bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-979.html

Open in Terminal
icn_OpeninTerminal.jpg
Open in Terminal : 最前面のコンテキストに対応した working directory をターミナルで開く
TerminalControl.osax(スクリプティング機能追加)
OS10.4、OS10.5以上(UB) 各対応
ドネーションウェア


Finder の最前面のウインドウをフォルダをターミナルで開く、Finder以外のアプリケーションで開いているファイルの親ディレクトリをターミナルで開くことができる「Open in Terminal」の紹介です。



icn_osax.jpg「Open in Terminal」を使用するには、スクリプティング機能追加の「TerminalControl.osax」が必要です。

この TerminalControl.osax を
/Users/登録アカウント名/Library/ScriptingAdditions/
に保存します。


Open in Terminal は、Finderのツールバーに登録して使う、サービスメニューから使う、ランチャから起動して使うなど、いろいろ使用法があります。


まず、Finderのツールバーに登録して使う場合、「Open in Terminal.app」をツールバーにドラッグ&ドロップします。
091016oit1.gif
(32pxのアイコンはツールバーの他のアイコンのデザインに合わせてる)

このツールバーのアイコンをクリックすると、ターミナルが そのフォルダを「cd」した状態で開きます。
091016oit2.gif
もし既に、その working directory をターミナルで開いている状態なら、そのターミナルのウインドウを最前面に表示します。



さらに Open in Terminal はターミナルのウインドウタイトルを、そのディレクトリのパス(最大3階層分まで表示)とします。
091016oit3.gif



サービスメニューから使う場合、Open in Terminal を「アプリケーション」フォルダか、そのサブフォルダ内に保存して、再ログインすると使えるようになります。

システム環境設定キーボードキーボードショートカット
の「サービス」を開きます。
091016oit4.gif
ここの「ターミナルで開く」にチェックを入れると、使えるようになります。
091016oit5.jpg


ショートカットキーもシステム環境設定で設定できるけど、「サービス」が使える状態でないとショートカットキーは機能しないので、使い勝手としては微妙です。
(例)何もアイテムを選択していないFinderウインドウを開いている
     ↓
   ショートカットキーで「ターミナルで開く」を実行
     ↓
   「サービス」が使える状態ではないので何もおこらない
   (何かを選択している場合だと「サービス」が使える)

なので、Spark などで「Open in Terminal」を登録して、ホットキーを使えるようにした方がいいかと思います。




「Open in Terminal」は Finderだけでなく、他のアプリケーションで開いているファイルの親フォルダを working directory として、ターミナルで開くこともできます

例えばデスクトップフォルダ上に存在する「hoge.txt」というテキストファイルを、テキストエディット.appで開いているとします。
091016oit6.gif

この状態で LaunchBar で「Open in Terminal」を呼び出して起動してみます。
091016oit7.gif
(LaunchBar は環境設定で「Nonactivating Mode」にするか、もしくは バックグラウンドで起動するように設定しておく)

もちろん LaunchBar でなくても、Dockに「Open in Terminal」を登録して起動したり、Spark などで起動してもOKです。


すると、ターミナルが起動して「hoge.txt」の親フォルダである「デスクトップ」フォルダを working directory としてウインドウを開きます。
091016oit8.gif



Finder以外のアプリケーションでも使えるところは、DTerm とよく似ています。
コマンドライン操作はやっぱりターミナルの方がいいと思うなら、DTerm より、この「Open in Terminal」の方が使いやすいかと思います。




ちなみに Open in Terminal のアイコンは自作アイコンを採用して頂きました。
icn_OpeninTerminal.jpg






この記事では Open in Terminal 1.6 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Script factory
Download page : Open in Terminal

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Terminal 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。