bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-51.html

unpkg
icn_unpkg
unpkg : インストーラパッケージの解凍、OS10.3(?)以上(UB)
フリーウェア


unpkgは”一家に一台”的な、あればいざという時に役立つソフトです。
このunpkgはインストーラパッケージを、正式にインストールすることなく、新規フォルダに解凍します。

例えば、前の記事の「Taboo」はインストーラパッケージで配布されているのですが、先に「SIMBL」をインストールしていると、インストーラがエラーメッセージを表示してきます。
070327up1

こんな困ったときにunpkgは役立ちます。
unpkgを起動して、Tabooの「Packages」フォルダの中の「Taboo.pkg」を選択します。
(解凍したいパッケージをunpkgのアイコンにドロップしてもOKです。)
070327up2

ここで「Open」ボタンをクリックすると・・・
070327up3
そのパッケージと同じ階層フォルダに「Taboo」フォルダを生成します。

このフォルダの中の「Taboo.bundle」ファイルを
/Users/あなたの登録名/Library/Application Support/SIMBL/Plugins
に移動してやればTabooのインストールは完了です。


またunpkgは、そのパッケージの中身が本来インストールされるべきパス(階層のこと)のフォルダを生成します。
例として、SIMBLの「SIMBL.1.pkg」パッケージをunpkgで解凍します。
070327up4

そうすると、「SIMBL.1」というフォルダを作り、その中に「Application Support」、「InputManagers」といった、本来そこに入るべきパスのフォルダを新規作成します。

この機能は全てのインストーラパッケージで出来る訳ではないのですが、ちょっと不安だなと思うソフトなどをインストールする前に、unpkgで調べてみるといった具合に使えます。


ダウンロードは timdoug.comunpkg のページの「Downloads」項目のところから出来ます。


edit

Utility | CM:1 | TB:0

tag : Archiver 

+




---------- wakaba | URL 2007/03/30, 22:49 | edit
当ブログをチェックして頂いてありがとうございます。
僕もまだまだ手探り状態でブログ作りしてます。おかげで、最近寝不足続きですが、こういった声に励まされます。
これからも頑張って内容を充実させて行きますので、また読んで下さい。


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。