bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2013 / 01

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1123.html

『AppleBlog百人百録2013』に紹介してもらいました。
Appleと猫をこよなく愛する、ねこ軍団のボスこと、みーけさん(猫とMacの日々)が作られた超大作『百人百録2013』に、ウチのブログも載せて頂きました。
( ゚∀゚)=3
130129abh1.jpg


百人一首のように100枚(表紙とか合わせると104枚)あって、100ものApple関係のブログが取り札と読み札で紹介されてます。
(↓説明用の画像はちょっと拝借しました)
130129abh2.jpg
(iBooks版とPDF版がありますよっと)



ウチのブログのところを見てみると・・・
130129abh3.jpg
(↓サザエさんの声で脳内再生してね)
なんということでしょう!
匠の手によって、あの陰鬱で根暗な自画像らくがきが「すごくいい人」っぽく改変されているではありませんか。
きっと猫たちも「修正代はカリカリ1か月分にしとていやる」と息巻いているに違いありません。



まあ、気が向いた時だけ適当に更新してる当ブログを入れてもらってるのが申し訳ないくらいです。こんなにたくさん、大変だったでしょうに。ほんとにご苦労様です。

スポンサーサイト

edit

サイトのご紹介 | CM:2 | TB:0

tag : Database 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1122.html

qlImageSize
icn_CMPlugin
qlImageSize : QuickLook で画像のサイズ、ファイル容量をタイトルバーに追加表示
QuickLookプラグイン
OS10.7以上(Intel)
フリーウェア


[Mac] QuickLookをもっと快適にする!僕が入れているお薦めプラグインまとめ « Appdrill』で知った、QuickLook で画像のサイズ、ファイル容量をタイトルバーに追加表示する QuickLookプラグイン「qlImageSize」の紹介です。


このプラグインを導入すると、画像を QuickLook で表示したときタイトルバーに、その画像のサイズ、ファイルの容量を追加表示してくれます。

↓通常の QuickLook での表示
130127qli1.jpg


qlImageSize.qlgenerator を導入後
130127qli2.jpg

小さなことだけど、画像のサイズが表示されるとかなり便利。




またさらに、Finder でのサムネイル表示に、その画像ファイルの種類名を付け加えて表示するようになります。
130127qli3.jpg





インストール方法はダウンロードした「qlImageSize.qlgenerator」ファイルを

(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
/Library/QuickLook/

(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/QuickLook/

のどちらかに保存します。
「QuickLook」フォルダがない場合は、この名前のフォルダを新たに作ります。
ダウンロードページにあるように QuickLook をリセットするコマンドを実行するなり、Finder を再起動するなり、再ログインすれば機能するようになります。






この記事では qlImageSize.qlgenerator 変更日2012/02/08 のバージョンのもの を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Cocoa in the Shell • iOS & Mac OS programming
Download page : Nyx0uf/qlImageSize · GitHub


edit

Graphic | CM:0 | TB:0

tag : QuickLook  Thumbnail 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1097.html

Launchpad からアプリケーションの削除
これも某巨大掲示板で知ったTipsです。

Launchpad を起動して、optionキー を押すと、各アプリケーションのアイコンがプルプルと震えます
(これが「駄々をこねる」ようで、けっこうかわいい)

このとき、Mac App Store からダウンロードしたアプリケーションのアイコンの左上に「×」のバッジが表示されます。
130118lad1.jpg
(Mac App Store 以外からダウンロード、インストールしたものには「×」は表示されない)


これで「×」をクリックすると、下のようなダイアログが表示されるので「削除」ボタンをクリックして、そのアプリケーションを削除することができます。
130118lad2.jpg

ゴミ箱に移動する訳ではなく、すぐさま削除されます。

なお、初期設定ファイルやキャッシュなど、そのアプリケーションによって生成されたファイル等は削除されずに残ったままです。


edit

Macの基本操作 | CM:2 | TB:0

tag : Launchpad  削除  uninstall 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1019.html

Launchpad の背景をモノクロ・ぼかし無しに
名前の頭に数字の付く有名な掲示板で知ったTipsです。

Launchpad を起動している時に
control+option+command+B
のショートカットキーを押して行くと、Launchpad の背景が変化していきます。
(OS10.7.2以前は command+B

①通常の Launchpad の状態(背景にぼかしたデスクトップピクチャが写る)
130116lhmb1.jpg


control+option+command+B のショートカットキーを押すと・・・
②モノクロ、ぼかし無しの背景の Launchpad
130116lhmb2.jpg


もう一度ショートカットキーを押す・・・
③モノクロ、ぼかし有りの背景の Launchpad
130116lhmb3.jpg


さらにもう一度・・・
④カラー、ぼかし無しの背景の Launchpad
130116lhmb4.jpg


次は①の通常の状態に戻ります。





関係ないけど、ことえり で「らんちぱっど」って入力すると「Launchpad」に変換できるよ。


(追記)
肝心のショートカットキーの記入を間違ってました。すみません。D じゃなくて B が正しいです。
コメントで指摘してもらいました、ありがとうございます。
(追記終わり)

edit

Tips | CM:2 | TB:0

tag : Launchpad  Tips  Appearance 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1121.html

Safari/ ユーザエージェントを変更してページを見る
また、大したことでもないのにさもすごいことのように大袈裟に書き連ねる小ネタシリーズです。

Safari ではユーザエージェントを変更して、ページを閲覧することができます。
例えば、YouTubeのページを見ている時にユーザエージェントをiPadのものに変更してみます。

開発メニュー > ユーザエージェント のサブメニューから iPad の Safari を選択。
130114sua1.jpg


するとこんな風に、偽装したユーザエージェントに合わせて YouTube のページの見た目が ガラッ と変わります。
130114sua2.jpg
( まるさん、かわええねえ(*´ο`*)=3 )


サブメニューのリストにない Webブラウザ のユーザエージェントに変更したいときは、その他... から手入力できます。
130114sua3.jpg


Webデザイナーさんとか、いろいろなWebブラウザでのサイトのチェックをする方には便利な機能だと思います。





あと、おまけで iPhone や iPad でのサイトのページの確認するならば、iOSシミュレータ(旧称 : iPhoneシミュレータ)の Safari を使う方法もあります。

(↓iOSシミュレータでウチのブログを表示してみたところ)
130114sua4.jpg


iOSシミュレータはXcodeをダウンロード(←Mac App Storeにて)、インストールすると、パッケージの内部に入ってます。

保存場所は

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone Simulator.app

にあります。
(英語名は「iPhone Simulator.app」なんだね〜)


edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : Safari  UserAgent  WebBrowser 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1119.html

Safari/ 表示しているページを別のwebブラウザで開く
また、そんなの知ってるよシリーズの小ネタです。


Safari で今見ているページを別のWebブラウザで閲覧したいとき、
開発メニュー > ページをこのアプリケーションで開く
のサブメニューから任意のWebブラウザを選択して開くことができます。

例えば下のように Chrome を選択すると・・・
130114shb1.jpg

こんな風に Chrome でそのページを開くことができました。
130114shb2.jpg


尚、開発メニューは Safari の環境設定(command+,(コンマ))の詳細タブ の「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れておけば表示されるようになります。
130114shb3.jpg

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : Safari  WebBrowser 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1088.html

複数アイテムの「情報を見る」
そんなの知ってるよシリーズの小ネタです。


Finder でファイルやフォルダを選択して、command+I(アイ) のショートカットキーなどで「情報を見る」を実行すると、ウインドウが開いてそのファイルの詳細な情報を表示します。


複数のアイテムを選択している状態で、command+I(アイ) を押すと、選択していたアイテムと同じ数の情報ウインドウが開きます。
(↓下の場合だと2個のファイルを選択していたので、2つの情報ウインドウが開く)
130112hij1.jpg


2つ程度の少ない数では問題ないけど、1度に20〜30個のウインドウが開くと、ちょっと辛いです。

そんなときは、複数のアイテムを選択した状態で control+command+I(アイ) を押すと、1つのウインドウで 概要情報 を表示します。
130112hij2.jpg



ちなみに、インスペクタoptioncommand+I(アイ) - フローティングウインドウで常に前面に表示されて選択しているアイテムの情報を表示し、選択アイテムを別のものにすると情報も切り替えていく)でも、複数アイテムを選択している時は、概要情報を表示します。
130112hij3.jpg




Finder の ファイルメニューを表示しているときに、controlキー を押すと「情報を見る」の項目が「概要情報を見る」に切り替わります。
130112hij4.jpg





(*・ω・)。oO(昔、同じことを書いたような気がするけど・・・まあ、いいや)

edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : Finder 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-820.html

Mission Control でアイコンをクリック
そんなの知ってるよ シリーズの小ネタです。

Mission Control において、1つのウインドウを選択してクリックすると、そのウインドウが最前面で表示されます。

例えば下のような場合、Finderウインドウの1つをクリックしてやると、そのウインドウが最前面に表示されます。
130111mci0.jpg


しかし、(Mission Control に入る前に Safari が最前面だった場合)それ意外の Finderウインドウ は Safari の後ろに隠れた状態になります。
130111mci2.jpg



そこで、Mission Control でアイコン部分をクリックします。
130111mci3.jpg


すると今度は、Finder全体(すべての Finderウインドウ)が前面に表示されます。
130111mci4.jpg

こんな風に、Mission Controlアイコン部分をクリックすると そのアプリケーションのすべてのウインドウを前面に持ってくることができます。


edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : MissionControl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1044.html

command+tab 中に「1」キーで Exposé
以前に気付いた小ネタです。
タイトルの通り、(shift+)command+tab でアプリケーションを切り替え中に、commandキー を押しっ放しのまま 1キー を押すとExposé になります。


例えば、下のようにcommand+tab でアプリケーションを切り替えて、ちょうど Finder を選択しているときに
130103cta1.jpg


この状態で commandキー を押しっ放しのまま
1キー を押すとExposé のアプリケーションのウインドウ一覧を表示します。
(↓ここでは FInder のウインドウの一覧のExposé)
130103cta2.jpg




もちろん、この Exposé中 に command+tab で、Exposéで表示するアプリケーションを変更していくことができます(これは昔からできた)。


ちなみに他にも command+tab の最中に
Hキー を押して、そのアプリケーションを隠す
Qキー を押して、そのアプリケーションを終了
という操作もできます。

edit

Tips | CM:2 | TB:0

tag : Exposé  Tips  Switcher 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。