bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 09

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-808.html

LockPopCM
icn_LockPopCM
LockPopCM : ファイル・フォルダの下階層までロック・アンロックする
コンテキストメニュープラグイン
OS10.2以上(UB)
フリーウェア


オイラのマックが出来るまで(10.5専用) - Jekylle+』(←他にもいっぱいソフトが紹介されてるよ)で知った、ファイル、フォルダの下階層までロック・アンロックできる便利なコンテキストメニュープラグイン「LockPopCM」の紹介です。

インストールはダウンロードした「LockPopCM.plugin」ファイルを

(すべてのユーザで使用する場合)
/Library/Contextual Menu Items/

(個別ユーザで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/Contextual Menu Items/

のどちらかに保存して、Finderを再起動するか、再ログイン後に使えるようになります。


インストール後に、Finderでファイルを選択して control+クリック(右クリック) でコンテキストメニューを表示すると「Lock」という項目が表示されます。
090109lp1

これを実行すると、そのファイルがロックされます。
090109lp2

すでに「ロック」されているファイルであれば、「Unlock」という項目に変わり、実行すればそのファイルはアンロックされます。
090109lp3




複数のアイテムを選択している場合は下のように表示されます。
090109lp7
Lock all(すべてをロック)
Unlock all(すべてをアンロック)
Toggle lock(ロックされているものはすべてアンロック・ロックされていないものはすべてロック)
のどれかを選択します。




Finderで選択しているアイテムが、フォルダ・パッケージファイル・アプリケーションバンドル・添付ファイル付きリッチテキストなど、下部階層が存在するものの場合、「LockPop」という項目になります。
090109lp4

この中からどうするかを選択できます。
090109lp5

Lock」は現在選択しているフォルダをロックします。

Lock folder content...」はそのフォルダの下部階層も再帰的にロックするか確認ダイアログが表示されます。
090109lp6

Continue」を選択すると、そのフォルダの下部階層すべてのファイル・フォルダをロックします(現在Finderで選択しているフォルダはロックされない)。

Only one level」は、現在Finderで選択しているフォルダの、1つ下の階層にあるファイル・フォルダのみがロックされます。



コンテキストメニューの「Unlock folder cotent...」は上記と同じ要領でアンロックします。

同じく「Toggle folder content...」も同じ要領で、すでにロックされているものはアンロック、ロックされていないものはロックします。




一見地味だけど、この「LockPopCM」プラグインを入れているとなにかと便利です。インフォメーションウインドウを開く手間も省けるし。

Finderのコンテキストメニューに標準で付いていてもおかしくない機能だけに、オススメのプラグインです。






この記事では LockPopCM 1.1.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : setnan.org
Download page : LockPopCM



(関連記事)
コンテキストメニュー --- 基本的な説明、プラグインのインストール方法

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : ファイル管理  ContextMenu 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。