bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-681.html

ExifRenamer
icn_ExifRenamer.jpg
ExifRenamer : Exif情報から撮影日時情報を読み取って日付のファイル名にリネーム
OS10.4以上(UB)
ドネーションウェア


デジタルカメラで撮影した写真画像ファイルのExif情報から、撮影日時のデータを読み取って様々なタイプの“日付のファイル名”にリネームする「ExifRenamer」の紹介です。

100509er1.jpg


一般にデジタルカメラで撮影した写真画像ファイルには、そのカメラの機種名や撮影日時などの付加情報である「Exif」データというメタデータが含まれています。

ExifRenamer はこの Exifデータ から撮影日時を読み取って、それをファイル名としてリネームするアプリケーションです。

例 : 「IMG_3506.JPG」 → 「2010-04-24_22-34-42.jpg
とこんな感じでリネームできて、いつ撮ったのか分かりやすい名前になります。



使い方は写真画像のファイル、もしくはファイルの入ったフォルダごと、「ExifRenamer」のアイコンにドラッグ&ドロップしてウインドウを開いて操作していきます。
100509er2.gif

新しい名前の候補に、上のような撮影日時のものが表示されます。
この名前で良かったら「Rename」ボタンをクリックして、そのファイルをリネームします。複数のファイルを同時に処理するときには「Rename All」ボタンをクリックして、ファイル全体に適用させます。


Show File Preview」にチェックしていると、そのファイルをドロワーでプレビューできるので便利です。
100509er3.jpg


Enable Date/Time Correction」にチェックすると、下の部分が開きファイル名の日時の微調整ができます。
100509er4.gif
ボタンから今現在の日時、(Exif情報を元にした)撮影日時を適用することもできます。


リネームする新しい名前のスタイルは環境設定で指定しますが、メインのウインドウでも接頭語、接尾語を加えたりすることができます。「Pre/Suffix」のリストからその形式を選択できます。
100509er5.gif


例えば、「Prefix&Suffix - Text below」を選択すると、下の空欄に入力したものが接頭・接尾語としてファイル名に適用されます。
100509er6.gif




環境設定を開いて名前のスタイルなどを設定できます。
リストから名前のスタイルを選択できます。好みのスタイルがなければ「Edit Styles」ボタンから、自分でかなり細かいところまで設定できます。
100509er7.gif


%Y-%M-%D」などという風にフォーマットを入力して、名前のスタイルを設定してきます。
100509er8.gif
左の膨大な記入例を参考に入力します。下側にリネームのサンプルがあるので、そこでどういう風にリネームされるか確認できるようになっています。




例えば「Pict-2010-04-24#001.JPG」とか、連番を含むような名前のスタイルを設定してみます。

結論からすると、フォーマットを「%PPict-%Y-%M-%D%S%C%F」こんな風に設定しています。
100509er9.gif

%PPict-%Y-%M-%D%S%C%F」の「%P」と「%S」は、接頭語(Prefix)と接尾語(Suffix)を表していて、それぞれ設定されれば、その場所に語句が挿入されるようになります。
接頭・接尾語が何も設定されていなければ、関係ありません。


「%PPict-%Y-%M-%D%S%C%F」の「Pict」と「-(ハイフン)」はそのまま表記されるものです。


「%PPict-%Y-%M-%D%S%C%F」は、それぞれ年月日を表しています。ウインドウ左の記入例を参考に。


「%PPict-%Y-%M-%D%S%C%F」の「%C」はカウンターを表しています。
この場合は下の「Counter」タブで詳細を設定します。
100509er10.gif


「%PPict-%Y-%M-%D%S%C%F」最後の「%F」は拡張子を表しています。
(これを設定しないとリネーム後に拡張子なしになってしまって、Finderでそのファイルのタイプコードを認識できないこともあります。)

この場合も下の「File Type Suffix」で詳細を設定できます。
100509er11.gif



最後に「Done」ボタンをクリックして設定完了です。

ExifRenamer を使ってフォルダごと、設定したスタイルでリネームしてみます。
(元のファイル)
100509er12.gif

(ExifRenamer でリネーム後のファイル)
100509er13.gif
こんな風にできます。







この記事では ExifRenamer 2.1.3 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : qdev.de - Main Page
Project page : qdev.de - ExifRenamer
Download page : qdev.de - Downloads

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Rename  Exif  metadata 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。