bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-53.html

Growlでフォルダ監視
以前に紹介したGrowlを使って、フォルダを監視する方法です。
これは、Growlをダウンロードしたときに一緒にバンドルされているAppleScriptをフォルダアクションに登録して、フォルダに新規ファイルが加えられたときにGrowl通知させるものです。

まず、Growlをダウンロードしたときのフォルダの中の Scripts/Finder Folder Actions フォルダにある「add - new item growl alert with filenames.scpt」を見つけます。
070328gf1
このスクリプトファイルを
/Users/あなたの登録名/Library/Scripts/Folder Action Scripts に移動します。

もし、~/Libraryフォルダに「Scripts」、「Folder Action Scripts」フォルダがないのであれば、この名前で新規フォルダを作成して下さい。
070328gf4



次にフォルダアクションの登録を行います。
例として「パブリック」フォルダにフォルダアクションを添付します。

コンテキストメニュー(control+クリック or 右クリック)を開いて「フォルダアクションを設定」を選択します。
070328gf2

そうすると、「フォルダアクション設定」アプリケーションが起動します。
「フォルダアクションを使用可能にする」にチェックします。
070328gf3
「+」ボタンでフォルダを選択して「パブリック」フォルダを登録します。
(フォルダを選択して「-」ボタンで登録解除出来ます。)

次にスクリプトを選択します。同じように「+」ボタンで
「add - new item growl alert with filenames.scpt」を選択します。
070328gf5




これで準備完了です。これで「パブリック」フォルダに「テスト-Growlでフォルダ監視」という名前のファイル(orフォルダ)を新たに加えると・・
070328gf6
このように、Growl表示されます。

Growlの設定はクリックするまで消えないように、スティッキーに「レ」チェックするのがいいでしょう。
070328gf7

使い方として「アプリケーション」「パブリック」フォルダなど、監視したいフォルダに、フォルダアクションを添付すれば、便利でいいです。頻繁にファイルの出し入れがあるフォルダに添付すると、動作が遅くなりますのでご注意を。


ちなみに、デフォルトのスクリプトの「add - new item alert.scpt」でも同様のことが出来ます。
070328gf8
やはり、見た目はGrowlの方がいいです。


(関連記事)Growl

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Growl  AppleScript 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。