bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 10

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-555.html

Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(3)
icn_Quicksilver
Quicksilver : ランチャ+システムの一部のような総合ユーティリティ


前の記事『Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(2)』に続き、AppleScript を使って独自の Quicksilver の Actionを作ります。



【 ダイアログで指定したフォルダにファイルを複製する Action 】


1stPaneのObjectのファイル(フォルダ)を、ダイアログで指定したフォルダに複製を作るActionです。

Quicksilver には元々「Copy To...」Actionが有り、1stPaneのファイル・フォルダを、3rdPaneのフォルダに複製を作ることができます。
071023qs53


このスクリプトでは、保存先のフォルダを3rdPaneで指定するのではなく、
ダイアログで選択するようになります。

▽ ScriptEditor で開く
(* Duplicate To [...] *)
on open of theFile
    set every_item to every item of theFile
        
    tell application "Finder"
        activate
        try
            set target_folder to (choose folder)
                        
            try
                duplicate every_item to target_folder -- 複製
                                
                -- 保存先フォルダをFinderウインドウで表示
                if window of target_folder exists then
                    set index of window of target_folder to 1
                else
                    make new Finder window to target_folder
                end if
                                
            on error error_message number error_number
                                
                -- 同名ファイルが存在した場合の処理
                if error_number = -15267 then
                    set message to error_message & (return as text) & (return as text) & "置き換えますか?"
                    display dialog message with icon caution buttons {"Cancel", "Replace"} default button 1
                                        
                    if button returned of result is "Replace" then
                                                
                        duplicate every_item to target_folder with replacing -- 複製
                                                
                        -- 保存先フォルダをFinderウインドウで表示
                        if window of target_folder exists then
                            set index of window of target_folder to 1
                        else
                            make new Finder window to target_folder
                        end if
                                                
                    end if
                                        
                else
                    display dialog error_message with icon caution buttons {"OK"} default button 1 giving up after 120
                end if
            end try
        end try
    end tell
end open

このスクリプトを「Duplicate To [...].scpt」とか適当な名前で
~/Library/Application Support/Quicksilver/Actions
に保存して、Quicksilver を再起動します。

そして、複製したいファイルを1stPaneのObjectに指定し、
2ndPaneで先程保存した「Duplicate To [...]」を選択して実行します。
080401qs16

すると、フォルダ選択のダイアログが表示されます。
ここで複製の保存先を選択します。
080401qs17

これで、ファイルが複製されます。
このときに、保存先のフォルダをFinderウインドウで表示します。




このActionは、Quicksilver のインターフェイス上で操作しようとすると、かえって面倒で、「Copy To...」Actionの方が確実に使い勝手がいいです。

080401qs18
しかしTriggerに左のように登録しておくと、使い勝手がよくなります。

・Object「Finder Selection
・Action「Duplicate To [...]」

※「Finder Selection」は、Finderの最前面ウインドウで選択しているものを代用するProxy Objectです。

これをホットキーで登録すると、

Finderでファイル選択ホットキーダイアログで保存先を指定複製

といった感じで操作できます。
Abracadabra Triggers でマウスジェスチャに登録して使えば、すべてマウス操作でできます。

Quicksilver のインターフェイスより、使い慣れたダイアログで操作する方がやり易いと感じるならば、このActionはけっこう使えます。





Save Command to File...」Actionを使ってコマンドをファイルとして保存して、アプリケーションのようなものを作っておくと便利です。

まず、Quicksilver で下のように1stPaneで「Finder Selection」、2ndPaneで「Duplicate To [...]」とします。
080401qs19

この状態で control+return を押してCommand Objectにし、2ndPaneで「Save Command to File...」、3rdPaneで保存先フォルダを指定して実行します。
080401qs20

そうすると、指定したフォルダに
「Finder Selection (Duplicate To [...]).qscommand」
というファイルが作られます。
080401qs21


これをFinderウインドウのツールバーなどに登録します。
ファイルを選択し、ツールバーをクリックして実行すると、保存先フォルダの選択ダイアログが開き、ファイルを複製することができます。
080401qs22

もし、なにも選択していない状態だと、最前面のFinderウインドウのフォルダが複製されます。





Droplet Itemを使えば、ファイルをドラッグ&ドロップで起動するドロップレットアプリケーションを作ることができます。

作り方は上記の場合と同じく「Save Command to File...」Actionを使います。
080401qs23
「Finder Selection」が「Droplet Item」に変わるだけです。

これで作成された「Droplet Item (Duplicate To [...]).app」をFinderウインドウのツールバーやDockに登録して、ファイルをドラッグ&ドロップで複製の保存先フォルダを選択するダイアログが表示されます。
080401qs24


まあ、ドロップレットアプリケーションにするなら、Quicksilver を使わずに、AppleScriptの最初の「on open of theFile」の「of」をとって

on open theFile

として、アプリケーションバンドル形式などで保存すれば、ドロップレットアプリケーションになります。





【 ダイアログで指定したフォルダにファイルを移動する Action 】


1stPaneのObjectのファイル(フォルダ)を、ダイアログで指定したフォルダに
移動するものです。

使い方などは上記の「Duplicate To [...]」と同じなので、省きます。

▽ ScriptEditor で開く
(* Move To [...] *)
on open of theFile
    set every_item to every item of theFile
        
    tell application "Finder"
        activate
        try
            set target_folder to (choose folder)
                        
            try
                move every_item to target_folder -- 移動
                                
                -- 移動先フォルダをFinderウインドウで表示
                if window of target_folder exists then
                    set index of window of target_folder to 1
                else
                    make new Finder window to target_folder
                end if
                                
            on error error_message number error_number
                                
                -- 同名ファイルが存在した場合の処理
                if error_number = -15267 then
                    set message to error_message & (return as text) & (return as text) & "置き換えますか?"
                    display dialog message with icon caution buttons {"Cancel", "Replace"} default button 1
                                        
                    if button returned of result is "Replace" then
                                                
                        move every_item to target_folder with replacing -- 移動
                                                
                        -- 移動先フォルダをFinderウインドウで表示
                        if window of target_folder exists then
                            set index of window of target_folder to 1
                        else
                            make new Finder window to target_folder
                        end if
                                                
                    end if
                                        
                else
                    display dialog error_message with icon caution buttons {"OK"} default button 1 giving up after 120
                end if
            end try
        end try
    end tell
end open


違うボリュームにファイルを移動するときは、自動的に複製になってしまいます。





【 ダイアログで指定したフォルダにファイルのエイリアスを作る Action 】


1stPaneのObjectのファイル(フォルダ)のエイリアスを、ダイアログで指定したフォルダに保存するものです。

使い方などは上記の「Duplicate To [...]」と同じなので、省きます。

▽ ScriptEditor で開く
(* Make Alias At [...] *)
on open of theFile
    set every_item to every item of theFile
        
    tell application "Finder"
        activate
        try
            set target_folder to (choose folder)
                        
            try
                make new alias file at target_folder to every_item -- エイリアス
                                
                -- エイリアス保存先フォルダをFinderウインドウで表示
                if window of target_folder exists then
                    set index of window of target_folder to 1
                else
                    make new Finder window to target_folder
                end if
                                
            on error error_message number error_number
                display dialog error_message with icon caution buttons {"OK"} default button 1 giving up after 120
            end try
        end try
    end tell
end open







この記事では Quicksilver B54(3815) を使用しています。

最近は Quicksilver B55 を使っていましたが、このB55では「Droplet Item」を使ってドロップレットアプリケーションを作るとうまく機能しないため。
それに頻繁にクラッシュするので、B54(3815)に戻しました。


(関連記事)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(1)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(2)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(3)

Quicksilver --- 基本的な概略説明
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ

すべてのQuicksilver記事のリンクは『Quicksilver』の(関連記事)にあります。

edit

Quicksilver | CM:0 | TB:0

tag : Quicksilver  AppleScript 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。