bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2011 / 01

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1069.html

PropEdit
icn_PropEdit.jpg
PropEdit : ファイルブラウザ型のアクセス権管理ツール
OS10.5以上(Intel)
フリーウェア


ファイルブラウザ型のアクセス権管理ツール「PropEdit」の紹介です。
110123pe1.jpg
Findeウインドウの「カラム表示」のような作りでファイルをブラウジングできます。

選択したファイル、もしくはディレクトリ(フォルダ)のオーナー・グループ、それぞれのアクセス権、ファイルのフラグについて設定することができます。


例えば、アプリケーションのオーナーを変更してみます。
アプリケーション、ここでは例として「Twitter.app」を PropEdit で選択します。右カラムに現在のオーナーが表示されています。
110123pe2.jpg
(Mac App Store 経由でダウンロードしたアプリケーションの「オーナー」はシステムに設定されている。よって保存場所の変更や、ゴミ箱に移動するときなどに管理者ユーザのパスワード入力が必要)

リストから選択して、オーナーを自分のアカウント、グールプを「staff」に設定し、下の「Apply to enclosed items…」ボタンをクリック。
110123pe3.jpg


管理者ユーザのパスワードを入力して完了。
110123pe6.jpg
これで「Twitter.app」のオーナーを変更できました。







Go」メニューや、ショートカットキーで特定のディレクトリを素早く表示できます。
110123pe7.jpg



環境設定で「不可視のファイル・ディレクトリ」を PropEdit でブラウズできるよう設定できます。
110123pe4.jpg

Show system hidden files」にチェックを入れると、PropEdit で「Volumes」が表示できるようになり、起動ディスク以外のディスクにもアクセスできるようになります。




PropEdit はアクセス権の他、ファイルのフラグ設定もできるようになっています。
chflags」コマンドなどで設定した内容が簡単にGUIで設定できます。

例えば「Hidden」を適用させると、そのファイルはFinderで不可視になります。
110123pe8.jpg

「immutable」はロック、あとはよくわからないです(´・ω・`)






この記事では PropEdit 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : eosgarden
Project page : PropEdit
Download page : eosgarden - Freeware - PropEdit - Download

スポンサーサイト



edit

Utility | CM:4 | TB:0

tag : アクセス権  file-flags  FileBrowser 

+