などを「のっぺらぼう」なファイルを、とりあえずテキストエディタで開いてみようか、なんてときにこの方法を使ってファイルを開いたりします。



しかし、こんなことをしなくても、開きたいファイルのをアプリケーションのアイコン上に option+command+ドラッグ するだけで済みました。


(普通にファイルをドラッグ&ドロップした場合)
110121ko5.jpg
何の反応もなく、ドロップできません。
なので、このアプリケーションでファイルを開くことができません。



option+commandを押しながらドラッグ&ドロップした場合)
110121ko6.jpg
option+command を押しながら、ファイルをアプリケーションのアイコン上にドラッグ&ドロップします。

すると、通常は何の反応もなくてドロップできなかったものでも、できるようになり、ファイルを強制的に開く(開こうとする)ことができます。


まあ、この例ではもちろんファイルを開くことはできませんが、「開こうとする」ことはできました。
110121ko7.jpg



option+command+ドラッグ といえば、エイリアスを作るだけかと思ってたら、こんな機能もありました。

edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : Tips 

+