bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-829.html

LaunchBar/ Finder の操作(2)
icn_LaunchBar
LaunchBar : コマンド入力ランチャ+多機能ユーティリティ
OS10.4以上(UB)
シェアウェア Single License €24, Family License €39, Update €9


LaunchBar/Finderの操作(1)のつづき

【 LaunchBar にマウスでドラッグ&ドロップする 】


LaunchBar のウインドウに、Finderからファイルをドラッグ&ドロップして、ファイルを移動したり、複製したり、エイリアスを作ったりすることができます。

例えば、LaunchBar で「Nekoサムネイル」というフォルダを表示していたとします。そこにファイルをドラッグ&ドロップします。
090105lb77

そうすると、下のようなメニューが表示されます。
090105lb78

マウスやカーソルキーで選択して実行するか、ファンクションキーでそれぞれの項目を実行します。


LaunchBar上で、シンボリックリンクファイルを command+delete でゴミ箱へ移動したりすると、実体ファイルの方がゴミ箱行きになるので注意。
エイリアスの方は、ちゃんとエイリアスファイル自身がゴミ箱へ移動されます。



この LaunchBar上で表示しているフォルダに、アイテムをドラッグ&ドロップしたときの行動は、Preferencrs > Advanced で設定できます。
090105lb79

僕の場合は
「Drop onto application」→ Open with Application
「Drop onto folder」 → Ask
「Drop onto any other ietm」 → Ask
に設定しています。



「Ask」の設定のままでも、修飾キー+ドラッグ&ドロップ で、メニュー表示を飛ばしてファイルの移動などができます。

例えば、option+ドロップ でそのファイルを複製することができます。
090105lb80

これらの修飾キーとドラッグ&ドロップの組み合わせは、下のようになります。

  • command+ドロップ --- Move to "○○○" or Open with ○○○
  • option+ドロップ --- Copy to "○○○"
  • command+option+ドロップ --- Make Alias

  • control+ドロップ --- Make Symbolic Link (Absolute)
  • control+option+ドロップ--- Make Symbolic Link (Relative)
  • control+shift+ドロップ --- Make Hard Link

  • shift+ドロップ --- Select in LaunchBar
  • command+shift+ドロップ --- Add Configuration(※)


※「Add Configuration」はフォルダなどを Index に加える機能?だと思いますが、僕の環境ではこれをやっても機能せず、いまいちよく分かりません。どなたかご存知?



また、逆に LaunchBar からFinderにドラッグ&ドロップすることもできます。
090105lb84
(※候補リストからドラッグ&ドロップします)

上の写真の場合は、ファイルを移動します。
これも修飾キーをプラスすることによって、移動・複製・エイリアスの+αの操作ができます。

  • 移動 --- ドラッグ or command+ドラッグ
  • 複製 --- option+ドラッグ
  • エイリアス --- option+command+ドラッグ




マウスドラッグなどで操作する場合、LaunchBar のウインドウを固定しておくと何かと便利です。
右側の歯車のところをクリックして
Turn Hiding Off」( shift+command+H )を選択します。
090105lb86

これで LaunchBar のウインドウは固定されます。
090105lb85
(右端のアイコンが「カギ」マークになる)





【 Open/Saveダイアログ での便利な使い方 】


これはFinderのことに限らないけど、あらゆるアプリケーションで表示される「Open/Saveダイアログ」での LaunchBar の便利な使い方です。

ダイアログが表示されているときに、LaunchBar を呼び出し 何か入力して目的の「フォルダ」を選択します。このときに候補リストから、そのフォルダをダイアログにドラッグ&ドロップします。
090105lb87

これで、そのフォルダがダイアログで選択されるようになります。
090105lb88




キーボード操作中にマウスで操作するのは、ちょっと手間なのでキーボード操作のみでもできます。

ダイアログが表示されたときに、shift+command+G で、「フォルダへ移動」のパス入力ウインドウを表示します。

これで LaunchBar で目的のフォルダを選択し、コピーとペーストを同時に行う shift+command+C のホットキーを入力します。
090105lb89

これで、目的のフォルダをダイアログに渡せることができます。
(参考『appling with wordpress » LaunchBar Tips ファイル操作』)

関係ないけど「Open/Saveダイアログ」表示時に shift+command+G 以外の / でパス入力を開始できるのは知りませんでした。~ でもパス入力を開始します。




launchbar_drop_finder_selection

【 キーボード操作でファイルをLaunchBarにドロップする 】


この記事の最初で、LaunchBar にファイルをドラッグ&ドロップすることを説明しましたが、LaunchBar はほとんどの操作をキーボードで行うものであり、操作途中でマウスを使ったりするやり方はあまりスマートな使い方とは言えません。

LaunchBar には command+DFinderで選択しているアイテムをLaunchBarにドロップする機能が備わっています。(Drop Finder Selection

この command+D のホットキーはよく使うので覚えておいた方がいいでしょう。


例えば、「video.mp4」というファイルを「ムービー」フォルダに移動してみます。
まずFinderでファイルを選択しておいてから、LaunchBar を呼び出し「MOVIE」などと入力して「Movies」フォルダを選択します。
090105lb95


この状態で command+D のホットキーを押すと、Finderで選択していた「video.mp4」ファイルをLaunchBar上にドロップします。
090105lb96

あとはメニューの「Move to “○○○”」を選択して実行すれば、ファイル移動できます。

もちろん、このメニューで他のものを選択すれば、複製、エイリアス、シンボリックリンク、ハードリンクといったものが作れます。




他にもLaunchBarでアプリケーションを選択し、Finderで選択しているファイルを command+D でドロップして開くといった使い方もできます。

(例)LaunchBar で「NicePlayer」を呼び出す。
090105lb97

command+D でFinderで選択しているファイルをドロップ。
090105lb98

これを実行して、そのファイルを NicePlayer で開くといったことができます。



このアプリケーションに command+D でドロップするときは、
Preferencrs > AdvancedDrag and Drop
の「Drop onto application」での設定が反映されます。
090105lb79

僕の場合は
「Drop onto application」→ Open with Application
に設定して、command+D でドロップしたファイルを、メニュー表示無しで、すぐにアプリケーションで開くようにしています。



似たような機能として、FInderで選択しているものをピックアップして LaunchBar で表示する command+G のホットキーもあります。(Get Finder Selection






このエントリのまとめ

  • LaunchBarでフォルダを選択し マウスでファイルをドラッグ&ドロップ

    • command+ドロップ --- ファイルを移動
    • option+ドロップ --- ファイルを複製
    • command+option+ドロップ --- エイリアス作成

    • control+ドロップ --- 絶対パスシンボリックリンク作成
    • control+option+ドロップ--- 相対パスシンボリックリンク作成
    • control+shift+ドロップ --- ハードリンク作成

    • shift+ドロップ --- LaunchBarで選択
    • command+shift+ドロップ --- よくわからない?

    • 単にドロップする --- 上記行動の選択メニューを表示


  • LaunchBarの候補リストからFinderにドラッグ&ドロップ

    • 移動 --- ドラッグ or command+ドラッグ
    • 複製 --- option+ドラッグ
    • エイリアス --- option+command+ドラッグ


  • Open/SaveダイアログにLaunchBarで選択したフォルダをドラッグ&ドロップして、ダイアログ上でそのフォルダを表示
  • Open/Saveダイアログで shift+command+G でパス入力を開始し、LaunchBarでフォルダを選択し、shift+command+C でパスをペースト

  • command+D でFinderで選択しているものをLaunchBarにドロップ
    Drop Finder Selection
  • command+G でFinderで選択しているものをLaunchBarに表示
    Get Finder Selection








この記事では LaunchBar 5 beta 3 (630) を使用しています。

今現在は version 5 beta 4 (631) がダウンロードできます。そろそろベ-タ版の試用期限も切れる頃でレジストしなきゃと思ってたところ、試用期限も '09/03/01 までに延長されたようです。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Objective Development
Download page : LaunchBar 5 Beta


(関連記事)
LaunchBar/Finderの操作(1)
LaunchBar
(すべてのLaunchBar関連の記事のリンクは『LaunchBar』の記事にあります)

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : LaunchBar  Finder 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。