bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-66.html

確実にゴミ箱を空にする
icn_Trashf

OS10.3 以降の Mac の Finder には「確実にゴミ箱を空にする」という項目があります。この「確実にゴミ箱を空にする」と従来の「ゴミ箱を空にする(shift+command+delete)」との違いについて説明したいと思います。
070406gbk1


「ゴミ箱を空にする」
これを実行しても、特別なソフトを使えば消去したDATAを復元出来る場合があります。なぜ復元出来るかというと、「ゴミ箱を空にする」はDATAそのものを消去している訳ではなく、そのDATAの目次にあたる部分の情報を末梢しているだけだからです。

070406gbk3

上のイメージ図でいうと、
「ゴミ箱を空にする」で FileA を「消去」した直後だとすると、
FileA の目次情報のみを抹消して、FileA 自体はまだ残っています。



「確実にゴミ箱を空にする」
これを実行すると「消去」するDATAに、ランダムなDATAを上書き保存して復元できなくしています。大きいファイルを「確実にゴミ箱を空にする」で消去すると時間が掛るのは、この為です。

個人情報など、他人に見られたくない情報が記載されたファイルを消去するときは、「確実にゴミ箱を空にする」で実行しましょう。





(関連記事)
Permanent Eraser --- ファイルを復元不可能に削除するユーティリティソフト

edit

Macの基本操作 | CM:2 | TB:0

tag : 削除  ゴミ箱 

+




管理人のみ閲覧できます ---------- | 2009/04/03, 01:03 | edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます

---------- wakaba | URL 2009/04/05, 00:41 | edit
>上のコメントされた方へ

過去に普通に「ゴミ箱を空にする」で実行したものは、管理下にないのでどうしようもないと思います。

使っているうちに、そのデータのあった場所に、別のデータが上書きされるのを待つしかないでしょう(確認する方法はないけど)。


どうしても心配ならファイル復元ソフトとかで一度、復活させてからランダムデータ上書きするとか、

バックアップをとって、そのディスクを再フォーマット(0-フォーマットなど)する。
(OSとかを再インストールなどしなきゃいけないので面倒だけど)

そういった方法が考えられます。
どんなデータだか知らないけど、そこまで気にしなくても大丈夫なのではないでしょうか?


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。