bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-809.html

NuFile
icn_NuFile.jpg
NuFile : コンテキストメニューで各種テンプレートから新規ファイルを作成して開く
コンテキストメニュープラグイン、PreferencePane
OS10.4以上(UB)、OS10.3 各対応
ドネーションウェア


Finderのコンテキストメニューから、登録しておいた各種テンプレートファイルから、新規ファイルを作成するコンテキストメニュープラグイン「NuFile」の紹介です。


インストール後に、Finderで任意のフォルダを選択して(or FInderウインドウで)、そこで control+クリック(右クリック)すると「New File」という項目が追加されています。
090402nf1.gif
サブメニューに各テンプレートファイルが表示されます。

例えば「New Text File」を選択・実行すると、そのフォルダ内に「NewTextDocument.txt」というファイルが作られ、テキストエディット.appなどで それを開きます。
090402nf2.jpg

090402nf3.gif

こんな風に、FInderから簡単にテンプレートに沿った新規ファイルを作成して開くことができます。



各種テンプレートの登録・解除・新規登録をなど、システム環境設定の「NuFile」パネルから設定できます。
090402nf4.gif
左側の「Show」欄のチェックで、コンテキストメニューにそのテンプレートを表示/非表示するかを選択できます。

右側の「Open」欄のチェックは、テンプレートから新規ファイルを作成した後に、そのファイルを開くかどうかを選択します。

Edit」ボタンで、現状のテンプレートファイルを開き編集・保存することができます。



新規テンプレートを登録するときは、「」ボタンか、リスト上にテンプレートとなるファイルをドラッグ&ドロップします。
090402nf5.gif


あとは自分好み表示に関する設定を行います。
Display Text」コンテキストメニューで表示されるテンプレート名
Prefix」新規ファイルの名前
090402nf6.gif

※テンプレートに登録した元となるファイルを削除したりすると、機能しなくなります。また、元となるファイルを移動するなどしてパスを変えるなら、ここのパスも変更しないと、機能しません。


ここのリストの順番が、コンテキストメニューでの順番になるので、よく使うものを上の方へ持って行くと使い易いでしょう。






この記事では NuFile 2.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Created By Tee
Download page : Created By Tee

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Template  ContextMenu  PreferencePane 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。