bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-205.html

GrowlDict
icn_GrowlDict
GrowlDict : サービスメニュー操作で英英辞書をGrowl表示する
OS10.3以上
Growlバンドルソフト


MacOSには標準で辞書機能が備え付けられているらしいです。
ただし、英語の英英辞書なんですが・・・。

OS10.4の場合では調べたい単語のところにマウスポインタを持って行き、control+command+D を長押しすれば、その単語の意味を表示してくれるらしいです。


残念ながら、OS10.3ではこの機能は使えません。
しかし、Growl にバンドルされているソフト「GrowlDict」を使えば、Panther でも同様の機能を享受出来ます。




【 GrowlDict のインストール 】


Growl をダウンロードして解凍したフォルダの中に「Extras」フォルダがあります。
この中に「GrowlDict」があるので、これを

/Users/あなたの登録アカウント名/Library/Services

に移動します。「Services」フォルダがない場合は、新規に作ります。

移動出来たら、再ログインします。再ログイン後にサービスメニューに「Lookup Word」という項目が追加されています。




【 GrowlDict の使い方 】


GrowlDict はサービスメニューから使用します。
まず、調べたい単語を選択して、サービスメニューの「Lookup Word」という項目を選択します。
070703gd1

shift+command+F のショートカットキーでもOKです。


そうすると、その単語の意味を英英辞書でGrowl表示します。
070703gd2

英語は読めないので、さらに調べなければならないという問題が僕の場合にはありますが、英語の得意な方には便利でしょう。



Growlの表示はマウスクリックするまで消えない「スティッキー」に設定しておくといいでしょう。
070703gd3
アップルメニュー>システム環境設定>Growl
の「アプリケーション」タブで「GrowlDict」を選択して、赤い枠部分のところのチェックを「レ」にしておきます。




「GrowlDict」はGrowlをダウンロードしたときの「Extras」フォルダに入っています。


(関連記事) Growl

edit

Schedule/Text | CM:0 | TB:0

tag : Growl  辞書  ServicesMenu 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。