bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2008 / 08

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-642.html

Fireflies
icn_ScreenSaver
Fireflies : 七色の美しい軌跡のスクリーンセーバ
OS10.2.8以上(UB)
フリーウェア


ダイヤのようなものが浮遊して七色の美しい軌跡を見せるスクリーンセーバ
Fireflies」の紹介です。
080812ff1

デフォルトで入ってるスクリーンセーバ「Flurry」を派手にしたような感じです。
080812ff2


080812ff3






この記事では Fireflies version 10.1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : WhiteBox
Download page : WhiteBox - Fireflies 10.1.1
スポンサーサイト



edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : ScreenSaver 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-628.html

Spotlight Screen Saver
icn_qtz
Spotlight Screen Saver : 画面にスポットライトを照射したようなスクリーンセーバ
OS10.4(?)以上
フリーウェア


Spotlight Screen Saver - soundscape out』で知った、画面にスポットライトを照射したようなスクリーンセーバ「Spotlight Screen Saver」の紹介です。

スクリーンセーバが起動すると、全体が暗くなり、スポットライトで照らされた部分が明るく表示されたようになります。
080805sss1


この“スポットライト”の明かりがランダムに移動します。
080805sss2



インストールはダウンロードした
「Spotlight_Screen_Saver_by_Kar_ma.qtz」ファイルを

(単独ユーザで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/Screen Savers/

(すべてのユーザで使用する場合)
/Library/Screen Savers/

どちらかの場所に保存します。

これでシステム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバ」パネルを開けば、インストールしたQuartzComposerがスクリーンセーバとして使えるようになっています。






(ダウンロードリンク)
Site top page : ***
Download page : Spotlight Screen Saver by =Kar-ma on deviantART

edit

etc | CM:0 | TB:0

tag : ScreenSaver  QuartzComposer 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-637.html

USBCat
icn_USBCat
USBCat : USBデバイスを接続・着脱したときに猫の鳴き声を鳴らす
PreferencePane
OS10.4以上(UB)
フリーウェア(Proバージョンはシェアウェア)


USBデバイスを接続・着脱したときに「ミャ~」と猫の鳴き声を鳴らす、面白いシステム環境設定ペインの「USBCat」の紹介です。

インストール後に
メニュー > システム環境設定USBCat
を開き、「on」にチェックを入れると有効になります。
080811uc1

これでUSB機器を接続すると、「ミャ~」と可愛い猫の鳴き声で知らせてくれます。脱着するときには「ミャーッ⤴」と違う鳴き声になります。

多分3分くらい、意味も無くUSBを抜き差しすること間違い無し?


「Show Progress Window」にチェックすると、USB機器の抜き差し時に、小さなウインドウで知らせてくれます。
080811uc2


黄色枠の「Add」ボタンをクリックすると、下のようなウインドウが開き、個別のUSB機器の接続・脱着時の行動を設定することができます。
080811uc3

「Choose...」ボタンで、現在接続されているUSB機器のリストが表示され、どの機器に対しての行動かを選択します。

「When Connected」「When Disconnected」のタブで、接続時・脱着時、のどちらの行動かを選択します。

「Action」から右側のリストへドラッグ&ドロップして「行動」を設定します。
Proバージョンにアップグレードすると、USBメモリにバックアップする、アプリケーションを起動するなどの「行動」が使えるようになります。

機能的には「Do Something When」に似ています。






この記事では USBCat version 2.0.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Oneriver Software
Download page : USBCat

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : PreferencePane  Notification  funny 

+