bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-116.html

AppleScript って?
icn_scptfile
初心者の僕にとって、なかなか手が出ない AppleScript についての話です。

そもそも AppleScript って? という話から・・・
【 アップル - Mac OS X - AppleScript 】より
AppleScriptは英語に似た言語で、コンピュータとそこで実行するアプリケーションのアクションを自動化するスクリプトファイルの作成に使用されます。


【主な特長】
  • ・英語のような覚えやすい文法。

  • ・スクリプトを保存して他のコンピュータで実行可能。

  • ・Finder、アドレスブック、プリントセンターなど多くのMac OS Xアプリケーションの管理と自動化。

  • ・Webサービス、UNIXシェルおよびネットワーク経由でのアプリケーションコントロールによる、高度な自動化ワークフロー。

  • ・Microsoft、Adobe、Quark、 Oracle、Media 100などを始めとする主要なメーカ各社による何百ものMac OSアプリケーションがAppleScriptをサポート。



【AppleScriptでできること】
通常、次のような場面でAppleScriptを使用することにより、個人も企業も時間と費用を節約できます

  • ・バッチ処理

  • ・ファイル変換およびファイル操作

  • ・所定時刻のタスク実行

  • ・データベースと他のアプリケーションの間の情報転送

  • ・複数のアプリケーションのアクションを連結して一連の関連タスクを実行させる、ことにより、自動化ワークフローを作成。


僕にとっては、このページの説明を見てもあまり解ってないです。
使って慣れろ!が自分の基本原則なので、使い方から。

OS10.3の場合、
/Applications/AppleScript/Install Script Menu
を起動します。
070610asc1

すると、メニューバーの右側にスクリプトアイコンが表示されます。
(Remove Script Menu を起動させると表示されなくなります。)
070610asc2
ここのメニューから各スクリプトを選択して、実行させることが出来ます。

OS10.4の場合は「AppleScript Utility」を使います。
詳しくは うむらうすさん の「NBA TVのvideoを手軽に楽しむ」の記事で説明されていますので、そちらを見て下さい。


iTunes や Mail.app などでは最初からスクリプトメニューが用意されています。
下の写真は iTunes のスクリプトメニュー。
070610asc3

これは、Mail.app のスクリプトメニュー。
070610asc4

試しにデフォルトで入ってる「Crazy Message Text」というスクリプトを使ってみると、まず、下の入力ダイアログが表示され、ここにメッセージを入力します。
070610asc5

これで「Continue」をクリックすると・・・
070610asc6
このような楽しいメッセージが作られます。



AppleScript は自分で作ったり、ホームページ上でも数多く公開されているので、自分で付け加えることも出来ます。

AppleScript を付け加えるときは

/Users/あなたの登録アカウント名/Library/Scripts (個人で使う場合)
/Library/Scripts (すべてのユーザで使う場合)

のどちらかのフォルダにスクリプトファイルを移動します。

どちらのフォルダにいれていいのか判らないときは、「Libraryフォルダ」の記事を参照して下さい。


iTunes などの場合は

/Users/あなたの登録アカウント名/Library/iTunes/Scripts (個人で使う場合)
/Library/iTunes/Scripts (すべてのユーザで使う場合)

のどちらかのフォルダにスクリプトファイルを移動します。


この「Scripts」フォルダがない場合は自分でそのフォルダを作ります。

感じ通信さん の「スクリプトメニュー登録に関して
の記事で知ったのですが、
スクリプトメニューの「スクリプトフォルダを開く」を選択すると、そのアプリケーションのスクリプトフォルダがない状態でも自動的にフォルダが作成されます。
(PanterとTigerでは少し違いますが・・・)

例えば、Mail.app でこれをやってみると・・・
070610asc7

これを選択すると、
/Users/あなたの登録アカウント名/Library/Scripts/Mail Scripts
のフォルダが新たに作成されます。
070610asc8


ちなみに
スクリプトメニュー>スクリプトメニューをアップデート
を選択すると、そのアプリケーションの起動中に追加するなどしてメニューに反映されていないスクリプトを、メニューに読み込みます。





(参考ページ)
アップル - Mac OS X - AppleScript
MacWiki - AppleScript



(関連記事)
AppleScript をいじってみる --- 既存の AppleScript を少し変更して使う試み
Growlでフォルダ監視 --- Growlバンドルのフォルダアクションスクリプト

edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : AppleScript 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。