bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 



http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+


http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1025.html

OpenMagic
icn_OpenMagic.jpg
OpenMagic : クリエータコードから判断して登録しておいたアプリで起動
OS10.5以上(UB)
ドネーションウェア


ファイルが持つクリエータコードから判断して、予め登録しておいたアプリケーションでファイルを起動する、また、ファイルにクリエータコードを設定することもできる「OpenMagic」の紹介です。

Snow Leopard では、ファイルをダブルクリックして開くときに クリエータコード を無視して、開くアプリケーションを判断するようになってしまいました。

詳しくは『Snow Leopard ではクリエータコードが無視される件・・・』参照


OpenMagic を使うと、予め登録しておいたアプリケーションに関しては、そのファイルがもつクリエータコードからアプリケーションを判断して、そのアプリでファイルを開くようにできます。




インストール

ダウンロードして解凍すると、
  • OpenMagic.app
  • OpenMagicService.service
の2つのファイルが存在します。
100815om1.jpg

「OpenMagic.app」はアプリケーションフォルダへ、「OpenMagicService.service」は

(個別ユーザで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/Services/

(すべてのユーザで使用する場合)
/Library/Services/

に保存します。(フォルダが存在しない場合は、その名前のフォルダを新たに作成する)






“サービス” の設定

次にサービスメニューを使えるように設定します。
システム環境設定キーボードキーボードショートカットサービス
を開き、「OpenMagic」に ✓ を入れます。
ついでに任意のショートカットキーも設定しておきます。
100815om2.gif


これで Finder 上で「OpenMagic」サービスが使用できるようになります。
100815om3.gif





“OpenMagic” の設定

次にアプリケーション「OpenMagic.app」を起動して、サービスを通じてファイルを開くアプリケーションを登録します。

OpenMagic のウインドウの「Configuration」タブのリストに、登録したいアプリケーションのアイコンをドラッグ&ドロップします。
100815om4.gif

例えばテキストエディタの「CotEditor」を登録してみて、例を挙げると・・・

OS10.6で、CotEditor で標準テキストファイル(拡張子 .txt)を作成したとします。
(※このファイルには CotEditor のクリエータコード 'cEd1' が記録されています)

このファイルをダブルクリックして開くと、CotEditor ではなく、「テキストエディット.app」など UTI のデフォルトアプリケーションで開きます。
この仕様では面倒なことが多いです。


そこで「OpenMagic」サービスで設定したショートカットキーを押すと、一発で CotEditor でテキストファイルを開くことができます。

サービスを通じて、そのファイルが持つクリエータコードから、開くアプリケーションを判断して、ファイルを開きます。

クリエータコードを持っているファイルを「OpenMagic」サービスを通じて開く場合でも、OpenMagic で登録していないものについては、UTI のデフォルトアプリケーションで判断したりするようです。


もちろん、Finder のコンテキストメニューのサービスから「OpenMagic」を実行して開いても同じです。
100815om5.gif




また、OpenMagic で登録したアプリケーションに、さらに「拡張子」を登録しておくと、その拡張子のファイルをそのアプリで開くようにも設定できます。
(「OpenMagic」サービスを通じてファイルを開くとき)

例えば、「html」ファイルを OpenMagic で開くときには、CotEditor で開くように設定してみます。

まず、リストで「CotEditor」を選択した状態にします。
これで、拡張子「.html」を持つファイルを右側のリストにドラッグ&ドロップします。
100815om6.gif


こうしておくと、htmlファイルが OpenMagic サービスを通じて開くときには、CotEditor で開くようになります。





ファイルに “クリエータコード” を付加・変更する

OpenMagic の「Tool : Redefine creator」タブでは、ファイルに「クリエータコード」を付加したり、変更したりできます。
100815om7.gif

①右側のリストにファイルをドラッグ&ドロップ
②クリエータコードのアプリを選択
③右側リストでクリエータコードを適用させたいアプリを選択して「Appliquer」ボタンをクリック

以上で、ファイルにクリエータコードを付加・変更することができます。
100815om8.gif







この記事では OpenMagic 1.0b を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : setnan.org - accueil
Download page : setnan.org > mac software > OpenMagic



(関連記事)
Snow Leopard ではクリエータコードが無視される件・・・
QuickFileType

edit

Utility | CM:1 | TB:0

tag : ファイル属性  Launcher  ServicesMenu 

+




こんにちわ(*^^)v ---------- 相続税 | URL 2010/11/07, 23:33 | edit
素晴らしいコンテンツを書かれているといつも感心
して見ています!

また投稿させて頂きます,よろしくお願いします!


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。