bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2009 / 10

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-970.html

Task3
icn_Task3.jpg
Task3 : あらゆるタスクを自動化する
Growl対応
OS10.4.11以上(UB)
シェアウェア ¥1,500(銀行振込)、¥1,700(PayPal)


あらゆるタスクを自動化するアプリケーション「Task3」の紹介です。

この Task3 を使えば、
  • 深夜に自動的にMacを立ち上げて、サーバに接続し、バックアップを実行する
  • 朝、出勤前に最新のポッドキャストをダウンロードし、iPod / iPhoneに同期しておく
  • 平日と週末で、Mac起動時に自動的に起動するアプリケーションを切り替える
  • 特定のボリュームがマウントされたらバックアップを実行する
  • カメラのフラッシュメモリがマウントされたら、撮影した写真を特定のフォルダにコピーする
  • 指定のアプリケーションが起動したら、それに関連するアプリケーションやファイルを一緒に開く
  • ホットキーで登録したファイルやアプリケーションを開いたり、スクリプトなどの処理を実行する
  • Safariでファイルダウンロードが終了したらGrowlでメッセージを表示する、あるいはMacを終了する
  • 曜日と時間を指定してファイルやアプリケーションを開く

などなど、アイデア次第でいろんなことを自動で実行できるようになる、スゴイ アプリケーションです。




【 Task3 - 概要 】


090916tsk1.gif

Task3 を起動すると上のようなウインドウが表示されます。
基本的に「タスク」を作成し、それに対して「トリガー」「アクション」「実行条件」をそれぞれのタブで設定し、それらを保存するとタスクが自動的に実行されるようになります。



左下の「」ボタンで作成した「タスク」は左のリストに一覧表示されます。
各タスクの右端のチェックボックスで、そのタスクのON/OFF切り替えができます。
090916tsk3.gif

フォルダアイコンをクリックして、作成したタスクをひとまとめにできます(多階層化も可能)。
ON/OFFをフォルダごと、まとめて設定できるので便利です。



トリガー」は、その処理を実行するきっかけとなる事項を設定しておきます。
例えば、毎朝9:00に実行する、指定したアプリケーションが起動したときに実行するとか、いろいろ設定できます。

右側の「」ボタンで新規トリガーを作成してリストから選択します。
090916tsk2.gif
1つのタスクに対して複数のトリガーを設定することもできます。



アクション」は、そのタスクで実行する内容を設定します。
アプリケーションの起動、終了、ファイル・フォルダを開く、シェルスクリプトを実行、AppleScriptを実行、コンピュータの起動・終了・スリープ・メッセージの表示などなど、いろんなことができます。
090916tsk4.gif
右側の「」ボタンで新規アクションを作成してリストから選択します。
1つのタスクに対して複数のアクションを設定することもできます。



実行条件」は、そのタスクのアクションが実行されるための条件を設定します。アクションの実行を遅らせたり、なども含まれ、広い意味での「条件」となります。
090916tsk5.gif
右側の「」ボタンで新規実行条件を作成してリストから選択します。
1つのタスクに対して複数の実行条件を設定することもできます。





【 Task3 - タスクを実際に設定してみる 】


上の説明では、Task3 て何をするアプリケーションなのか、よくわからないと思うので、実際にタスクを設定してみます。

例えば、月曜から金曜日の毎朝7:00にMacを起動して、iTunesを再生させるように設定してみます。

まず、左下の「」ボタンで新規タスクを作成します。
名前はわかりやすいように付けておきます。
090916tsk6.gif
このタスクのチェックを入れておくと、有効になります。

「フォルダ」アイコンでフォルダを作成して、複数のタスクをひとまとめにできます。



次にこのタスクを選択した状態で「トリガー」タブを開いて、①右側の「」ボタンで新規トリガーを作成し、②リストから「スケジュール」を選択します。
090916tsk7.gif

これで③月曜から金曜日までチェックを入れて、7時0分と入力します。
(時間は「24時間」換算で入力します [例]午後7時→19:00)


トリガー項目の左側のチェックで、このトリガーの有効・無効を設定できます。
またトリガーは複数設定することも可能です。



次に「アクション」タブを開いて、アクションを設定します。
同じように①右側の「」ボタンで新規アクションを作成し、②リストで「コンピュータを起動/終了」を選択、そして③「起動/復帰」を選択します。
090916tsk8.gif

アクションも項目の左のチェックで有効・無効の設定をできます。


さらにもうひとつアクションを追加します。
④「」ボタンでアクションを追加し、⑤リストから「アップルスクリプトを実行」を選択します。
090916tsk9.gif

⑥AppleScriptを入力します。
tell application "iTunes" to play

これで設定は完了です。最後に
ファイル メニュー > 保存して起動日時を予約shift+command+S
で保存します。
090916tsk10.gif
※ Task3 で設定したタスクは保存しないとが実行されないので注意

※「スケジュール」トリガーでシステムの起動・復帰・終了を設定した場合には普通に保存ではなく、必ず「起動日時を予約」しなければなりません。

「スケジュール」トリガーを含むタスクを予約保存する場合には、パスワード入力を求められます。
090916tsk11.gif

本来は「rootパスワード」が必要なんだけど、なぜだか普通のログインパスワードでも予約できてしまいます(よくわからんけど僕の場合だけかも?)。



「起動予約」は4週間分先まで予約されます。
起動予約を確認」でウインドウが開き確認できます。
090916tsk12.gif


設定済みの予約が残り1週間を切ると、(Task3自体を起動していなくても)確認ダイアログを表示して再度予約保存するように促されます。
090916tsk13.gif




そんなこんなで、このタスクを設定します。
これで月曜から金曜の毎朝7:00に Mac が起動して、自動的に iTunes を再生するようになり、目覚まし代わりになります。

システムを起動・復帰させるタスクを設定しているとき、システムがダウンしている状態から起動する場合は、自動ログインできるようにしていないと、ログインウインドウが表示されるだけなので注意。
スリープからの復帰だと、問題ありません。



ただ再生するだけではつまらないので、AppleScript を下のようにすれば、ビジュアライザをフルスクリーンで表示するようになります。
tell application "iTunes"
play
activate
set full screen to true
set visuals enabled to true
end tell





「目覚まし」として、もうひとひねり欲しいので、もうひとつ「5分おきに現在時間を読み上げる」ようにタスクを設定してみます。

新規タスクを作成してトリガー、アクション、実行条件を下のように設定します。

(トリガー)
090916tsk14.gif
繰り返し」で5分ごとに実行。


(アクション)
下の AppleScript を実行させる。
(現在時刻を何時何分かをしゃべらせるもの)
set theHour to (do shell script "date '+%H'") as number
set theMinute to (do shell script "date '+%M'") as number
say "It's " & theHour & " " & theMinute & " now." using "Alex"
delay 0.5
say "It's " & theHour & " " & theMinute & " now." using "Alex"
-- 音声で "Alex" が使えるのはOS10.5以降



(実行条件)
090916tsk15.gif

実行条件」タブを開いて、「」ボタンで新規実行条件を作成し、リストから「日時を制限」を選択。
月曜から金曜日の7:00~8:00に制限する。


このタスクを、最初のiTunesを再生するタスクと併用すれば、5分おきに時報をお知らせして、より「目覚まし」っぽくなります。







上記の説明でなんとなく「タスク」の設定方法がわかったと思うけど、Task3 の機能はもっと豊富で、上記のようにただ単に定刻通りに何かを実行させるのは まだまだ序の口です。

もっとアイデア次第でいろいろ使えるので、僕の場合の設定例を、ブログの次の記事から挙げていきたいと思います。

Task3 / タスクの設定例(1)』につづく




ちなみに、Task3のアイコンは自作アイコンを採用して頂きました。
icn_Task3.jpg
開発段階から、いろいろな意見を取り入れてくれた作者の sekn さんに感謝。








この記事では Task3 version 1.1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Spread Your Wings
Download page : Task3



(関連記事)
Task3 --- 基本的な「タスク」の設定のやり方など

Task3 / タスクの設定例(1)
Task3 / タスクの設定例(2)
Task3 / タスクの設定例(3)
Task3 / タスクの設定例(4)

スポンサーサイト

edit

Utility | CM:7 | TB:0

tag : Task3  自動化  Launcher  Launch+Shutdown  Growl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-988.html

ShuffleSaver
icn_ScreenSaver
ShuffleSaver : Flickrの画像を読み込んでスクリーンセーバとして表示する
OS10.4以上(UB)
ドネーションウェア


Flickr から画像を読み込んで、スクリーンセーバとしてそれらを表示する「ShuffleSaver」の紹介です。

スクリーンセーバを起動すると
「Connecting to flickr.com...」
   ↓
「Going to display 500 images...」

と表示されて、しばらく経つと画像が表示され始めます。

091022ss1.jpg

設定時間が過ぎると次の画像に切り替わります。
091022ss2.jpg

画像が切り替わるときには、くるっと立方体が回転するように切り替わります。
(設定による)
091022ss3.jpg
画像の切り替えは (戻る) (進む) のホットキーで手動で切り替えることもできます。


オプション設定から、読み込む画像の種類やタグを指定したりできます。
091022ss4.gif

デフォルト設定では、Flickr の人気画像を取り込むように設定されています。

リストからスクリーンセーバで表示したい画像の種類を設定できます。
091022ss6.gif

自分の好きな画像を取り込むように設定して、それを「Favorite」としてリストに追加することもできます。

例えば、ねこ画像のスクリーンセーバにしたい場合は、まず「」ボタンで新しい「Favorite」を作成します。
091022ss5.gif
ここの名前は自分のわかりやすいように付けておきます。

次に「Connecting Tags」のチェックを入れて、タグを入力します。例えば「neko」「cat」とすると、そのタグが付けられた画像を読む込むようになります。
091022ss7.gif
(※日本語のタグは指定できないようです)

Tagmode の「AND」はA,B,Cすべてのタグを含むものを、「OR」はA,B,Cの内どれか1つでも含むものを選択します。


あとは1つの画像を何秒間表示するか、次の画像に移るときのエフェクトとか「Display options」の項目を設定して「Save」ボタンで完了です。

これでねこ画像のスクリーンセーバができました。
091022ss8.jpg

で現在 ShuffleSaver で表示している画像のFlickrのページを、Webブラウザで表示します(バックグラウンドで実行)。
091022ss9.jpg


これらのホットキーの設定は、オプション設定で「Options」タブをクリックして設定できます。
091022ss10.gif
でポーズ。

画像を iPhoto のライブラリに加える s、画像を指定したフォルダにダウンロードする o 、これらの機能は、僕の環境では使えませんでした。
たぶん、OS10.6では使えないのかも?






この記事では ShuffleSaver 1.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : News
Download page : ShuffleSaver

edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : ScreenSaver  Flickr 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-852.html

Snippely
icn_Snippely_AIR.jpg
Snippely : JavascriptやCSSなどの参考になるソースコードをコピペして保存管理
要 Adobe AIR
OS10.4.11以上(UB)
フリーウェア


JavascriptやRuby、CSSなどの参考になるソースコードをコピペして保存・管理するのに便利なアプリケーション「Snippely」の紹介です。
(Snippely を使用するには Adobe AIR が必要です。)

091020snp1.gif

3ペインの構成になっていて、左ペインにグループのリスト、右上ペインに選択したグループ内のスニペットのリスト、その下の右下ペインにソースコードを表示するようになっています。


使い方はまず、左下の「」ボタンからグループを作成し、そのグループを選択して、また「」ボタンから新規スニペットを作成します。
091020snp2.gif


すると「New Snippet」が作成されます。
add code」ボタンをクリックすると「Plain Text」と表示されたエリアが作らます。
091020snp3.gif

command+N でも、このエリアを作成できます。
このショートカットキーは、選択している場面によって、新規グループ、新規スニペットと新規作成するものが変わってきます。


ここにソースをコピペします(もちろん自分で入力することも可能)。
091020snp4.gif

タイトル下の「Description」をダブルクリックして、注釈文を付けられます。


各エリアを選択すると右側に「remove」と表示されるので、ここで削除できます。

スニペット自体を削除するときは、スニペットにリストを選択して右クリックしてコンテキストメニューから実行できます(グループの場合も同様)。
091020snp5.gif
(削除する前に警告ダイアログで最終確認します)

command+delete でも削除できます。



コピペしたソースは、シンタックスカラーリングできます。
Plain Text」の部分をクリックして選択します。
091020snp6.gif
JavaScript, Ruby, CSS, PHP に対応しています。



Snippely にコピペ・入力した内容は、その場面で確定してしまえば、アプリケーションを終了しても自動的に保存されます。ただ、書き出しとかの機能はありません。

ブラウズするときには、カーソルキーで選択フォーカスの移動ができます。
検索機能とかが用意されていないので、こまめにグループ分けしておいた方がいいかも。






この記事では Snippely 1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : snippely - Project Hosting on Google Code
Download page : 上に同じ

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Snippet  開発ツール  AdobeAIR 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-903.html

Transcriptions
icn_Transcriptions_.jpg
Transcriptions : 動画などから文章に書きおこす為のプレイヤ兼テキストエディタ
OS10.5以上(UB)
ドネーションウェア


動画や音声をゆっくり再生して、テキストに書きおこしやすくするオーデォオ・ビデオプレイヤー兼テキストエディタの「Transcriptions」の紹介です。

090908trs1.gif

同一のウインドウ内で、動画や音声ファイルを再生しながら、リッチテキスト形式の文章を作成できます。


まず、テキストに書きおこしたい動画ファイルなどを、ドラッグ&ドロップするか、右上のアイコンをクリックしてファイルを指定、ストリーミングのURLの指定します。
090908trs2.gif

「▶」ボタンで再生/一時停止します。



テキストをタイピングしながら操作するので、当然メディアをコントロールするショートカットキーも用意されています。
090908trs3.gif

  • Replay control+1
    設定した秒数分巻き戻して再生します
  • Pause control+2
  • Controls control+3
    「Media Controls」ウインドウを開きます。下記にて説明。
  • Goto Beginning control+4
  • Goto End control+5

これらの設定は環境設定( command+, )で自分の使いやすいものを設定することもできます。
090908trs6.gif




control+3 もしくは「Controls」ボタンをクリックすると、
Media Controls」ウインドウが開きます。
090908trs4.jpg

Replay」はリプレイを実行した際に、戻る秒数を設定します。
Rate」は、再生スピードの調整です。遅くした方が聞きやすいけど、最低レベルにすると間延びして何言ってるかよくわからなくなります。




こんな感じで再生するメディアを調整して、ウインドウの左側でテキストを入力していきます。
090908trs5.gif

リッチテキストが扱えるので、テキストのフォントを変更したり、色を付けたり、テキストエディットなんかと同じように操作できます。
090908trs7.gif



Transcriptions では returnキー で改行すると、行末にタイムスタンプを自動入力します(設定による)。
090908trs8.gif
ここのタイムスタンプの上にマウスカーソルを持っていくと、その時間が強調表示され、クリックすると、動画などのメディアでその時間へと移動します。
090908trs9.gif

作成したテキストファイルを、テキストエディット.app などほかのアプリケーションで開いた場合は、当然ながらこの機能は使えません。
Transcriptions のみで、タイムスタンプの位置への移動が可能です。



日本語入力する場合は、Media メニューの「Auto Timestamp」をチェックを外しておきます。(漢字に変換するときに returnキー を押すと改行してタイムスタンプを挿入してしまうため)

タイムスタンプは control+T か、時計マークのアイコンをクリックして手動で加えます。
090908trs13.gif



他にもテキスト入力を素早くできるよう工夫されています。
慣用句を登録しておくと、「@xxx」と入力し Spaceキー で「XXX」と自動で補完入力されます。

ウインドウ右下の「」ボタンで、新規登録し、例えば「Apple」という単語に対して「a」と登録します。
090908trs10.gif

これで「@a」と入力します(半角英数で)。
090908trs11.gif

Spaceキー を押すと「Apple」に変換されます。
090908trs12.gif







この記事では Transcriptions 0.8.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : transcriptions - Project Hosting on Google Code
Download page : Downloads - transcriptions - Project Hosting on Google Code

edit

Schedule/Text | CM:0 | TB:0

tag : 文書作成  MoviePlayer 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-986.html

Pollen
icn_ScreenSaver
Pollen : 無数の粒子がランダムに動き回って登録した画像ロゴを形作る
スクリーンセーバ
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


某巨大掲示板で知った、無数の粒子がランダムに動き回って登録した画像ロゴを形作るスクリーンセーバ「Pollen」の紹介です。


スクリーンセーバを起動すると、無数の粒子が魚の群れのようにランダムに動き回ります。
091018pln1.gif





時間が経つと、この「群れ」の集団が1カ所に集まって、登録されている画像ロゴを形成します。(デフォルト設定のロゴイメージ)
091018pln2.gif
(別にこれを形成しなくても、十分スクリーンセーバとして成り立つ)

粒子の「群れ」がロゴイメージを形成した後、またすぐに散らばってランダムに画面上を漂います。




オプション設定で、画像の指定を変更したりできます。
091018pln3.gif

Mote(粒子)の数・大きさ・形なども設定できます。


右側の「Logo Image」のところで、好きな画像を指定します。
指定する画像は、粒子では粗い表現しかできないので、色が少なくて単純なものでないと、ゴチャゴチャしてよくわからないものになってしまいます。
(「None」を選択すればロゴイメージ無しにも設定できます)



例えば、下のように昔のAppleのロゴを設定してみます。
091018pln4.gif

Colour Scheme で「Use Image Colours」を選択すると、粒子の各色は画像に使われている色になります。


最初はこんな風に漂っています・・・。
091018pln5.gif





時間が経って、粒子が集まってくるとこんな感じ。
091018pln6.gif






この記事では Pollen 1.0.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Pollen Screensaver
Download page : 上に同じ

edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : ScreenSaver 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-979.html

Open in Terminal
icn_OpeninTerminal.jpg
Open in Terminal : 最前面のコンテキストに対応した working directory をターミナルで開く
TerminalControl.osax(スクリプティング機能追加)
OS10.4、OS10.5以上(UB) 各対応
ドネーションウェア


Finder の最前面のウインドウをフォルダをターミナルで開く、Finder以外のアプリケーションで開いているファイルの親ディレクトリをターミナルで開くことができる「Open in Terminal」の紹介です。



icn_osax.jpg「Open in Terminal」を使用するには、スクリプティング機能追加の「TerminalControl.osax」が必要です。

この TerminalControl.osax を
/Users/登録アカウント名/Library/ScriptingAdditions/
に保存します。


Open in Terminal は、Finderのツールバーに登録して使う、サービスメニューから使う、ランチャから起動して使うなど、いろいろ使用法があります。


まず、Finderのツールバーに登録して使う場合、「Open in Terminal.app」をツールバーにドラッグ&ドロップします。
091016oit1.gif
(32pxのアイコンはツールバーの他のアイコンのデザインに合わせてる)

このツールバーのアイコンをクリックすると、ターミナルが そのフォルダを「cd」した状態で開きます。
091016oit2.gif
もし既に、その working directory をターミナルで開いている状態なら、そのターミナルのウインドウを最前面に表示します。



さらに Open in Terminal はターミナルのウインドウタイトルを、そのディレクトリのパス(最大3階層分まで表示)とします。
091016oit3.gif



サービスメニューから使う場合、Open in Terminal を「アプリケーション」フォルダか、そのサブフォルダ内に保存して、再ログインすると使えるようになります。

システム環境設定キーボードキーボードショートカット
の「サービス」を開きます。
091016oit4.gif
ここの「ターミナルで開く」にチェックを入れると、使えるようになります。
091016oit5.jpg


ショートカットキーもシステム環境設定で設定できるけど、「サービス」が使える状態でないとショートカットキーは機能しないので、使い勝手としては微妙です。
(例)何もアイテムを選択していないFinderウインドウを開いている
     ↓
   ショートカットキーで「ターミナルで開く」を実行
     ↓
   「サービス」が使える状態ではないので何もおこらない
   (何かを選択している場合だと「サービス」が使える)

なので、Spark などで「Open in Terminal」を登録して、ホットキーを使えるようにした方がいいかと思います。




「Open in Terminal」は Finderだけでなく、他のアプリケーションで開いているファイルの親フォルダを working directory として、ターミナルで開くこともできます

例えばデスクトップフォルダ上に存在する「hoge.txt」というテキストファイルを、テキストエディット.appで開いているとします。
091016oit6.gif

この状態で LaunchBar で「Open in Terminal」を呼び出して起動してみます。
091016oit7.gif
(LaunchBar は環境設定で「Nonactivating Mode」にするか、もしくは バックグラウンドで起動するように設定しておく)

もちろん LaunchBar でなくても、Dockに「Open in Terminal」を登録して起動したり、Spark などで起動してもOKです。


すると、ターミナルが起動して「hoge.txt」の親フォルダである「デスクトップ」フォルダを working directory としてウインドウを開きます。
091016oit8.gif



Finder以外のアプリケーションでも使えるところは、DTerm とよく似ています。
コマンドライン操作はやっぱりターミナルの方がいいと思うなら、DTerm より、この「Open in Terminal」の方が使いやすいかと思います。




ちなみに Open in Terminal のアイコンは自作アイコンを採用して頂きました。
icn_OpeninTerminal.jpg






この記事では Open in Terminal 1.6 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Script factory
Download page : Open in Terminal

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Terminal 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-985.html

PixelCity
icn_ScreenSaver
PixelCity : 都市のきれいな夜景を作り出すスクリーンセーバ
OS10.6以上(UB)
フリーウェア


都市のビル群の夜景を、CGで作り出すスクリーンセーバ「PixelCity」の紹介です。

091017pc5.jpg


スクリーンセーバを起動すると、CGで表現したビル群の夜景を視点移動しながらスクロールしていきます。
091017pc2.jpg

091017pc1.jpg



「オプション...」設定から、ワイヤーフレームを表示させたりできます。
091017pc3.gif

ワイヤーフレームで見ると、建物がきっちり描き込まれていることがよくわかります。
091017pc4.jpg









この記事では PixelCity 1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : eMage - Digital Media Solutions
Download page : eMage Software - Neat free OS X apps

edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : ScreenSaver 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-983.html

Herald
icn_Herald.jpg
Herald : Mail.app の新着メールをフローティングウインドウでお知らせする
Apple Mail プラグイン
OS10.6以上(Intel)
ドネーションウェア


Apple純正のメールクライアント「Mail.app」の新着メールを、フローティングウインドウでお知らせするプラグイン「Herald」の紹介です。
soundscape out さん の『Daily Link』で知りました。)


インストールは、Mail.app を終了させてから、インストーラパッケージを使って行います。
091013he1.gif

完了すると「Herald.mailbundle」が
/Users/登録アカウント名/Library/Mail/Bundles/Herald.mailbundle
の場所にインストールされます。

インストーラは、これ以外にも Mail.app がプラグインを使用できるように、いくつかのコマンドを実行します。



Herald をインストール後、Mail.app を起動しているときに新着メールを受信すると、下のようにフローティングウインドウで、そのメール内容を表示します。
091013he5.jpg
このウインドウは Mail.app が最前面のアプリケーションでない場合に表示されます



アドレスブックに画像が登録されている人からのメールには、その画像を表示します。
091013he2.jpg
ウインドウ下部のアイコンをクリックすることによって、いろいろ操作できます。
  • 左の「通行止め」マークのアイコンは、このメールをゴミ箱に移動します。

  • 「返信」アイコンは、このメールに対して返信メールを作成するための新規ウインドウを開きます。
    091013he3.gif

  • 「虫眼鏡」アイコンは、そのメールを Mail.app の新規ウインドウで表示します。
    (設定による)
    091013he4.gif

  • 「✓」アイコンは、そのメールを「既読」にします。





Mail.app の環境設定を開くと、あらたに「Herald」の項目が追加されています。
Enable Herald」にチェックすると、Herald が有効になります。
091013he6.gif
ここの「General」タブでは、虫眼鏡アイコンをクリックしたときに新規ウインドウで開くか、メインウインドウで開くかを選択します。
また、Herald のフローティングウインドウの表示時間を設定します。


Appearance」タブでは、Herald のお知らせウインドウの見た目を設定します。
091013he7.gif


Mailboxes」タブでは、Mail.app で設定しているメールボックス(各アカウント)ごとに対して、Herald の有効・無効を設定できます。
091013he8.gif
RSSの通知も Herald でできます。




Snow Leopard 以前は「Mail.appetizer」というプラグインを使用していましたが、OS10.6ではこれが使えなくなり、不便を感じていました。

Herald の作者さんも Mail.appetizer に感化され、この「Herald」を作られたそうです。

「Mail.app」をメインのメールクライアントとして使ってるなら、この「Herald」はかなり便利なツールとして使えます。







この記事では Herald 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Erik Hinterbichler
Download page : Erik Hinterbichler » Herald

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : Mail  Notification 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-908.html

DateLine
icn_DateLine.jpg
DateLine : デスクトップにライン状のカレンダーを表示
OS10.5以上(UB)
ドネーションウェア


日付をダブルクリックしてiCalを起動するカレンダーを、デスクトップに表示する「DateLine」の紹介です。

091008dl1.jpg

091008dl2.jpg

起動すると、上のようなカレンダーがデスクトップに表示されます。

日付の部分をダブルクリックすると、iCal がクリックした日時を選択した状態で開きます。
091008dl3.gif

091008dl4.gif



カレンダー上を control+クリック(クリック)して、環境設定を開けます。
091008dl5.gif

General」タブ
091008dl6.gif

iCal opens in: ○○○」で、DateLine の日付をダブルクリックして iCal を開いたときの、iCal のウインドウ表示を 日・週・月 のどれかから選択できます。

Show icon in Dock」はのチェックを外すと、メニューやDockアイコンが表示されなくなり、バックグラウンドアプリケーションになります(変更は DateLine の再起動後に反映)。



Appearance」タブ
091008dl7.gif
ここで、カレンダーのフォントや色、大きさなど、見た目を設定できます。
自分のデスクトップピクチャに合わせたスタイルにできます。
091008dl8.gif


Window level」のリストから、DateLine の表示の前後関係を設定できます。
091008dl9.gif







この記事では DateLine 0.7 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : MachineCodex :: Software
Download page : MachineCodex :: Software : DateLine

edit

Schedule/Text | CM:0 | TB:0

tag : Calendar  iCal 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-982.html

JTyphoon
icn_JTyphoon.jpg
JTyphoon : 台風情報を表示する
Dashboard Widget
OS10.4以上
フリーウェア


気象庁の台風情報ページから、台風の進路予報画像を 30 分間隔で取得する Dashboard Widget 「JTyphoon」の紹介です。
(この Widget は currycook さんのつぶやきで知りました。)


JTyphoon を起動すると、気象庁のページから台風情報の画像を取得して表示します。
091007jt1.jpg

Widget の上に ALL 17 18 とか表示され、数字は台風の「号」を表しています。

これをクリックすると、その号の台風の画像に切り替わります。
091007jt2.jpg
(台風18号ヤバイ・・・)

ウインドウ右下部分をドラッグすれば、画像が大きく表示されます。
また  JMA  のところをクリックすると、Webブラウザで『気象庁 | 台風情報』のページを表示します。




気象庁のページのものより、別の機関が提供する天気図などを表示させたい場合は、Safariで Widget を作成すると便利です。

例えば『気象衛星(日本付近) - 日本気象協会 tenki.jp』の画像を Widget にするとします。

このページを Safari で開いておいてから、
ファイル メニュー > Dashboard で開く...
を実行します。
091007jt3.jpg
これで、Widget にしたい部分をクリック(ドラッグして切り取り範囲の大きさを調整できる)して、右上の「追加」ボタンをクリックします。


そうすると、その部分が Widget として切り取られます。
091007jt4.jpg

読み込んだ部分を手動で更新する場合は command+R でWidgetごと更新します。






この記事では JTyphoon 0.3.4 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Mac Dashboard wiki - トップページ
Download page : Mac Dashboard wiki - JTyphoon

edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : 天気  Widgets 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-981.html

TunesArt
icn_TunesArt.jpg
TunesArt : デスクトップにiTunesのアートワークを表示・コントローラ
OS10.5以上(Intel)
フリーウェア


デスクトップにiTunesのアートワークのアイコンを表示したり、曲の変わり目でお知らせしたりするiTunesコントローラ「TunesArt」の紹介です。

091006ta1.jpg

TunesArt を起動すると、メニューバーに「♫」のアイコンが表示されて、そこのメニューからいろいろな操作ができます。
091006ta2.gif

デスクトップにも大きな「アイコン」として、アートワークを表示します。
これは、曲を再生していなくても iTunes が起動していれば、ずっと表示されています(設定による、環境設定から、これを非表示にすることもできます)。
091006ta3.jpg
control+クリック(右クリック)でコンテキストメニューを開き、そこから操作することもできます。



曲の変わり目には、Growlのようなウインドウで、その曲の情報をお知らせします。
091006ta4.jpg



option+command+S のホットキーで検索ウインドウが表示されて iTunes のライブラリを検索することができます。
091006ta5.jpg



メニューの「Preferences...」から環境設定ウインドウを開きます。

General」タブの「Lunch iTunes when TunesArt starts」にチェックしていると、TunesArt を起動するときに、一緒に iTunes も起動するようになります。
091006ta6.gif


Appearance」タブで、デスクトップのアートワークアイコンの表示/非表示、曲の変わり目のお知らせの表示/非表示、それらの詳細などを設定できます。
091006ta7.gif


Shortcuts」タブでホットキーの有効/無効の切り替えができます。
091006ta8.gif
ホットキーを自分で設定できるようには、まだなっていません。バージョンアップすればたぶん?できるようになると思います。






この記事では TunesArt 0.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : TunesArt Index
Download page : TunesArt Download
(※ TunesArt は Intel Mac 専用です)

edit

Movie/Music | CM:0 | TB:0

tag : iTunes  Artwork 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-980.html

Basics.growlStyle
icn_growl
Basics.growlStyle : アイコンがアニメーションで移動するGrowl表示スタイル
フリーウェア


Growlのお知らせウインドウ内で、アイコンがアニメーションで移動する表示スタイル「Basics.growlStyle」の紹介です。

091006bg2.jpg
アイコンがウインドウ内を右から左へと移動していきます。


Basics.growlStyle をダウンロードすると4種類のスタイルが存在します。
  • Basics.growlStyle
  • BasicsLeft.growlStyle
  • BasicsMatte.growlStyle
  • BasicsLeftMatte.growlStyle
の4種類が存在します。
「Left」はアイコンが左から移動してきます。
「Matte」はテカリ無しのウインドウです。

091006bg1.jpg


091006bg3.jpg

テカリ無しの「Matte」
091006bg4.jpg





MacThemesフォーラムの人が Basics.growlStyle を元に作った「Basics_GrowlSnowLeo mod」もかっこ良くていいです。

これもアイコンが左から右へ移動して表示されます。
091006bg7.jpg

091006bg8.jpg

091006bg5.jpg

091006bg6.jpg






この記事では Basics.growlStyle 1.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : MacThemes
Project page : MacThemes Forum / [Growl] - Basics - An Animated, Minimal Style - Updated to 1.2!
Download Page :
[ Basics.growlStyle ] Christopher Lobay
[ Basics_GrowlSnowLeo mod ] Basics_GrowlSnowLeo.zip

edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : Growl  growlStyle 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-978.html

LiTaG_cocoa
icn_LiTaG_cocoa.jpg
LiTaG_cocoa : リンクのためのアンカータグを生成するツール
OS10.3.9以上(UB)
フリーウェア


リンクのための <a href="http://hoge.com/" title="Title">Title</a> のようなアンカータグを生成するツール「LiTaG_cocoa」の紹介です。

ホームページやブログを持ってる人にとっては、リンクタグを作成するのに便利なアプリケーションです。


使い方は、Webブラウザで表示されているリンクや、アドレスバーのファビコンなどをウインドウにドラッグ&ドロップして登録します。
091005lit1.jpg
(FinderからインターネットロケーションファイルをドロップしてもOK)

これで、そのリンクを選択して command+C(Dafault) で、クリップボードにそのリンクタグをコピーします。
091005lit2.gif
(改行を除去したい場合は shift+command+C


コンテキストメニューからも、リンクタグをコピーできます。
091005lit3.gif



コピーされるタグの内容は、Default, 2nd, 3rd, 4th と4種類のパターンがあり、下記のようになります。(デフォルト設定のままの場合)

[ Default ] command+C

<a href="URI" title="TITLE">TITLE</a>



[ 2nd ] option+command+2

<a href="URI" title="TITLE" target="_new">TITLE</a>



[ 3rd ] option+command+3

<blockquote cite="URI" title="TITLE"><p><!-- text --></p></blockquote>



[ 2nd ] option+command+4

<q cite="URI" title="TITLE"><!-- text --></q>



これ他の設定は、環境設定( command+, )の「タグマクロ」タブから変更することができます。
091005lit4.gif



登録された項目をダブルクリック、もしくは command+I(アイ) でインスペクタウインドウが開きます。
091005lit5.gif
ここで「Title」「URI」の編集ができます。
(「Name」は LiTaG_cocoa で表示される名前で、リンクタグには反映されません)

また、各種リンクタグのパターンも表示されます。




登録したものを検索することもできます。
091005lit6.gif
虫眼鏡アイコンをクリックして、検索対象を選択できます。

環境設定の「アイテムリスト」タブでは、インクリメンタルサーチを有効にできます。
091005lit7.gif






この記事では LiTaG_cocoa 2.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : AYNiMac
Download page : Mac用アンカータグ作成ツール「LiTaG cocoa 2.2」

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : HTML 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-977.html

setWeblocThumb
icn_Binary
setWeblocThumb : ロケーションファイルのアイコンにサムネイルを貼付ける
コマンドラインツール
OS10.5以上(UB)
フリーウェア



インターネットロケーションファイル(.webloc)のアイコンにサムネイルを貼付けるコマンドラインツール「setWeblocThumb」の紹介です。

091004swt1.jpg

これを使うと、上記のようにインターネットロケーションファイルに、そのページのスクリーンショットをサムネイルとして貼付けることができます。



【 setWeblocThumb - インストール 】


インストール用のシェルスクリプトが用意されてるので簡単です。
ダウンロードしたときに一緒に「install.command」ファイルをダブルクリックしてターミナルで開きます。
091004swt2.gif
(豆知識 : シェルスクリプトのファイルに拡張子 sh の代わりに command と付けておくとスクリプトファイルをダブルクリックするだけでシェルスクリプトが実行される。sudo認証が必要な時は、ターミナル.appが自動的に起動してパスワードを要求する。『command拡張子が便利 | appling weblog』より)

returnキーを押すとパスワード入力を求められるので、管理者アカウントのパスワードを入力して returnキー を押します。
091004swt3.gif

インストールが無事完了すると、ターミナルで
「setWeblocThumb has been successfully installed.」という風に表示されます。

/usr/local/bin/setWeblocThumb
の場所にインストールされます。





【 setWeblocThumb - 基本的な使い方 】


インストール後に、ターミナルで

setWeblocThumb [オプション] <ファイルパス>

という風に記述して実行します。


例えば、デスクトップにある「setWeblocThumb.webloc」ファイルにサムネイルを貼付けたい場合は、下のようにします。

setWeblocThumb ~/Desktop/setWeblocThumb.webloc


これで returnキー を押して実行し、数秒(ちょっと時間が掛かる)すると、そのロケーションファイルに、そのページのスクリーンショットをサムネイルとして貼付けます。
091004swt4.jpg


このサムネイルは、「情報を見る」ウインドウを開いて一番上のアイコン部分を選択して deleteキー で削除して、元のアイコンに戻すことができます。
(『コピペしたアイコンの外し方』参照)


setWeblocThumb コマンドのオプションは下記のようになっています。
setWeblocThumb』より

usage: setWeblocThumb [options]

Sets custom icons for .webloc files that display
a thumbnail of the web page that they point to.

may point to a .webloc file or a directory
that contains .webloc files.

[options:]

-f sets icons also for files that already have a
custom icon (they are ignored by default).

+j sets Java on when taking screenshots
-j sets Java off when taking screenshots (default)

+js sets JavaScript on when taking screenshots (default)
-js sets JavaScript off when taking screenshots

+p sets browser plugins on when taking screenshots
-p sets browser plugins off when taking screenshots (default)

-d waits for seconds before taking the
screenshots.

-v makes the output verbose.

Version 0.8.0
(c) 2009 Ali Rantakari, http://hasseg.org/setWeblocThumb







【 setWeblocThumb - 自動的に処理する 】


launchctl を使う方法

setWeblocThumb のダウンロードページに書いてあった「launchctl」を使う方法です。これはデスクトップにインターネットロケーションファイルを作成すると、自動的にサムネイルを付けます。

ダウンロードしたファイルに「org.hasseg.setWeblocThumb.desktop.plist」ファイルというものがあります。
(「example launchAgents」フォルダの中)

このファイルを
/Users/登録アカウント名/Library/LaunchAgents/
に移動します。
(※「LaunchAgents」フォルダがなければ、その名前で作成する)



そして、CotEditorなどのテキストエディタや、Property List Editor などで、ファイルを開きます。

下の例は「Property List Editor」で開いてます。
091004swt5.gif
ここの「your_username」のところを、自分のホームフォルダの名前(ショートネーム)にして(2カ所)、上書き保存します。



最後にターミナルで

launchctl load ~/Library/LaunchAgents/org.hasseg.setWeblocThumb.desktop.plist

のコマンドを実行します。



これでWebブラウザのファビコンをドラッグ&ドロップするなどして作成した、デスクトップ上のインターネットロケーションファイルには、自動的にサムネイルが貼付けられます。
091004swt6.jpg





フォルダアクション(AppleScript)を使う方法

フォルダアクションを使って、ロケーションファイルにサムネイルを貼付ける方法です。フォルダアクションの設定って、1度やったらあまり変更することがなく忘れてしまうので、フォルダアクションの設定のやり方も自分用にメモ。Snow Leoprad で若干変わってるのもあるし。

Snow Leopard では、「スクリプトエディタ」→「AppleScript エディタ」と名前も変わり、保存場所も変わっています。
/Applications/Utilities/AppleScript Editor.app

この「AppleScript Editor」を起動して、下記のスクリプトを「setWeblocThumb.scpt」とか適当な名前で保存します。
on adding folder items to thisFolder after receiving addItems
repeat with eachItem in addItems
tell application "Finder"
if name extension of eachItem is "webloc" then
set thePath to (POSIX path of (eachItem as alias)) as string
try
do shell script "/usr/local/bin/setWeblocThumb -f " & quoted form of thePath
end try
end if
end tell
end repeat
end adding folder items to

保存場所は
~/Library/Scripts/Folder Action Scripts/
にします。(フォルダが存在しない場合は、その名前で作成する)



次にフォルダアクションを設定したいフォルダを選択して、サービスメニューから「フォルダアクション設定...」を実行します。
091004swt7.gif

「フォルダアクション設定.app」を起動してから、適用させるフォルダを選択してもOK。これも Snow Leopard で保存場所が変わってる。
/System/Library/CoreServices/Folder Actions Setup.app

これで先ほど作成した「setWeblocThumb.scpt」を選択します。
091004swt8.gif

とりあえず「ダウンロード」フォルダに設定してみた。
091004swt9.gif
(※「フォルダアクションを使用」のチェックを入れます)


これで「ダウンロード」フォルダにロケーションファイルが追加されると、自動的にサムネイルを貼付けます。
091004swt10.jpg

アイコンを大きく表示してみたり、CoverFlowで表示してみるとわかるけど、見出しの文字ぐらいは読める程度の鮮明さです。





他にも「Hazel」というアプリケーションを使ってやる方法もあるようです。

Task3」でもやれそうだけど、追加されてアイテムの情報を取得するのに、工夫が必要になりそう。






この記事では setWeblocThumb 0.8.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : hasseg.org
Download page : setWeblocThumb

edit

Internet | CM:4 | TB:0

tag : Thumbnail  Icon  Command-Line  AppleScript 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-971.html

DTerm
icn_DTerm.jpg
DTerm : ホットキーでウインドウを呼び出してコマンドラインを実行できる
Growl対応
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


Daily Link - soundscape out』で知った、ホットキーでウインドウを呼び出してUNIXのコマンドを入力・実行できる「DTerm」の紹介です。

コマンドラインを頻繁に使う人にとっては、かなり使いやすいアプリケーションだと思います。

091003dt2.jpg

起動して shift+command+return(デフォルト設定)のホットキーを入力すると、上のようなウインドウが開いて、コマンド入力、returnキー でコマンドを実行できます。

コマンドの実行結果は、DTerm のウインドウが伸びて下に表示されます。
過去のコマンドの実行結果を左右の「◀」「▶」ボタンで、ブラウズできます。


command+return でコマンドを実行すると、ターミナルでその結果を表示します。
091003dt3.gif



DTerm のすごいところは、例えばFinderで「書類」フォルダを開いているときにホットキーで呼び出すと、そのFinderウインドウの位置でそのフォルダをカレントディレクトリとします
091003dt4.gif
(特に選択していない場合は、ホームフォルダがカレントディレクトリになります。)

さらに、shift+command+V で選択しているアイテムをペーストできます。
091003dt5.jpg


Finderだけでなく、(おそらく)Cocoaアプリケーションのウインドウを表示しているときに、DTerm を呼び出すと、開いているファイルの親フォルダをカレントディレクトリとします。
091003dt1.gif



右端の歯車メニューからいろいろ操作できます。
091003dt6.gif
Pull Command from Resultsoption+command+ )」は、DTerm で表示している過去の結果から、コマンドを入力欄にペーストします。



環境設定で、ホットキーなどの設定ができます。
091003dt7.gif

Hide dock icon (require relaunch)」にチェックして、DTerm を再起動すると、バックグラウンドアプリケーションにできます。






この記事では DTerm 1.2 (5158) を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Decimus Software - Makers of Synk, Screen Mimic, and DTerm
Download page : DTerm: A command line anywhere and everywhere

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Command-Line 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-928.html

AozoReader
icn_AozoReader.jpg
AozoReader : 青空文庫の作品のXHTMLファイルを検索・管理・表示する
OS10.5以上(Intel)
フリーウェア


青空文庫の作品のXHTMLファイルを検索・管理・表示する、青空文庫専用のテキストリーダー「AozoReader」の紹介です。

090930azr1.jpg

初めて AozoReader を起動すると、青空文庫からデータを読み込んで、作品の一覧をブラウザウインドウに表示します。
090930azr2.gif
ツールバーのリロードボタンで、リストの内容を更新します。

すべての作品の一覧の「ライブラリ」と「ランキング」での一覧があります。

リストには、作品名、著者、翻訳者、更新日などが表示されます。
command+J で「表示オプション」が開くので、リストに表示したい項目を選択できます。
090930azr3.gif


ブラウザウインドウで、リストの項目をダブルクリック、または項目を選択して commandキー で、その作品を表示します。
下のように縦書き表示されます。
090930azr4.gif

(or command+, command+ )でページ移動します。

command+G でページ数指定。
090930azr5.gif


command+F でフルスクリーン表示します。
090930azr6.gif
(もう一度 command+F or esc で元に戻る)



ブラウザウインドウのサイドバーで「」ボタンで、新規フォルダを作って、お気に入りの作品などドラッグ&ドロップして登録して、整理することができます。
090930azr7.gif


また、option+command+N で新規スマートフォルダを作成できます。
090930azr8.gif
著者名で登録するときは、「姓」と「名」の間に半角スペースを入れないとうまく認識されない。



環境設定( command+, )で、作品表示のウインドウのフォントや文字色・背景色などが設定できます。
090930azr9.jpg
「白」背景だと、僕のツルテカiMacでは眩しくて見づらいので、こんな感じに黒っぽい背景にしています。






この記事では AozoReader 0.5.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : AozoReader ‎(AozoReader)‎
Download page : 上に同じ

edit

Schedule/Text | CM:0 | TB:0

tag : TextBrowser 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。