bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-337.html

Mail/リモートイメージを表示させない
icn_Mail
Mail : Apple純正メールクライアント


僕が iMac と Leopard の新しい環境に移って、いろいろ設定しているうちに気づいたと言うより、まだやってるの?と思ったことを採り上げたいと思います。

純正のメールクライアント「Mail.app」について、デフォルト設定ではHTMLを利用したリモートイメージを自動で読み込む設定になっています。

例えば、Appleから送られてくるメールではリモートイメージをよく利用しており、こんな風に表示されます。
071106mri1


このリモートイメージを自動で読み込まずに表示させないようにするには、
Mailメニュー>環境設定(command+,(コンマ))
で「表示」タブを開きます。
071106mri2

「HTML メッセージにリモートイメージを表示」のチェックを外します。


こうすれば、リモートイメージは自動で読み込まなくなります。
071106mri3

出所が確かで安全なメールと確認してから、「イメージを読み込む」をクリックすると、リモートイメージを読み込んで表示します。


Panther を使ってた頃も、デフォルト設定ではリモートイメージを自動読み込みする設定だったので、しない設定に直したと思います(ずいぶん前だからよく覚えていない、間違ってたらすみません)。


なぜリモートイメージを自動読み込みするのがダメなのかというと、「ヘルプ」にはこうあります。

リモートイメージをオフにする

メッセージの中には、HTML を使ってリモートイメージを含め、受信者が送信者のサーバからリモートイメージを受信すると、受信者のコンピュータのアドレスが分かるようになっているものもあります。受信したメッセージのリモートイメージを読み込まないようにすることで、プライバシーを保護できます。



無作為に送られてくるスパムメールに対して、そのメールを開いたときにそのメールアドレスが生きてるのか、死んでるのか、スパム送信者に解ってしまうことがあります。
そうなると、さらなるスパムを呼び込む可能性があります。


この辺りの対策を施してる人か、オフラインで開く場合は関係ないけど、わざわざヘルプにこう書いてあるのに、デフォルト設定でこの設定にしている Apple の姿勢には疑問が残ります。


まあ、自社でユーザ宛のメールにHTMLメールを使ってるのと、Apple のホームページでテンプレート機能を売りの1つにしているからだろうけど・・・。


これに限らず、出所の解らない怪しいメールは開かない方がいいでしょう。

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : Mail  Security 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。