bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-585.html

Phun
icn_phun
Phun : 重力がはたらく絵を描ける
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


描いた絵に重力がはたらき、ピタゴラスイッチ的な絵が描ける「phun」の紹介です。

ちょっと前のバージョンのものだけど、phun の紹介動画です。


他にもたくさんの人が YouTube に「Phun」の動画をUPしています。
(すごいのがいっぱいある!)
YouTube - Broadcast Yourself


動画を見ているとずいぶん簡単に描いているように見えて、実際自分でやってみると案外難しいです。
080703ph2


まだまだ使いこなせていないけど、基本的な使い方を説明すると・・・

【 Sim control 】
080703ph1
左から順に

▶ Undo(control+Z)
▶ Redo(control+Y)
▶ 拡大縮小表示(マウスのスクロールホイールを回す)
▶ 再生 / 一時停止(スペースキー)
(再生中は重力が掛かり、動かすように設定したものは動く。描くときは一時停止にしておいた方がいいです。)




【 Toolbar 】

▶ Sketchツール(K)
080703ph11
様々な機能があります。(「K」を入力すると「Sketch」ツールになります)
・自由な形の物体を描きます(shiftキーを押しながらドラッグで直線)
・物体の中で小さな円を描くと「回転軸(ヒンジ)」になる
(ヒンジが既にあるなら物体になる)
・物体全体を囲うように描くと、それを選択します
・物体を移動するときは、一度選択してからドラッグする



▶ Brushツール(B)
080703ph12
Sketchツールとかぶる機能が多い。
・自由な形の物体を描きます。
    shiftキーを押しながらドラッグすると直線になり、角のときは離す。
・物体全体を囲うように描くと、それを選択します



▶ Boxツール(X)
080703ph13
・長方形の物体を描きます
・shiftキーを押しながらドラッグすると正方形



▶ Circleツール(C)
080703ph14
・正円を描きます
・楕円にしたい場合は、正円を描いた後に「Scale」ツール(下記参照)で編集



▶ Planeツール(P)
080703ph15
・地平線を描きます
・shiftキーを押しながらドラッグすると15°単位でスナップします



▶ Chainツール(N)
080703ph16
・円をヒンジでつなげたチェーンを作ります
・shiftキーを押しながらドラッグすると、直線的に作ります



▶ Springツール(S)
080703ph17
・2つの物体をバネでつなぎます



▶ Fixateツール(F)
080703ph18
・物体を重力や加わる力に関係なく固定します
・また、2つの物体をくっつけることができます
・クリックすると「×」マークが付きます



▶ Hingeツール(H)
080703ph19
・物体にクリックすると、その場所に回転軸(ヒンジ)を作ります
・「物体と物体」「物体と空」をヒンジでつなげます
・右クリックのオプションメニューで物体の中央にヒンジを付けたり、回転運動するモーターにすることができます
080703ph20
モーターの回転速度、トルクなどを設定できます。
つなげている物体の重量を軽くしたり(オプションの「geometries...」から)、モーターのトルクなどで微妙な調整をします。



▶ Penツール(E)
080703ph21
動く(予定の)物体にクリックして、「ヨゴレ」みたいなものを付けておきます。再生して物体が動くと、その軌跡が残ります。



▶ Dragツール(D)
080703ph22
再生中(重力が掛かっている状態)に物体をドラッグして動かすことができます。どういう動きをするか、試してみるときに使う。



▶ Scaleツール(R)
080703ph23
・物体を拡大縮小します
    楕円を作ったり、斜めの物体の角を合わせるときに便利
・頂点をshiftキーを押しながらドラッグすると、XY比率を保って拡大縮小
・controlキーを押しながらドラッグすると x1, x2, ... といった拡大縮小






【 その他の主な操作 】

▶ 表示範囲を移動
080703ph3空の部分(何も描いていないところ)を右クリックでドラッグする
移動中は赤い十字のポインタになる




▶ 物体を回転する
080703ph4物体を右クリックでドラッグすると回転します。
shiftキーを押しながらすると、15°単位でスナップします。




▶ 物体を選択する
080703ph10普通に物体をクリックすれば、選択できます。
controlキーを押しながらクリックすると、追加選択できる。
すでに複数選択している場合は、shiftキーを押しながら物体をクリックすると、その物体のみ選択解除できます。
Fixate, Hinge, Pen ツール以外を選択しているときに有効。
(黄色枠部分のツールでは有効)

また、Sketch・Brushツールで物体を囲むように描いても選択できる。



▶ 物体を移動する
080703ph7普通にドラッグ&ドロップで移動します。
複数選択していれば、一緒に移動。
Chain, Spring, Drag ツール以外を選択しているときに有効。
(黄色枠部分のツールでは有効)
Sketchツールの場合は、一度物体を選択してからでないと移動できません。




▶ 物体を複製する
080703ph8controlキーを押しながらドラッグ&ドロップで複製します。
複数選択していれば、一緒に複製。
Chain, Spring, Drag ツール以外を選択しているときに有効。
(黄色枠部分のツールでは有効)




▶ 物体を消去する
080703ph9物体を選択して deleteキー(⌦) で消去できます。
(選択しているツールはどれでもOK)

また Box, Circle, Plane, Chain, Spring ツール以外を選択しているときに、その物体を線で横切るようにドラッグすると消去できます。
(黄色枠部分のツールでは有効)




▶ オプションメニュー
080703ph24
物体を右クリックすると「Options」メニューが表示されます。
ここで物体の色を変更したり、反転させたりします。

Geometries... > Liquify selected で物体を液体にできます。
Geometries... > Density(weight)で物体の重量を変更できます。

他にも選ぶ物体により、オプションが変わります。
ヒンジであればモーターにできたり、バネならば強さを調整したりいろいろ細かい設定ができます。






この記事では phun beta 4.11 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Phun Wiki: Phun
Download page : Phun Wiki: Download

この記事を書き終えてから気付いたけど、日本語解説サイトもありました。
(こんな詳しいのがあるんだったら、別に使い方の説明はいらなかった・・・)
Phun.jp | Phun日本語解説サイト | ホーム

edit

Graphic | CM:2 | TB:0

tag : Game  教育と学習  Drawing  Animation  funny 

+




管理人のみ閲覧できます ---------- | 2008/08/10, 17:07 | edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます

---------- wakaba | URL 2008/08/11, 23:45 | edit
> 上のコメント下さった方へ

こんばんは & はじめまして & どういたしまして。
これからも頑張ります。
よかったら、またコメントして下さい。


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。