bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-477.html

Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)
icn_Quicksilver
Quicksilver : ランチャ+システムの一部のような総合ユーティリティ
OS10.4以上(UB)、OS10.3.9 各対応
ドネーションウェア


Quicksilver はAppleScriptをスクリプトメニューからでなくとも実行でき、
Triggerを使えば、それをホットキー・ホットコーナー・マウスジェスチャなどから実行することができます。

Mouse Trigger」「Abracadabra Triggers」の記事でも、簡単なAppleScriptを使いましたが、それ以外にも Quicksilver で使ったら便利そうなものを採り上げてみたいと思います。
AppleScript初心者なので、おかしな点があるかもしれません。

icn_ScriptEditor
下記のスクリプトは、スクリプトエディタを開いてコピペして、適当なファイル名で保存して下さい。
/Users/登録アカウント名/Library/Scripts/
の場所あたりに保存しておくといいと思います。

一部「\」を「\(バックスラッシュ)」の半角に直す必要があります。




【 現在日時・時刻を表示する AppleScript 】


quicksilver:creations:scripts [docs]』に現在日時と時刻を表示させるAppleScriptが紹介されていたので、ちょっと弄ってみました。

(現在日時・時刻を表示する)
--Date
set the_date to the current date

set the_year to (year of the_date) as text
set the_month to (month of the_date) as integer as text
set the_day to (day of the_date) as text
set the_weekday to text from character 1 to character 3 of ((weekday of the_date) as text)
if length of the_month is 1 then set the_month to "0" & the_month
if length of the_day is 1 then set the_day to "0" & the_day

set the date_string to the_year & "/" & the_month & "/" & the_day & " (" & the_weekday & ")"

--Time
set the_time to time of the (current date)

set the_hours to (the_time div hours) as text
set the_minutes to ((the_time mod hours) div minutes) as text
set the_seconds to (the_time mod minutes) as text
if length of the_minutes is 1 then set the_minutes to "0" & the_minutes
if length of the_seconds is 1 then set the_seconds to "0" & the_seconds

set time_string to the_hours & ":" & the_minutes & ":" & the_seconds

--Show LargeType
set now_string to date_string & " - " & time_string
tell application "Quicksilver" to show large type now_string as text
(*
--おまけ
say ((weekday of the_date) as string)
say the_day
say (month of the_date) as string
delay 0.3
say the_hours & the_minutes
*)

これを実行すると、Quicksilver の「Large Type」で現在日時・時刻を表示します。
071023qs340





【 Spacesを移動する AppleScript 】


AppleScriptもさっぱりわからないなりに、下のようなスクリプトを作ってみました。

(次のSpaceへ移動)
(* Go Next Space *)

tell application "System Events"

-- Spaces の総数を調べる
tell expose preferences
tell spaces preferences
set sp_row to spaces rows
set sp_clm to spaces columns
set sp_all to sp_row * sp_clm
end tell
end tell


-- 現在の Space Number を調べる
tell process "SystemUIServer"
tell menu bar 1
set mb to count (every menu bar item)
repeat with i from 1 to mb
tell menu bar item i
if size = {34, 22} then
try
set sp_no_x to value as number
if sp_no_x < 17 then set sp_no to sp_no_x
end try
end if
end tell
set i to i + 1
end repeat
end tell
end tell


-- 次の Space へ移動
if sp_no < sp_all then
set sp_no to sp_no + 1
else
set sp_no to 1
end if

run script ("tell application \"System Events\" to keystroke \"" & sp_no & "\"using control down")
(* 上記の「\」を半角の「\」に直して下さい *)
end tell

-- LargeType で Space Number を表示
delay 0.2
tell application "Quicksilver" to show large type "Space " & sp_no as text

--おまけ
--say "Space " & sp_no



(前のSpaceへ移動)
(* Go Previous Space *)

tell application "System Events"

-- Spaces の総数を調べる
tell expose preferences
tell spaces preferences
set sp_row to spaces rows
set sp_clm to spaces columns
set sp_all to sp_row * sp_clm
end tell
end tell


-- 現在の Space Number を調べる
tell process "SystemUIServer"
tell menu bar 1
set mb to count (every menu bar item)
repeat with i from 1 to mb
tell menu bar item i
if size = {34, 22} then
try
set sp_no_x to value as number
if sp_no_x < 17 then set sp_no to sp_no_x
end try
end if
end tell
set i to i + 1
end repeat
end tell
end tell


-- 前の Space へ移動
if sp_no > 1 then
set sp_no to sp_no - 1
else
set sp_no to sp_all
end if

run script ("tell application \"System Events\" to keystroke \"" & sp_no & "\"using control down")
(* 上記の「\」を半角の「\」に直して下さい *)
end tell

-- LargeType で Space Number を表示
delay 0.3
tell application "Quicksilver" to show large type "Space " & sp_no as text

--おまけ
--say "Space " & sp_no


これはSpaces機能で、次(前)のSpaceに移動し、Space番号をLarge Typeで表示するものです。
これを「Abracadabra Triggers」を使ってマウスジェスチャに登録して使っています。

これを実行すると、下のように移動してSpace番号を表示します。
071023qs341

ちょっとウザイような気もするけど、「これでもか」と言わんばかりに表示されるので、どこのSpaceなのか分かり易く、思った以上に僕的にはいいです。

本当は「Mouse Trigger」で登録して、マウスポインタを画面の端に持って行ったら次(前)のSpaceへ移動させようと考えて作ったものでしたが、Mouse Trigger と Spaces の相性が悪く、使い物になりませんでした。



このスクリプトはメニューバーに表示される現在のSpace番号を読み取り、移動するときには「control+数字キー」のショートカットを利用してspaceを移動するものです。
ですから、下のような設定条件がいろいろとあります。

まず、スクリプトエディタにコピペして「\」を「\(バックスラッシュ)」の半角に直して保存して下さい
半角の「\(バックスラッシュ)」は英数入力モードで option+\ で入力できます。

それと、システム環境設定ExposéとSpacesパネル>Spacesタブ を開いて、下のように設定します。
071023qs342

・「メニューバーに操作スペースを表示」にチェックする
・行、列を設定してスペースの総数を9個以下に設定する
・Quicksilver を「すべての操作スペース」に設定する
・操作スペースの切り替えを control+数字キー に設定する

最後の「control+数字キー」はスクリプトの方の赤字の「control」を変更すれば、他の修飾キーでもOKです。

また、システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」パネルで
補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れないと機能しません。
071105is4


MenuExtraをたくさん表示させている場合は、ちゃんと動作しないかも。
また、ちゃんと動作しないことも時々あります。

AppleScriptに詳しい人ならもっとうまく処理できるんだろうけど、僕にはこれで精一杯です。





ついでに、メニューバーに表示されるSpace番号は小さくて読みづらいので、こんなものもTriggerのショートカットに登録して使っています。

(Space番号を表示)
(* Show SpaceNumber *)

tell application "System Events"
-- 現在の Space Number を調べる
tell process "SystemUIServer"
tell menu bar 1
set mb to count (every menu bar item)
repeat with i from 1 to mb
tell menu bar item i
if size = {34, 22} then
try
set sp_no_x to value as number
if sp_no_x < 17 then set sp_no to sp_no_x
end try
end if
end tell
set i to i + 1
end repeat
end tell
end tell
end tell

-- LargeType で Space Number を表示
tell application "Quicksilver" to show large type "Space " & sp_no as text
--おまけ
say "Space " & sp_no

これはただ、Space番号をでっかく表示するだけのものです。おまけで喋ります。メニューバーに表示されている番号から読み取っているので、本末転倒なスクリプト。



それと需要があるか分からないけど、上下に移動するものも作ってみました。「行」が1行しかない場合は移動せず、Space番号を表示するのみになります。

(上のSpaceへ移動)
(* Go Upper Space *)

tell application "System Events"

-- Spaces の総数を調べる
tell expose preferences
tell spaces preferences
set sp_row to spaces rows -- 縦
set sp_clm to spaces columns -- 横
set sp_all to sp_row * sp_clm -- 総数
end tell
end tell


-- 現在の Space Number を調べる
tell process "SystemUIServer"
tell menu bar 1
set mb to count (every menu bar item)
repeat with i from 1 to mb
tell menu bar item i
if size = {34, 22} then
try
set sp_no_x to value as number
if sp_no_x < 17 then set sp_no to sp_no_x
end try
end if
end tell
set i to i + 1
end repeat
end tell
end tell


-- 上の Space へ移動
if sp_no > sp_clm then
set sp_no to sp_no - sp_clm
else
set sp_no to sp_no + (sp_clm * (sp_row - 1))
end if

run script ("tell application \"System Events\" to keystroke \"" & sp_no & "\"using control down")
(* 上記の「\」を半角の「\」に直して下さい *)
end tell

-- LargeType で Space Number を表示
delay 0.3
tell application "Quicksilver" to show large type "Space " & sp_no as text

--おまけ
--say "Space " & sp_no



(下のSpaceへ移動)
(* Go Lower Space *)

tell application "System Events"

-- Spaces の総数を調べる
tell expose preferences
tell spaces preferences
set sp_row to spaces rows -- 縦
set sp_clm to spaces columns -- 横
set sp_all to sp_row * sp_clm -- 総数
end tell
end tell


-- 現在の Space Number を調べる
tell process "SystemUIServer"
tell menu bar 1
set mb to count (every menu bar item)
repeat with i from 1 to mb
tell menu bar item i
if size = {34, 22} then
try
set sp_no_x to value as number
if sp_no_x < 17 then set sp_no to sp_no_x
end try
end if
end tell
set i to i + 1
end repeat
end tell
end tell


-- 下の Space へ移動
if sp_no <= (sp_all - sp_clm) then
set sp_no to sp_no + sp_clm
else
set sp_no to sp_no - (sp_clm * (sp_row - 1))
end if

run script ("tell application \"System Events\" to keystroke \"" & sp_no & "\"using control down")
(* 上記の「\」を半角の「\」に直して下さい *)
end tell

-- LargeType で Space Number を表示
delay 0.3
tell application "Quicksilver" to show large type "Space " & sp_no as text

--おまけ
--say "Space " & sp_no






Quicksilver用のスクリプトは下記のサイトでも公開されているので、いろいろ取り入れてみたら、Quicksilver の使い方が広がります。

How I use Quicksilver II: Scripts | jwdunn
quicksilver:creations:scripts [docs]
ウィンドウのサイズを変えたり位置を動かしたりするAppleScript を QuickSilverに登録すると快適 - hibomaのはてなダイアリー



別に Quicksilver でなくとも、ButlerAmScriptsCMXSpark などを使えば、いろいろな方法でAppleScriptを実行することができます。
上記のスクリプトは、LargeTypeで表示させる部分を削除して別の方法(「say」「Display Dialog」「Growl」など)で表示させれば、Quicksilver以外でも使えます。

次の記事では、上記スクリプトをGrowlで表示させるようにしてみます。




Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(2)』につづく


この記事では Quicksilver(3815) を使用しています。


(ダウンロードリンク)
Site top page : Blacktree
Download page : Blacktree


(関連記事)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(2)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(3)

Quicksilver --- 基本的な概略説明
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ

すべてのQuicksilver記事のリンクは『Quicksilver』の(関連記事)にあります。

edit

Quicksilver | CM:0 | TB:1

tag : Quicksilver  AppleScript  Spaces 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL



by edvakf in hatena : [Mac]ふとSpacesを10以上作りたくなった

Mac OS X Leopardの”Spaces”では、Space切り替えショートカットを「Ctll+数字」、「Command+数字」、「Option+数字」のどれかに設定することができる。自分は「Ctrl+数字」に割り当ててCapsLockをCtrlにしているので、極力動きの少ないキーストロークでSpace切り替えができ

---------- by edvakf in hatena | 2008/06/01, 01:10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。