bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-819.html

SteerMouse
icn_SteerMouse
SteerMouse : ボタン,ホイール,カーソルスピードをカスタマイズするマウスドライバ
PreferencePane
OS10.4以上、USB or Bluetooth マウス
シェアウェア \2,100(銀行振込) 、 \2,300(Paypal)


マウスのボタン、ホイール、カーソルスピードなどを、アプリケーションごとにそれぞれカスタマイズできるマウスドライバ「SteerMouse」の紹介です。

インストール完了後に
システム環境設定SteerMouse
もしくは
/Applications/Utilities/SteerMouse.app
を起動して、設定します。

まず最初に、左上のプルダウンリストで、どのアプリケーションに対しての設定を行うかを選択します。
090131sm1

デフォルト」はすべてのアプリケーション共通の設定です。

アプリケーションの登録と削除...」を選択して、個別のアプリケーションでのマウスの設定ができます。
090131sm3
個別のアプリでの設定は、「デフォルト」の設定よりも優先されます。

例えば、Weブラウザなどではマウスの移動スピード、スクロールホイールの速さを上げておいて、ドローイング系のアプリケーションでは、移動スピードを遅くして使い易くするといった、作業環境に合わせた細かい設定が可能になります。




SteerMouse は様々な種類のマウスに対応しており、接続しているマウスによって設定がちょっと変わってきます。
(↓マイティマウスを接続しているとき)
090131sm25.gif

僕が普段使っているマウスは、ELECOMのチルトホイール付きの5ボタンマウスです。(ボタンが少し固いのとホイールをゆっくり廻したときの反応がイマイチで、あまりオススメできるものじゃない)

このエントリでは、このタイプのマウスを接続していた場合での説明になります。







【 SteerMouse - マウスボタンの設定 】


ボタン」タブでマウスボタンに、いろいろ割り当てることができます。
090131sm2

16ボタンまで対応しています。
マウスのボタン番号がどれだか分からないときには、右のマウスの絵の上でボタンを押すと、そのボタン番号の部分が強調表示されるようになっています。



役割を設定したいボタンのところをクリックすると、別ウインドウが開きます。ここでどういう設定をするか、プルダウンリストで選択します。
090131sm4

・「デフォルトと同じ」※
・「ショートカットキーを入力
・「スクロール操作
・「カーソル操作
・「アプリケーション切替
・「クリック操作
・「開く
・「何もしない

これらから選択します。
※「デフォルトと同じ」は個別アプリケーションでの設定でのみ有効です。



▶ ショートカットキーを入力

例えば「ボタン5」に「ウインドウを切り替え」の command+F1 を設定するならば、下のようにします。
090131sm5

下のリストから「F1」を選択するか、キーを入力するかで、そのホットキーを登録できます。command, shift, option, control の修飾キーはチェックを入れて入力します。

修飾キーのみにしたい場合は、リストから「なし」を選択して、修飾キーにチェックします。

具体的な設定例としては、
最前面のアプリケーションのメニュー項目をマウスポインタのある場所で、コンテキストメニューのように表示する「DejaMenu」を呼び出すホットキーをマウスボタンに設定する。
070716djm6


たいていのアプリケーションで横スクロールshift+スクロールホイール でできるので、マウスボタンに shiftキー を割り当てる。


ドローイング系のアプリケーションでは、option+スクロールホイール で拡大・縮小表示できるものが多いので、マウスボタンに optionキー を割り当てる。
またPhotoshop, Illustrator などで Space+ドラッグ で表示範囲の移動ができるので、第4・第5マウスボタンに Spaceキー を割り当てる。


Finder限定で、マウスの第3ボタン(スクロールホイールのボタン)に command+Y を割り当てて、マウスだけで QuickLook を表示させる。


Webブラウザで command+[(戻る)、command+](進む) のホットキーをマウスボタンに割り当てる。


SteerMouse では複数のホットキーのキーコンビネーションも設定できます。
(「追加」ボタンでホットキーを追加登録できます)
090131sm6

Webブラウザでアドレスバーを選択( command+L )、新規タブで開く( command+return )などと設定していれば、ボタン1つで現在と同じページを新規タブで開けます。



また、アクティブなウインドウをホットキーでスイッチする便利なアプリ「Senebier」をマウスで操作する為に、マウスボタン4と5に、それぞれ tab, option を設定します。
090131sm7

上のような設定にしておくと、第5ボタン(option)を押しながら、第4ボタン(tab)を押すと、Senebierリストを表示できます(第5ボタンは押さえたままにする)。
090119sb3
マウスだけで目的のウインドウに切り替えられるので、便利です。

さらに Senebier 限定の設定で、ミドルボタンに H を設定すれば、第5ボタンを押さえたまま、ミドルクリックでそのアプリケーションを隠すこともできます。





▶ アプリケーション切替

command+tab で表示されるアプリケーションスイッチのウインドウを呼び出すことができます。スクロールホイールを廻すとフォーカスの移動ができます。
080130aws1


例えば、これをマウスボタンに割り当てるとします。
Finderでファイルをドラッグしている最中に、そのボタンを押してアプリケーションアイコンにドロップすれば、そのアプリで開くことができます。
090131sm8

ただ Dockのアイコンにドラッグ&ドロップした方が早いかも・・・。





▶ クリック操作

「クリック操作」では、ダブルクリック、トリプルクリック、修飾キーを加えたクリックなどを設定することができます。
090131sm9

・「クリック(システムと同じ)
・「クリック
・「ダブルクリック
・「トリプルクリック
・「クリックロック
・「コンテキストメニュー
・「ミドルクリック
これらの「クリック」と、command, shift, option, control の修飾キー を組み合わせて設定することができます。

特に便利なのが「クリックロック」で、これをFinder限定でマウスボタンに設定したとします。

ファイルをドラッグ&ドロップするときに、そのボタンを1回クリックしただけでドラッグ操作を開始できます。
ドロップしたいときには、もう一度そのボタンをクリックするか、左クリックするだけ。


また「テキストエディット.app」に設定したとします。
テキストをドラッグ&ドロップで移動したいときに、まずテキストを普通にダブルクリックで選択し、クリックロックを割り当てたボタンを押します。
あとはドロップしたい場所で、そのボタンか左クリックするだけです。
090131sm10

ドロップするときに optionキー を押しながらクリックすると、そのテキストを複製することができます。

通常であれば、テキストをドラッグ&ドロップするときは、ドラッグし始める前に約1秒くらい左クリックしたままの状態を保ってからドラッグし始めるのですが、このクリックロックを使うと待つ必要もなく便利です。





▶ 開く

「開く」では、ファイル、フォルダ、アプリケーションを登録します。
090131sm11
ファイルは、デフォルトアプリケーションで開き、
フォルダは、Finderウインドウでそのフォルダを表示し、
アプリケーションであれば、そのアプリケーションを起動します。

登録はこのウインドウにドラッグ&ドロップするか、「変更...」ボタンで指定します。

Finderで、よく使うフォルダを登録しておいたら便利。





▶ カーソル操作

カーソル操作」では、マウスポインタを特定の場所などへ移動するように設定できます。
090131sm20.gif

デフォルトボタン」は確認ダイアログのなどの「キャンセル」「OK」などのボタンで、デフォルト設定になっているボタン(青いボタン)上にマウスポインタを移動します。

他にもウインドウの閉じるボタンなどに、ポインタを移動できます。
090131sm21.jpg

マウスポインタ移動後にその場所をクリックしたり、元の位置に戻したりするオプション設定もできます。
090131sm22.gif

「カーソルを○へ移動」を選択すると、指定したピクセルの分だけ、マウスポインタを移動します。
090131sm23.gif
ドローイング系のアプリで、微妙に位置を調整したいときなど、ドラッグしながらカーソル移動しつつ、ドロップするといった使い方ができるかも。





【 SteerMouse - ホイールの設定 】


ホイール回転」タブでは、マウスのスクロールホイールに関する設定ができます。
090131sm12

スクロールホイールには「上回転」「下回転」「上回転(押)」「下回転(押)」(「押」はミドルクリックしながらホイールを廻す)に対して設定ができます。

設定できる内容は、
・「デフォルトと同じ」※
・「ショートカットキーを入力
・「スクロール操作
・「カーソル操作
・「開く
・「何もしない
これらから選択します。
※「デフォルトと同じ」は個別アプリケーションでの設定でのみ有効です。



▶ スクロール操作
「スクロール操作」を選択すると、「加速スクロール」「倍速スクロール」かを選択できます。
090131sm13

加速スクロール はホイールを回し続けると、徐々に加速してスクロール幅が大きくなって行きます。
スライダで加速度の設定ができます。

倍速スクロール は何倍速かを数字入力で指定します。


アプリケーションごとの設定が可能なので、Webブラウザや、プレビュー.app などではスクロールを速くして、ドローイング系のアプリではスクロールを遅くといった細かい設定ができます。


また、例えば option+スクロールホイール で拡大・縮小表示するドローイング系のアプリケーションであれば、「ミドルボタン」に optionキー を設定し、「上・下回転(押)」にスクロール操作を設定して、ミドルクリック+スクロールホイール で拡大・縮小ができるようになります。
090131sm14
(スクロールの速さはあまり速くしない方がいい)

別にマウスボタンに optionキー を割り当てて、マウスボタンを押しながらスクロールホイールを廻すといった操作でも同じです。

同様に shift+スクロールホイール横スクロールを割り当てても便利だと思います。



他にも Finder などで、スクロールホイールの「上・下回転」に、それぞぞれウインドウを巡回する command+F1, shift+command+F1 のショートカットを割り当てて、ウインドウ巡回を楽にするといった使い方もいいかも。





【 SteerMouse - チルトホイールの設定 】


チルトホイール」タブで設定を行います。
(チルトホイール:スクロールホイールの横倒し)
090131sm15.gif

左右の横倒しに対して設定できます。設定できるものは、
・「デフォルトと同じ」※
・「ショートカットキーを入力
・「スクロール操作
・「カーソル操作
・「開く
・「何もしない

これらから選択します。
※「デフォルトと同じ」は個別アプリケーションでの設定でのみ有効です。

「スクロール操作」は倍速スクロールのみ設定できます。


Webブラウザのページを「進む」「戻る」を割り当てておくと使い易いです。
090131sm16.gif

チルトに「ショートカットキー」を設定するならば、キーリピートしないように、スピードを最低にしておくといいでしょう。



また「ショートカットキー」の設定で説明したように、マウスボタンに「Senebier」を呼び出すホットキーを設定しているならば、下ようにSenebier限定でチルトに を設定しておくと便利です。
090131sm24.gif

Senebier で「Senebierリスト」「最近訪れたサイト」「最近使ったアプリケーション」「最近使った書類」をチルトで巡回できるようになります。






【 SteerMouse - マウスカーソルの移動の速さなどの設定 】


カーソル」タブではマウスポインタの移動スピードなど、すべてのアプリケーション共通の設定を行います。
090131sm17.gif

軌跡の速さ」と「感度」のスライダでマウスポインタの移動スピードを調整します。



下側の「自動的に移動する」はダイアログやウインドウを新たに表示したときに、マウスポインタが自動的に指定した場所に移動します。
090131sm18.gif


例えば、Finderでファイルを複製しているときに、下のようなダイアログが表示されることがあります。
090131sm19.gif

ダイアログが表示されたときに、マウスポインタを動かさないでちょっと待っていると、自動的にこの「置き換える」のボタンのところまで移動します。
(「デフォルトボタン」に移動するように設定していた場合)





SteerMouse は1ヶ月の試用期間があります。
レジストしようか、どうか検討中・・・。





この記事では SteerMouse 3.9 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : SteerMouseトップ
Download page : SteerMouseダウンロード

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Mouse  PreferencePane 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。