bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1095.html

スマート収納
icn_app
スマート収納 : 設定したルールに則ってファイルを自動的に整理する
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


設定したルールに則ってファイルを自動的に整理する「スマート収納」の紹介です。
110408sms1.jpg

この「スマート収納」を使うと、Mail.app の「ルール」のように、あるフォルダ内にあるファイルを一定時間毎に監視して、ファイルの種類によって、別のフォルダに移動したり、ゴミ箱に移動したりと、自動でファイル整理できるアプリケーションです。



「ルール」の設定はスマート収納を起動して「追加」ボタンで新規のルールを作成します。

試しに、デスクトップフォルダのロケーションファイルを定期的に特定のフォルダに移動するように「ルール」を作ってみました。
110408sms2.jpg


まずこの①ルールの名前を入力して、②監視対象のフォルダを指定します。
選択ボタンのダイアログから、ここでは「デスクトップ」フォルダを指定します。



③次に「条件」を設定。
拡張子が「webloc」である』とします。

条件はリストから、ファイル名, 拡張子, UTI, ファイルサイズ, 更新日時, 最後に開いた日時 を指定できます。
110408sms5.jpg



④最後に移動先のフォルダを指定します。

フォルダに移動するか、ゴミ箱に移動するかをリストで選択できます。
110408sms6.jpg
フォルダ移動の場合、同名ファイルが存在したときの扱いについて設定できます。
110408sms7.jpg
ちょっと気の利いた仕様になっています。




左下の顔のマークのところに、ファイルをドラッグ&ドロップすれば、設定した条件に合致するかどうか確認することができます。
110408sms3.jpg

ドロップしたファイルが「条件」に合致していれば、スマイルマークになります。
110408sms4.jpg



「OK」ボタンをクリックしたら、ルールの設定完了です。

メインのウインドウで、設定した「ルール」に ✓ を入れてスケジュールの時間間隔を設定します。
110408sms8.gif

注意しなければならないのが、複数のルール設定をした場合に、条件が重複してしまって矛盾した設定になっているとうまく機能しません

それと、バックグラウンドでデーモンアプリを起動しているとか、そんな仕様ではないので、「スマート収納」を起動していないと指定の時間間隔通りにファイルを移動できません。使用するときは常時「スマート収納」を起動しておきましょう



スマート収納 の上記のデスクトップのロケーションファイルを定期的に移動するルールを適用していると、こんな散らかったデスクトップが・・・
(ロケーションファイルがたくさんあるデスクトップ)
110408sms9.jpg

これが、指定した時間が経つと自動的にロケーションファイルが移動されます。
(スマート収納 によって片付けられたデスクトップ)
110408sms10.jpg



上記以外の設定のほかにも「条件」で設定次第で、
  • 一定期間開かないファイルをゴミ箱に移動する
  • 画像ファイルを特定フォルダに移動する
  • ファイルサイズが大きいものは別のフォルダへ移動する
とか、いろいろ使い方があるかと思います。






この記事では スマート収納 1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Oneriver Software
Download page : スマート収納 1.0 | スマート収納 | ONERIVER

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : ファイル管理  自動化 

+



管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。