bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-722.html

Choosy
icn_Choosy
Choosy : リンクをクリックしたときにそれを開くWebブラウザを選択できる
PreferencePane
OS10.5以上(UB)
beta版の為フリーウェア(1年の使用期限)、正式版ではシェアウェアに移行


ブラウザ以外のアプリケーションでハイパーリンクをクリックしたときに、そのリンクを開くWebブラウザを選択できるようにするシステム環境設定ペインの「Choosy」の紹介です。


まず、Choosy をインストール後に、
システム環境設定ChoosyGeneral
を開きます。
081025c3

ここの「Make Choosy your default browser」にチェックを入れ、
Choosy helper application is running」の「Run」ボタンをクリックして、ヘルパーアプリケーションを起動させます(起動すると「Stop」ボタンに変わる)。


これで、例えばテキストエディット書類のリンクをクリックしてみます。
081025c1

すると、command+tab のアプリケーションスイッチのようなインターフェイスで、そのリンクを開くWebブラウザを選択できます。
081025c2

起動していないブラウザは半透明のアイコンで表示されます。

ブラウザのウインドウ内でのリンクをクリックした場合は、Choosy は適用されずにそのブラウザでリンクを開きます。



システム環境設定の「Browsers」タブで、選択するブラウザをフィルタリングしたり、優先順位を設定できます。
081025c4

リストにWebブラウザが表示されるので(リストされないものもある)、「✓」を入れたものだけが Choosy で選択できます。

各ブラウザをドラッグしてリストの上位に持って行くと、そのブラウザの優先順位が上がります。

上のように「Safari」を一番上に持って行って、右下の「Apply changges」ボタンで適用させると、その順番で Choosy の選択ウインドウに表示されます。
081025c5



Behaviour」タブでは、リンクをクリックしたときの行動を設定できます。
081025c6

上の赤枠の部分は1つ以上のWebブラウザが起動しているときの場合、下の黄色枠ではWebブラウザが起動していない場合での行動です。



Appearance」タブでは Choosy のブラウザ選択ウインドウの見た目の設定を行います。
081025c7

Browser prompt style...」を「~circle」を選択すると、下のような感じで表示されます。
081025c8



Choosy はまだベータ版なので、僕の環境では不具合もあります。
システム環境設定のウインドウで「Choosy」パネルが開けないことがありました。
使用は自己責任にて。





この記事では Choosy beta 0.9 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Choosy - A smarter default browser for Mac OS X
Download page : Choosy - A smarter default browser for Mac OS X

メールアドレスを登録して、返信されたメールにダウンロードリンクが記載されています。アドレスを登録していると、正式版が公開されたときに「ディスカウントコード」を発行してくれるらしいです。

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : WebBrowser  PreferencePane 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。