bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 03

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-703.html

LaunchBar/ Index の設定(1)
icn_LaunchBar
LaunchBar : コマンド入力ランチャ+多機能ユーティリティ
OS10.4以上(UB)
シェアウェア Single License €24, Family License €39, Update €9


LaunchBar で呼び出せるアイテムは「Index」に登録されているものです。
option+command+I(アイ) で、Indexウインドウが開きます。
090105lb31

左ペインには「Indexing Rules」と呼ばれる、LaunchBar の省略名検索(Abbreviation Search)で呼び出せるアイテム構成、それの元となるリストが表示されます。

LaunchBar で探しているものがなかなか表示されていないときには、この「Indexing Rules」からブラウズしてみるのもいいかもしれません。
090131lb1.jpg

Indexウインドウ左下に「✓」マークがあるので、これをクリックすると、Index Rules で不使用になっている項目が、チェックボックスと共に表示されます。

例えば、Firefoxのブックマークを LaunchBar で表示させたいときは「Firefox Bookmarks」にチェックします。
090105lb32

ツールバーの「New」「Folder」ボタン、左下の「」メニューで、Index Rule を追加できます。

左下の歯車メニューや、コンテキストメニューで削除や編集などできます。



Indexウインドウで何か変更したときは、ウインドウを閉じるときに、その内容を保存するかどうか確認ダイアログが表示されます。
090131lb7.gif




「Indexing Rules」には、様々なものが登録されています。
  • アプリケーション
  • 各システム環境設定パネル
  • スマートフォルダのような「Category」
  • Actions
  • サービスメニュー
  • Dockに登録されたフォルダ
  • マウントされたボリューム
  • そのMacでの各ユーザアカウント
  • ネットワーク環境
  • アドレスブックの各カード
  • iCal のカレンダー
  • iTunesライブラリ
  • iPhotoライブラリ
  • 各種Webブラウザのブックマーク・履歴
  • ホームフォルダなどの主立ったフォルダ
  • Search Template
  • UNIXコマンドがある各フォルダ(Finderでは不過視)
  • UNIXコマンド
などが登録されています。

この Index に、自分のよく使うフォルダなどを登録したり、デフォルトで登録されているものを編集したりして、LaunchBar を使い易くして行きます。




【 LaunchBar - Index - Webブラウザのブックマークを登録 】


例えば、Safariのブックマークはデフォルト設定で読み込まれるようになっています。
090131lb2.gif

Safariのブックマークを LaunchBar で表示しないときは、左ペインのチェックを外します。

個別のブックマークで表示させたくないものは、右ペインで「Index」タブを表示して、それぞれのブックマークのチェックを外します。



右ペインの「Options」タブで、オプション設定ができます。
090131lb3.gif

Access items via sub-search only」にチェックすると、普通に LaunchBar で検索するときに、個別のブックマークは表示されなくなります。

Safari Bookmarks」は表示されますが、個別のブックマークはここから下部階層へブラウズして、その階層のみでの省略名検索(sub-search)するようになります。
090131lb9.jpg

ブックマーク以外の他の Index でも「sub-search only」は、使えるので、使用頻度が低いものはこれのチェックを入れておくといいでしょう。


Allow searching for enclosing bookmarks folder name」にチェックすると、Safariのブックマークフォルダの名前を入力すると、そのフォルダ内のブックマークを表示します。
(↓「BOOKMARKSBAR」と入力すると、ブックマークバー内を表示
090131lb5.gif
(普通はそのフォルダのみが表示されて、下部階層に進まないと個別のブックマークは表示されない)


Allow searching for host name」にチェックすると、そのブックマーク名だけでなく、アドレスに含まれるホスト名での検索もできるようになります。
090131lb8.gif


中央に表示されているアイコンのところに、他のWebブラウザのブックマークファイルをドラッグ&ドロップして、そのブラウザのブックマークに変更することもできます。

その下の「Select Bookmarks File」のリストから選択してもOKです。

別にこの「Options」タブから、ブックマークの読み取るファイルを変更しなくとも、Indexウインドウ左下の「」メニューから新規追加した方がいいです。
090131lb10.gif




LaunchBar では、ブックマークなどの内容をスキャンして、それでLaunchBar上にそれを表示できるようにしています。
Schedule」タブでは、スキャンするスケジュール設定を行います。
090131lb4.gif

Update periodically」はスキャンして内容をアップデートする間隔の時間を設定できます。

Update automatically」は、変更を加えたときなどに自動的に内容をリスキャンしてアップデートします。

両方にチェックを入れて実行することもできます。

また手動でアップデートする場合は、「Index」タブで下の「Update」ボタンでもできるし、それぞれの Index rule を選択してコンテキストメニューから、もしくは command+R でもアップデートできます。

ツールバーの「Update」ボタンで全体のアップデートなども実行できます。
090131lb11.gif





【 LaunchBar - Index - アプリケーションを登録 】


アプリケーションはデフォルトで Index rule の「Applications」に登録されています。

これも「Index」タブに登録されているものの一覧が表示されるので、チェックを付けたり外したりして、LaunchBar で表示させるものを取捨選択して行きます。
090131lb12.gif

項目を control+クリック(右クリック)してコンテキストメニューで、そのファイルをFinderで表示したりできます。
090131lb15.gif



日本製のアプリケーションの中には、英語リソースを含まないものもときどきあり、LaunchBar の Index で日本語名で表示されるものもあります。
LaunchBar の Abbreviation Search(省略名検索)では、日本語入力できないので、そういものを選択したいときに困ります。

そういうときに、Indexでその項目を選択して returnキー を押すなどして
Alias name をアルファベットの名前にしておきます。

例えば「スペースノイド Q」というアプリケーションがあるとします。
090131lb16.gif

これで「SpaceNoid Q」という Alias name に変換します。
090131lb17.gif
(※オリジナルのファイル名は変更されない
Alias name を付けた項目は、紺色の文字で表示されるようになります。

ツールバーの i マークをクリックすると、ドロワーが開いて詳細を確認できます。
090131lb18.gif

これで日本語名しかないアプリでも、簡単に LaunchBar で省略名検索できるようになります。
090131lb19.gif

(※LaunchBarで呼び出したいからと言って、Finderでファイル名を変更しないようにしましょう。特にアプリケーションの名前を変更すると、いろいろ問題があります。この「Alias name」を変更するようにした方がいいです。)

Alias name を元に戻したいときは、Indexのコンテキストメニューで
Revert to Original Name」で元に戻せます。



Options」タブで、LaunchBarで読み込むアプリケーションを保存しているフォルダを指定できます。
090131lb13.gif

下側にフォルダのパスが表示されるので、この場所以外にアプリケーションを保存している場合は、「」ボタンでそのフォルダを指定します。

「そんなの面倒だ」という場合には、プルダウンリストで「Search Everywhere」を選択し、すべてのアプリケーションを読み込むようにします。
090131lb14.gif





【 LaunchBar - Index - UNIXコマンドを登録する 】


いくつかのUNIXコマンドは、デフォルトで LaunchBar の Index Rule の
UNIX Executables」に登録されています。
090131lb37.gif

ここに新たにUNIXコマンドを登録したいとき、下の「Add...」ボタンのOpenダイアログからは登録できません

UNIXのコマンドラインツールは不可視フォルダ内にあるので、このOpenダイアログでは指定できないのです。だから、Finderで不過視フォルダを表示させて、コマンドをIndexウインドウに直接ドラッグ&ドロップします。

例えば、日本語マニュアルを提供する「jman」を Index に登録する場合、
/usr/local/bin/jman
の場所にコマンドが保存されています(普通にインストールした場合)。

LaunchBar で「USRLOCAL」とかタイプして、このフォルダを表示します。
090131lb34.jpg

で下部階層に進み「jman」を選択して、command+return でFinderに表示します。
090131lb35.jpg
(パスを Instant Send で送ることでも、LaunchBar上で表示できます)


これを Indexウインドウにドラッグ&ドロップして登録します。
090131lb36.gif


あとは command+R でリスキャンすれば、簡単に LaunchBar の省略名検索で呼び出し、使うことができます。
090105lb41





このエントリでのまとめ

  • option+command+I(アイ) で Indexウインドウ を開く
  • LaunchBarで省略名検索で呼び出せるアイテムは Index に登録されているもので、Index Rules(左ペインのリスト)を元に構成されている

  • リストやIndexタブでの各項目の「✓」で取捨選択する

  • Optionsタブで 各種オプション設定
  • Optionsタブで「sub-search only」にチェックすると、LaunchBarで その Index Rule 各項目の下部階層に進んでからでのみ、検索できる

  • Scheduleタブでリスキャンする時間間隔などを設定
  • command+R で選択している項目をリスキャン

  • アプリケーションを一般的な場所以外に保存している場合は、Optionsタブで、そのフォルダのパスを追加する

  • 日本語名のファイルなどは LaunchBar のIndex上で名前を変更して、アルファベットを使った名前にすると呼び出し易い
    (Index上で名前変更すると「Alias name」としてLaunchBarに登録、オリジナルのファイル名がリネームされる訳ではない)

  • UNIXコマンドなど不過視になっているものは、Openダイアログからではなく、Finderからドラッグ&ドロップして Index に登録する

LaunchBar/ Index の設定(2)』へつづく






この記事では LaunchBar 5 beta 5 (632) を使用しています。
(※ '09/03/01まではベータ版がフリーで使用できます)

(ダウンロードリンク)
Site top page : Objective Development
Download page : LaunchBar 5 Beta


(関連記事)
LaunchBar/ Index の設定(2)
LaunchBar
(すべてのLaunchBar関連の記事のリンクは『LaunchBar』の記事にあります)

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : LaunchBar 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。