bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-63.html

Vienna
icn_Vienna
Vienna : RSSリーダー、OS10.3.9以上(UB)
フリーウェア、日本語対応、Growl対応


とても使い勝手のいいRSSリーダーの Vienna を紹介したいと思います。
070405vn1


簡単に使い方を説明します。
【左側カラム】
070405vn2左側のカラムに、フォルダごとに登録したRSS配信サイトが表示されます。サイト名の右端にある数字は「未読」の数です。

淡い表示のサイトは、購読を中止しているサイト。情報ウインドウ(command+I)で購読の中止、再開を決定出来ます。

記事を削除すると「ゴミ箱」に入ります。

左下の各アイコンでいろんな機能が使えます。


「+」ボタンで新規サイト登録。
070405vn4

新規サイト登録をする際に、FirefoxなどでRSSfeedを選択すると、そのサイトのRSS購読のリーダーにViennaを選択することも出来ます。
070405vn5


「●」ボタンで、すべての記事を「既読」にします。

「歯車アイコン」のボタンで、選択している購読の編集や、情報ウインドウを開くことが出来ます。購読を選択して control+クリック(右クリック)でも同様。
070405vn6


「矢印アイコン」(右端)ですべての購読の更新。


便利なスマートフォルダで記事の条件付き選択が出来ます。
ファイルメニュー>新規スマートフォルダ(shift+command+F)で登録出来ます。
070405vn3





【右側カラム】
070405vn7
右側上段のカラムに記事タイトル、下段に記事内容が表示されます。未読の記事はアイコン付きで太字表示されます。

スペースキーを押して行くと、下側の記事内容がスクロールして行き、文末になると、次の未読記事が表示されるようになっています。これがとても便利。

記事メニュー>フラグあり(shift+command+M)、もしくはタイトルのフラグのところをクリックするかでフラグが付けられます。

右下の検索フォームで記事検索も可能です。(インクリメンタルサーチ)

070405vn15左上のこの部分をクリックすると、スマートフォルダとは別に、その登録サイトでの記事をフィルターを使って選択出来ます。


ViennaはWebブラウザ機能も持っているので、
記事内容のところで、タイトルや「続きを読む」などリンクをクリックすると
070405vn8
リンク先のページが新規タブで開きます。




【その他の機能】
070405vn16Dock内のアイコンには未読数が写真のように表示されます。



表示メニュー>レイアウト で3つのレイアウトが選択出来ます。
上記の説明でのレイアウトは「レポート」。

これは「凝縮」のレイアウト。
070405vn9

2ペイン表示の「統一」のレイアウト。
070405vn10



また、表示メニュー>スタイル でいろんなスタイルが選択出来ます。
「Vienna Pride」
070405vn11

「Mono Mail」
070405vn12

「Bohemian Cinema」
070405vn13


Growlにも対応しており、更新で新着記事があったときはGrowl表示されます。
070405vn14



ダウンロードは Vienna の「Download Vienna」項目のところから。
(Localised) と書いてある方が日本語ローカライズされています。

また、Downloads のページで各種スタイルのダウンロードが可能ですので、お好みのスタイルをダウンロード出来ます。


edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : RSS  WebBrowser  Growl 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。