bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2016 / 12

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-942.html

Quicksilver/ まとめ(2)
icn_Quicksilver
Quicksilver : ランチャ+システムの一部のような総合ユーティリティ
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


Quicksilver/ まとめ(1)』のつづき



【 Quicksilver まとめ - Plug-in 】


icn_qsplugin
プラグインをインストールすると、ActionObject などが追加され、Quicksilver の機能が増えて行きます。

機能が増えると、あまり使わないものに関しては、使い方をよく忘れてしまいます。特に「Action」に関してよく忘れるので、Actionの使い方を中心にプラグインの機能をまとめてみました。

ただ、すべてのプラグインを網羅している訳ではないので、「Quicksilver Quick Reference」(←PDF直リンク)のチートシートが参考になるでしょう。



Growl Notifier

Quicksilver を Growl に対応させる為のプラグイン。
071023qs175
Preferences > Handlers > Notification
で「Growl」を選択すれば、有効になる。

さらにGrowlの通知を細分化できるプラグイン「NotificationHub」プラグインは、IntelMacでは使えない。





iTunes Module

iTunes を Quicksilver からいろいろ操作する為のプラグイン。
071023qs188

Quicksilver のObjectに「iTunes」を呼び出し、/ or で最近再生したジャンル・曲・アルバム別・アーティスト別 などでiTunesのライブラリのブラウズすることができます。

(iTunes Module で追加されるAction)
    [ 記入例 ]
  • 1stPane(Object)2ndPane(Action)3rdPane (Argument)

    説明・・・という風に書いて行きます。

  • 曲・プレイリストなどPlay

    1stPaneの各ジャンル・アーティスト・アルバム・曲・ライブラリなどを iTunes で再生する

  • 曲・プレイリストなどAdd to End of Party Shuffle

    1stPaneの曲・アルバムなどをiTunesのプレイリスト「パーティーシャッフル」の最後に登録します

  • 曲・プレイリストなどPlay in Party Shuffle

    1stPaneの曲・アルバムなどをiTunesのプレイリスト「パーティーシャッフル」に登録し、その曲から再生します

  • 曲・プレイリストなどPlay Next in Party Shuffle

    1stPaneの曲・アルバムなどをiTunesのプレイリスト「パーティーシャッフル」に登録します。現在再生している曲はそのまま終わりまで再生し、その次の曲からパーティーシャッフルに登録した曲を再生します


(iTunes Module で追加されるObjects )
  • Recent Tracks(最近再生した曲)
  • Browse Genres(ジャンル別にブラウズ)
  • Browse Artists(アーティスト別にブラウズ)
  • Browse Composers(作曲者別にブラウズ)
  • Browse Albums(アルバム別にブラウズ)
  • Browse Tracks(曲をブラウズ)
  • 各プレイリスト(iTunesの各プレイリストをブラウズ)

  • iTunesを操作する為の各種AppleScriptなど(↓使用例)
    • Show Playing Track・Run(再生中の曲の情報を表示)
    • Play/Pause・Run
    • Play・Run
    • Pause・Run
    • Stop・Run
    • Next Song・Run
    • Previous Song・Run
    • Rewind・Run
    • Increase iTunes Volume・Run
    • Decrease iTunes Volume・Run
    • Mute・Run
    • Toggle Repeat・Run
    • Toggle Shuffle・Run
    • Set Rating to 0・Run
    • Set Rating to 1・Run
    • Set Rating to 2・Run
    • Set Rating to 3・Run
    • Set Rating to 4・Run
    • Set Rating to 5・Run
    • Increase Rating・Run
    • Decrease Rating・Run


(iTunes Module で追加される Proxy Objects )
  • Track Now Playing
  • Artist Now Playing
  • Album Now Playing
  • Current iTunes Selection
  • Current Playlist
  • Selected Playlist






Web Search Module

各種検索エンジンを使ってWeb検索を可能にするプラグイン
071023qs222

Catalogで「Web Search List」を追加し、ドロワーで各種検索エンジン用のURL、テキストエンコードなどを設定する。

(Web Search Module で追加されるAction)
  • 検索サイトSearch For...テキスト

    1stPaneに検索サイト、3rdPaneにテキストモードで検索語句を入力し、Webブラウザで検索結果ページを表示します。

  • テキストFind With...検索サイト

    1stPaneにテキストモードで検索語句、3rdPaneに検索サイトを選択し、Webブラウザで検索結果ページを表示します。

  • 検索サイトShow Results For Search...テキスト

    1stPaneに検索サイト、3rdPaneにテキストモードで検索語句を入力し、Quicksilverで検索結果を表示します。
    かなり使いづらいので使用不可にしておいた方がいい。






SafariStand Queries

SafariStandQuick Search を使っている場合のみ有効なプラグインです。

上記の「Web Search Module」での面倒な検索エンジンの登録を、SafariStand で使っているデータを簡単に取り込めるので楽です。





Services Menu Module

サービスメニューの項目を読み込み、それを Quicksilver の「Action」として使えるようにするプラグインです。
071023qs234

個人的にはこのプラグインは使用していませんでした。
サービスメニューを使うときは、たいていショートカットキーを使う場合なので、Quicksilver を経由して使うことはありませんでした。
また、ショートカットが設定されていないサービス項目でも Service Scrubber やシステム環境設定でショートカットキーを設定すれば問題なし。





Clipboard Module

クリップボード履歴を扱えるようにするプラグイン。
071023qs173
command+L でウインドウが表示、またウインドウを画面の端に持って行くとドロワーになる。

「Clipboard Module」は、使用環境によっては不具合があったり、メモリの大食いの原因となることもあるので、調子の悪い場合にはこのプラグインを使わず、Quicksilver以外の他のクリップボードユーティリティを使った方がいいと思います。





Shelf Module

テキストやファイル(パス)を一時的に保存しておくプラグイン。
「Shelf(棚)」のように、ちょっとしたものを一時保存するときに便利です。
071023qs285
option+command+S のホットキーでShelfウインドウが表示され、画面の端に持って行くとドロワーになる。

「Shelf Module」は、使用環境によっては不具合があったり、メモリの大食いの原因となることもあるので、調子の悪い場合にはこのプラグインを使わない方がいい。
XShelf が代替アプリケーションになり得ると思います)





User Interface Access

各アプリケーションのメニューバー項目を、Quicksilverに読み込んで操作できるようにするプラグイン。
071023qs238

システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」パネルで
補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れないと機能しません。

(User Interface Access で追加されるAction)
  • 起動中のアプリMenu Bar...メニュー項目

    1stPaneは起動中のアプリケーションを選択して、3rdPaneにそのアプリケーションのメニュー項目を表示し、それを実行する。

  • これ以外にもActionはあるけど、うまく機能しない。

これをTriggerでホットキーに設定して使うなら、DejaMenu を使った方がいい。





System HotKey Commands

Exposé・DashboardをQuicksilverから起動できるようにするプラグイン。
071023qs326

(System HotKey Commands で追加されるObjects )
1stPaneのObjectに設定して「Run」Actionで実行します。

単機能で使うことは少ないけど Trigger に設定して使う場合には、これらが必要になってくる。





Extra Scripts

Objectとして使う各種スクリプトを使えるようにします。
071023qs296

(Extra Scripts で追加されるObjects )
1stPaneのObjectに設定して「Run」Actionで実行します。

(一部機能しない、動作未確認のスクリプトもあります)





Mouse Triggers

マウスボタンやホットコーナーなどで、Triggerを実行できるようにするプラグイン。
071023qs301





Abracadabra Triggers

マウスジェスチャで Trigger を実行できるようにするプラグイン。
071023qs338





Calculator Module

Quicksilver に計算機の機能を付け加えるプラグイン。
071023qs246
= を入力後に計算式を入力して使う。





Unit Conversion Module

単位の換算をできるようにするプラグイン。
071023qs256

(Unit Conversion Module で追加されるAction)
  • 元の数値と単位Convert to Units...単位

    1stPaneに元の数値と単位、3rdPaneにテキストモードで変換したい単位を入力し実行すると、ウインドウを開き直して結果を表示します。

  • (例)1 inchConvert to Units...cm → (結果)2.54cm
    ※ 1stPaneの数字と単位の間に必ず半角スペースを入れる






File Compression Module

ファイル・フォルダをZipアーカイブなどに圧縮できるようにするプラグイン。
071023qs368

Preferences > Compression
から、「Compress (Create Archive)」Actionで作成するアーカイブの形式を選択します。

(File Compression Module で追加されるAction)
  • ファイルCompress (Create Archive)

    1stPaneのファイル・フォルダのZipアーカイブ(デフォルト設定)を同じ階層のフォルダ内に作ります。(複数アイテムの圧縮は不可)

  • ファイルCompress Using...圧縮形式

    1stPaneのファイル・フォルダを、3rdPaneで指定した圧縮形式(cpgz, tbz, cpio, zip, tgz)で、オリジナルと同じ階層のフォルダ内に作ります。(複数アイテムの圧縮は不可)

  • Decompress」Actionはなぜか機能しないけど、「Open」Actionでそのアーカイブを開くデフォルトアプリケーションにて解凍できる。






Disk Image Support

フォルダのディスクイメージの作成できるようにするプラグイン。
071023qs369

Catalog > Modules > Disk Utility Images
に「Disk Utility.app」で作ったディスクイメージが登録される。

(Disk Image Support で追加されるAction)
  • フォルダCreate Disk Image

    1stPaneにディスクイメージにしたいフォルダを選択して実行し、オリジナルのフォルダと同じ階層の場所に、ディスクイメージが作られます。

  • ディスクイメージCompress Disk Image

    1stPaneにディスクイメージを選択して実行し、同じ階層の場所に「.c.dmg」という拡張子のディスクイメージを作成。

  • ディスクイメージInternet-Enable Image

    1stPaneにディスクイメージを選択して実行し、(実際に機能するのか確かめてないけど)ダウンロードされたときに自己解凍するディスクイメージを作成。






Spotlight Module

Spotlight検索できるようにするプラグイン。
071023qs270

OS10.5ではほとんど機能しないので、インストールせずに普通にSpotlightを使った方がいい。





File Tagging Module

Spotlightコメントを「タグ」として用い、ファイルやフォルダにタグ付けしてファイル管理をし易くするプラグイン。
071023qs398

Quicksilver のObjectにタグを呼び出して、そこから (or / )で、そのタグの付いたファイルをブラウジングすることができます(File Tagging Module v117Intel専用)を使わないと機能しないかも?)。

Preferencesパネルの「Tags」カテゴリでSpotlightコメント(タグ)の接頭辞となる文字を設定する(デフォルト設定は「@」)。

(File Tagging Module で追加されるAction)
  • ファイルSet Tags...テキスト(タグ)

    1stPaneのファイル・フォルダ( , などで複数選択可)に対して、3rdPaneに入力したテキストを「タグ」として設定する。
    (既に何かしらのSpotlightコメント(タグ)が設定されていた場合はそれは削除される)

  • ファイルAdd Tags...テキスト(タグ)

    1stPaneのファイル・フォルダ( , などで複数選択可)に対して、3rdPaneに入力したテキストを「タグ」として追加設定する。

  • ファイルRemove Tags...テキスト(タグ)

    1stPaneのファイル・フォルダに対して、3rdPaneに入力したテキストの「タグ」を取り除く。

  • ファイルShow Tags...

    1stPaneのファイル・フォルダに設定してある「タグ」を、ウインドウを開き直して表示する。


※ File Tagging Module 73 のバージョンのものは、一部機能がOS10.5では使えなくなっています。Intel Macならば、File Tagging Module v117Intel専用)を使うといいでしょう。





File Attribute Actions

ファイル・フォルダに対して、カスタムアイコンの設定、(「タグ」ではなく純粋に)Spotlightコメントを付ける、ロック・アンロック、可視属性の設定を行うプラグイン。
071023qs416

(File Attribute Actions で追加されるAction)
  • ファイルSet Icon...アイコン

    1stPaneのファイル・フォルダに対して、3rdPaneのファイルに設定されているアイコンを、カスタムアイコンとして貼付けます。

  • ファイルSet Comment...テキスト

    1stPaneのファイル・フォルダに対して、3rdPaneのテキストをSpotlightコメントとして貼付けます。
    File Tagging Module のように接頭辞は付けない)

  • ファイルSet Label...カラーラベル

    1stPaneのファイル・フォルダに対して、3rdPaneのカラーラベルを設定します。

  • ファイルLock File

    1stPaneのファイル・フォルダをロックします。

  • ファイルUnlock File

    1stPaneのファイル・フォルダをアンロックします。

  • ファイルMake Invisible (hide)

    1stPaneのファイル・フォルダを「不可視」にします。

  • ファイルMake Visible (Show)...

    1stPaneのファイル・フォルダを「可視」にします。
    「.DS_Store」などの「.」で始まる元から不可視属性のファイルを、このActionで「可視」にしようとしても効果はありません。






Screen Capture Actions

スクリーンショットを撮影できるようにするプラグイン。
071023qs458
(※僕の場合だけかもしれないけど、不具合が出るのであまりオススメしない)

(Screen Capture Actions で追加されるObject)
「Run」Actionで実行する
  • Capture Screen(画面全体のショット撮影)
  • Capture Region(マウスドラッグで指定した範囲のショット撮影)
  • Capture Window(ウインドウ単位でもショット撮影 ※なぜか機能しない)






Image Manipulation Actions

画像ファイルのフォーマット・サイズ変換などをできるようにするプラグイン。
071023qs378

(Image Manipulation Actions で追加されるAction)
  • 画像ファイルSave Image in Format...テキスト(画像形式の拡張子)

    1stPaneに画像ファイル、3rdPaneにテキストモードで変更するフォーマットの拡張子などを入力して実行し、元のファイルと同じ階層のフォルダに作られます。

  • 画像ファイルScale Image...テキスト(画像サイズなど)

    1stPaneに画像ファイル、3rdPaneにテキストモードで変更する画像サイズなどを入力して実行し、指定した画像サイズのものが元のファイルと同じ階層に作られます。






Text Manipulation Actions

テキストファイル(.txt)をQuicksilver上で扱えるようにするプラグイン。
071023qs451

1stPaneのObjectにテキストファイルを表示して、 or / で、そのテキストファイルの各行ごとの内容を Quicksilver上でブラウズできます。

(Text Manipulation Actions で追加されるAction)
  • テキストAppend To...テキストファイル(.txt)

    1stPaneのテキストを、3rdPaneのテキストファイル(拡張子「.txt」)の最後の行の後に、新たな行として付け加えます。

  • テキストファイル(.txt)Append Text...テキスト

    1stPaneのテキストファイル(拡張子「.txt」)の最後の行の後に、3rdPaneのテキストを新たな行として付け加えます。
    1stPaneのテキストファイルを or / でブラウズしてからでも、実行可能です。

  • テキストPrepend To...テキストファイル(.txt)

    1stPaneのテキストを、3rdPaneのテキストファイル(拡張子「.txt」)の最初の行に、新たな行として付け加えます。

  • テキストファイル(.txt)Prepend Text...テキスト

    1stPaneのテキストファイル(拡張子「.txt」)の最初の行に、3rdPaneのテキストを新たな行として付け加えます。
    1stPaneのテキストファイルを or / でブラウズしてからでも、実行可能です。

  • テキストファイル(.txt)の行Change To...テキスト

    1stPaneでテキストファイル(拡張子「.txt」)を or / でブラウズし各行を表示させ、3rdPaneのテキストをその行の内容と入れ替えます。

  • テキストファイル(.txt)の行Delete Line (UNSTABLE)

    1stPaneのテキストファイル(拡張子「.txt」)からブラウズして表示した行を削除します。名前の通り不安定なAction。






Apple Mail Module

Mail.appをいろいろ操作できるようにするプラグイン。
071023qs469

これと一緒に「Email Support」プラグインもインストールされます。

1stPaneのObjectにMail.appを表示して or / でブラウジングできるようになり、各メールボックスや個別メールに Quicksilver からアクセスできるようになります。

(Apple Mail Module で追加されるAction)
  • Mail.appOpen New Mail

    1stPaneに「Mail.app」に設定して実行し、受信ボックスの未読メールを、Mail.appの新規ウインドウで表示します。未読メールがない場合は何も起こりません。

  • Mail.appGet New Mail

    1stPaneに「Mail.app」に設定して実行し、Mail.appで設定しているすべてのアカウントでメールを受信します。

  • メール, メールボックスOpen

    1stPaneに「Mail.app」の受信メール・送信済みメール・メールボックスなどを設定して実行し、それをMail.appの新規ウインドウで表示します。

  • メールDelete

    1stPaneに「Mail.app」の受信メール・送信済みメールなどを設定して実行し、そのメールをゴミ箱に移動します。


(Email Support で追加される(?)Action)
  • EmailアドレスCompose Email

    1stPaneで入力・選択したEmailアドレスで、新規メールを作成します。


  • テキストEmail To...(Compose)Emailアドレス

    1stPaneにテキスト(このテキストの内容がタイトルとメール本文になる)、3rdPaneにアドレスを選択し、メールクライアントで新規メールを作成します。これを実行した時点ではメールは送信されていません。
    1stPaneと3rdPaneが逆でも機能します。

  • テキストEmail To...(Send)Emailアドレス

    1stPaneにテキスト(このテキストの内容がタイトルとメール本文になる)、3rdPaneにアドレスを選択し、メールクライアントで新規メールを作成し、即座にメール送信します。
    1stPaneと3rdPaneが逆でも機能します。


  • EmailアドレスEmail Item...(Compose)テキスト or 添付ファイル

    1stPaneにアドレス、3rdPaneにテキストか添付ファイルを選択して実行すると、デフォルトのメールクライアントで新規メールを作成します。
    これを実行した時点ではメール送信されません。

    添付ファイルを付けるだけなら
    添付ファイルOpen With...Mail.app
    (1stPaneと3rdPaneが逆でも可)も使えます。

  • EmailアドレスEmail Item...(Send)テキスト or 添付ファイル

    1stPaneにアドレス、3rdPaneにテキストか添付ファイルを選択して実行すると、デフォルトのメールクライアントで新規メールを作成し、即座にメール送信します。






Apple Address Book Module

Address Book.appの内容にアクセスできるようにするプラグイン。
071023qs393

Objectに「Address Book」を呼び出し、 or / でブラウズして(カードを直接Quicksilverで呼び出すこともできる)、各カード、そのカードに入力されている住所・ホームページURL・Emailアドレスなどにアクセスできます。

(Apple Address Book Module で追加されるAction)
  • アドレスカードShow Contact

    1stPaneのアドレスブックのカードを「Address Book.app」を開いて表示します。

  • アドレスカードAdd Note...テキスト

    1stPaneのアドレスブックのカードのメモ欄に、3rdPaneで入力したテキストを付け足します。

  • アドレスカードEdit Contact

    1stPaneのアドレスブックのカードを「Address Book.app」を開いて、編集モードで表示します。






Gmail Module

Gmailを操作できるようにするプラグイン。
071023qs496

Gmail Module は「Google Notifier」をインストールして、Googleアカウント情報を設定しておかないと、うまく機能しない?ようです。

Preferences > Handlers > Email で「Google Notifier」を選択、
Preferences > Email Option >Custom From Address で自分のGmailのアドレスを入力しておく。

(Gmail Module で使えるAction)
「Email Support」プラグインの各種Actionを使えるようになります。

  • EmailアドレスCompose Email

    1stPaneで入力・選択したEmailアドレスで、新規メールを作成します。(Google Notifier で設定しておいたメールクライアントで)

  • テキストEmail To...(Compose)Emailアドレス

    1stPaneにテキスト(このテキストの内容がタイトルとメール本文になる)、3rdPaneにアドレスを選択し、メールクライアントで新規メールを作成します。これを実行した時点ではメールは送信されていません。
    1stPaneと3rdPaneが逆でも機能します。

  • EmailアドレスEmail Item...(Compose)テキスト

    1stPaneにアドレス、3rdPaneにテキストを選択して実行すると、デフォルトのメールクライアントで新規メールを作成します。
    これを実行した時点ではメール送信されません。






Google Calendar Module

「Google Calendar」に予定をUPできるようにするプラグイン。
071023qs475

(Google Calendar Module で追加されるAction)
  • テキスト(予定)Google Calendar Event

    1stPaneにテキストモードで予定を入力し(例「お買い物 3/20 10:00」)、実行すると Googleカレンダーにその予定をUPします。
    実行時には、GrowlなどでUPされたかどうか表示されます。

    これを初めて実行するときは、Googleのアカウント情報を入力するダイアログが表示される。


    予定の記入パターンはいろいろあるけど、「イベント 日付 時間」がいいと思います。






iCal Module

iCalのイベント・ToDo項目をUPできるようにするプラグイン。
071023qs486

(iCal Module で追加されるAction)
  • テキスト(予定)Create iCal Eventカレンダ※

    1stPnaeにテキストモードで予定(例「3/20 10:00 -- お買い物」)を書き込んで実行し、iCalのイベントを登録します。
    イベントの記入パターンはいろいろあるけど「日付 時間 -- イベント名」の書き方がいいでしょう。

    ※3rdPaneでiCalに登録している「カレンダー」を選択できるはずですが、なぜか機能しない。

  • テキスト(ToDo項目)Create iCal To-Doカレンダ※

    1stPnaeにテキストモードでToDo項目(例「3/22 -- !! BackUP」)を書き込んで実行し、iCalのToDoを登録します。
    ToDo項目の記入パターンはいろいろあるけど「日付 -- !!! ToDo項目」の書き方がいいでしょう。
    「!」「!!」「!!!」は優先度を設定します。

    ※3rdPaneでiCalに登録している「カレンダー」を選択できるはずですが、なぜか機能しない。






Automator Module

Automatorのワークフローを Quicksilver上で実行できるようにするプラグイン。
071023qs516

このプラグインを使うなら、ワークフローを保存しているフォルダ
/Library/Workflows/
/Users/登録アカウント名/Library/Workflows/
Catalogに登録しておくといいでしょう。

(Automator Module で追加されるAction)
  • ワークフローExecute Workflow

    1stPaneにワークフローを選択して、そのワークフローを実行します。






Safari Module

Safariのブックマーク・履歴にアクセスできるようにするプラグイン。
071023qs488

Catalog > Modules > Safari
に「Safari Bookmarks」「Safari History」が追加され、Quicksilver上でそれらを呼び出したり、ブラウズできるようになります。

また、Objectに「Safari」を呼び出した後に or / で、ブックマーク・履歴にアクセスできるようになります。





Firefox/Mozilla Module

Firefoxのブックマーク・履歴にアクセスできるようにするプラグイン。
Catalog > Modules > Firefox
に「Firefox Bookmarks」「Firefox History」が追加され、Quicksilver上でそれらを呼び出したり、ブラウズできるようになります。

ただし、日本語は文字化けしてしまうので、実質使いものにならない。





Camino Module

WebブラウザのCamino のブックマークにアクセスできるようにするプラグイン。
Catalog > Modules > Camino Bookmarks
が追加され、Quicksilver上でそれらを呼び出したり、ブラウズできるようになります。





Social Bookmarks

deliciousMa.gnolia のブックマークを Quicksilver上で呼び出して扱えるようにするプラグイン。
071023qs505

Catalogパネルの「+▼」メニューから「Social Bookmarks」項目を追加し、それを選択しドロワーを開いてdeliciousの[UserName][Password]を入力する。
※ Password は8文字以内でないと、機能しない。

Objectにdeliciousの「タグ」を呼び出して or / で、そのタグの付いた各ブックマークをブラウズさせることができます。





IconGrabber

アイコンを画像ファイルとして保存できるプラグイン。
(サードパーティ製のアプリケーションに付属するプラグインです)
080404ig7

(IconGrabber で追加されるAction)
  • アイコンSave Icon As...フォーマット

    1stPaneに画像を取り出したいアイコン、3rdPaneでフォーマット(tiff, png, jpg, bmp, gif)を指定して実行すると、ホームフォルダに「○○○-icon.拡張子」というファイル名で画像ファイル(128px)が保存されます。

  • アイコンSave Icon To...保存先フォルダ

    1stPaneに画像を取り出したいアイコン、3rdPaneで保存先フォルダを指定して実行すると、「○○○-icon.png」というファイル名で画像ファイル(128px)が保存されます。






SimpleToDo

「SimpleToDo」にToDo項目をUPするためのプラグイン。
(サードパーティ製のアプリケーションに付属するプラグインです)
080405std10

(SimpleToDo で追加されるAction)
  • テキスト(ToDo項目)Add Task to SimpleToDo

    1stPaneにテキストモードで ToDo項目 を入力して実行すると、SimpleToDo のToDoリストに 1stPaneのテキスト内容がUPされます。






Do It Module

「Do It」のToDo項目をUPしたりするプラグイン。
(サードパーティ製のアプリケーションに付属するプラグインです)
080407di20

(Do It Module で追加されるAction)
  • テキスト(ToDo項目)Make Do It to do list entry

    1stPaneにテキストモードでToDo項目を入力して実行すると、カテゴリを選択して「Do It」のToDo項目に1stPaneで入力した内容がUpされます。

  • EmailアドレスCreate Email Remainder in Do It

    1stPaneでテキストモードでEmailアドレスを入力、または Apple Address Book Module を使って読み込んだアドレスブックカード、Emailアドレスを選択して実行すると、カテゴリを選択して「Do It」に1stPaneで選択したアドレスにメールするToDoがUpされます。

  • Address Book のカードCreate Call Remainder in Do It

    1stPaneに Apple Address Book Module を使って読み込んだアドレスブックカードを選択して実行すると、カテゴリを選択して「Do It」に1stPaneで選択した相手に電話するToDoがUpされます。






Help Search

Quicksilver のActionとして使えるAppleScript。Help Viewer の検索をQuicksilver上でできるようになります。
080411hs3

~/Library/Application Support/Quicksilver/Actions
(※「Actions」フォルダがない場合は作る)
に保存して、Quicksilverを再起動すると使えるようになります。

(Help Search の使い方)
  • テキスト(検索語句)Help Search

    1stPaneにテキストモードで 検索したい語句を入力して、2ndPaneで「Help Search」を選択して実行すると、Help Viewer が起動して、その検索結果のページを表示します。

  • Help Search.scptProcess Text...テキスト(検索語句)

    1stPaneに「Help Search.scpt」のAppleScript、3rdPaneにテキストモードで検索語句を入力して実行すると、Help Viewer が起動して、その検索結果のページを表示します。




似たようなAppleScriptで「Show Help」ってものもあります。(要Help Book.osax

こちらの場合は、1stPaneにアプリケーションを選択して実行し、そのアプリの「Help Book」を表示します。





Terminal Module

Quicksilver上から直接ターミナルを操作したり、シェルスクリプト、コマンドを実行できるようにするプラグイン。
080702qs3

(Terminal Module で追加されるAction)
  • シェルスクリプトRun [...]引数※

    1stPaneのシェルスクリプトを実行します。

    ※3rdPaneで引数を指定できるはずなんだけど、うまく機能しない。

  • シェルスクリプトRun in Terminal [...]引数

    1stPaneにシェルスクリプト、3redPaneに引数を設定して、それをターミナル上で実行します。

  • テキスト(コマンド)Run Command in Shell

    1stPaneにテキストモードでコマンドを入力して、それをQuicksilver上で直接実行します。

  • テキスト(コマンド)Run a Text command in Terminal

    1stPaneにテキストモードでコマンドを入力して、それをターミナル上で実行します。

  • フォルダGo To Directory in Terminal

    1stPaneにフォルダを選択して(テキストモードでフォルダのパスを入力してもOK)実行すると、それをカレントディレクトリとしてターミナルを開きます。
    ターミナルで「cd」を実行したのと同じ結果が得られます。

  • UNIXコマンドShow Man Page

    1stPaneのにUNIXコマンドファイルを選択して実行すると、ターミナル上で、その manページ を表示します。
    ターミナルで「man ○○○」を実行したのと同じ結果が得られます。

    このActionを使うなら、Catalogで「/usr/bin」とかのディレクトリを登録しておくといいでしょう。






Command Line Tool (qs)

コマンドラインで Quicksilver を操作できるように「qs」コマンドを提供するプラグイン。
Preferences > Command Line Tool
の「Install」ボタンで、/usr/bin/ に「qs」コマンドがインストールされます。

qs --help

のコマンドをターミナルなどで実行すると、使い方が表示されます。

qs ~/Desktop

例えば、上のコマンドを実行すると Quicksilver の1stPaneのObjectに「デスクトップ」フォルダが表示されます。

qs -s ~/Desktop

と「-s」のオプションを付けると、「Shelf」にデスクトップフォルダを登録できます。

echo 'Hello World' | qs

とすると、Objectにテキスト「Hello World」と表示します。





TextMate Ranker

Quicksilver でキーボードで文字入力してアプリケーションなどを呼び出すときに、それにマッチする項目を選出するアルゴリズムを、新たに追加するプラグイン。
(一部のActionが使用できなくなる不具合があるので、あまりオススメできない)

Preferences > Handlers > String Ranker
の項目を「TextMate Ranker」に設定して、Quicksilver を再起動すると有効になります。

例えば、Quicksilver を操作していて「AM」とか入力すると、Objectに「Amazon.co.jp」とかが上位に表示され、その言葉の頭の方の文字が優先されるアルゴリズムになっています。

TextMate Ranker を使用した場合、「AM」とか入力すると「Activity Monitor」とかが上位に表示され、その言葉の中の大文字が優先されるアルゴリズムになります。





Developer Module

Developer Tools のアプリケーション・フレームワークなどをCatalogに登録するプラグイン。

別にこのプラグインをインストールしなくても、自分でCatalogに登録した方がいいと思うので、インストールする必要はないと思います。





Constellation Menus

サークル状のメニューインターフェイスで Quicksilver を操作できるようにするプラグイン。
080724qs10080724qs18

このメニューインターフェイスでは、ほとんどの操作をマウスで行います。
よって「Mouse Triggers」「Abracadabra Triggers」と併用して、Triggerに登録して使うのがいいでしょう。

(Constellation Menus で追加されるAction)
  • ファイルなどShow Radial Action Menu

    1stPaneのObjectにファイル・フォルダや、Proxy Object などを配置して実行すると、サークル状のメニューが開き(上画像の右)、そのObjectに対して実行できるActionが周囲に配置されます。
    それらのActionのどれかをクリックすると、そのコマンドを実行します。

  • ファイルなどShow Radial Menu

    1stPaneのObjectに、フォルダや一部のアプリケーション、Proxy Object、要するに下部階層にアクセスできるものを配置して実行すると、サークル状のメニューが開き(上画像の左)、そのObjectの下部階層のものが周囲に配置されます。
    それらのどれかをクリックすると、そのObjectに対するデフォルトのActionで実行します。

    右クリックすると、さらに上記の「Show Radial Action Menu」が開いてActionを選択できます。






AirPort Module

AirMacのネットワークをQuicksilver上に表示して それに接続したり、AirMacのON/OFFの切り替えるプラグイン。
080825ap2

(AirPort Module で追加されるAction)
  • ネットワークSelect Network

    1stPaneにネットワークを選択して実行すれば、そのネットワークに接続することができます。


Catalog > Quicksilver > Internal Commands
で「Turn AirPort Off」「Turn AirPort On」のObjectが使えるようになるので、「Run」Actionで実行すれば、AirMacのON/OFFの切り替えが Quicksilver でできるようになります。





Network Location Module

ネットワーク環境の設定の切り替えを、Quicksilver上でできるようにするプラグイン。
080830qs5

システム環境設定ネットワーク で複数のネットワーク環境を設定している場合に、QuicksilverのObjectとして、それぞれのネットワーク接続設定を呼び出すことができます。

(Network Location Module で追加されるAction)
  • ネットワーク環境Switch to Location

    1stPaneのObjectにネットワーク環境を選択して実行すると、その接続設定に切り替えます。






Keychain Module

各キーチェーンに登録されているパスワードを、Quicksilver上に呼び出し、クリップボードにコピーしたりできるプラグイン。
080805qsk3

Objectに「キーチェーンアクセス.app」を呼び出して、 or / で各キーチェーンにブラウズでき、さらにブラウズして「インターネットパスワード」などにアクセスできます。

(Keychain Module で追加されるAction)
  • キーチェーン項目Copy Password

    1stPaneにキーチェーン項目を選択して実行すると、クリップボードにそのパスワードがコピーされます。

  • キーチェーン項目Paste Password

    1stPaneにキーチェーンの項目を選択して実行すると、最前面のアプリケーションでそのパスワードを直接ペーストします。
    (僕の環境では機能しない)

  • キーチェーン項目Get Password

    1stPaneにキーチェーンの項目を選択して実行すると、Quicksilver のウインドウをもう一度開き直し、パスワードを「テキスト」のObjectとして、1stPaneに配置します。






File Tagging Module v117

081029qs1

上記にもあった「File Tagging Module」のバージョンアップしたもの。
OS10.5で一部使えなくなっていた機能が、ちゃんと機能するようになります。
ただし Intel 専用で、PowerPCでは使えません。





CLIX Module

コマンドラインをまとめてファイルに保存して実行もできるアプリケーションの「CLIX」で作成したファイル(拡張子「.clix」)を、Quicksilver上でブラウジングできるようにするプラグイン。

役に立ちそうにもないので、インストールしない方がいいでしょう。





Flickr Upload

Quicksilverを使って画像ファイルを簡単に Flickr にアップロードできるようにするプラグイン。
090106qs5

(Flickr Upload で追加されるAction)
  • 画像ファイルUpload to flickr [with Tags]...テキスト(タグ)

    1stPaneに画像ファイルを選択し、tabキー で3rdPaneに移動し、付加したいFlickrでのタグを入力して実行して、Flickrに画像をアップロードします。
    3rdPaneを省いて、タグなしでアップロードすることもできます。






Desktop Picture Action

デスクトップピクチャを変更する為のプラグイン。
古くて?機能しないのでインストールする必要なし。

この記事では、代わりにAppleScriptでデスクトップピクチャを変更するやり方を説明しています。





Remember The Milk for Quicksilver

Remember The Milk」にタスクをアップする為のサードパーティ製のプラグイン。
090105rmq9

Preferences > Remember The Milk
で「Start」ボタンをクリックし、Webブラウザで「Remember The Milk」にログイン後に「OK, I'll allow it」を選択して、Quicksilverからアクセスすることを許可する。
もう一度 Preferencesパネルに戻って「Finish」ボタンをクリックして準備完了。

(Remember The Milk for Quicksilver で追加されるAction)
  • RememberTheMilkのリストAdd Task...テキスト(タスク内容)

    1stPaneに Remember The Milk のリスト、3rdPaneにテキストモードでタスク内容を入力して実行し、タスクをアップします。

  • テキスト(タスク内容)Create Task in...RememberTheMilkのリスト

    1stPaneにテキストモードでタスク内容を入力、3rdPaneに Remember The Milk のリストを選択して実行し、タスクをアップします。

    タスク内容を入力するときに「タスク 日付 時間」という書き方をすれば、そのタスクの期日を設定することができます。
    例「ミルクを買う 1/8 14:00」
    他にも書き方のパターンはあるけど、この形が一番使い易いと思います。






Quicksilver/ テンプレートファイルを使う

プラグインの話じゃないけど、「Make New...」Actionの使い方について。
071023qs433

(「Make New...」Actionの使い方)
あらかじめ、ひな形(テンプレート)となるファイルを

/Users/登録アカウント名/Library/Application Support/Quicksilver/Templates/

に保存しておきます。

  • 保存先フォルダMake New...テンプレートファイル

    1stPaneに保存先のフォルダ、3rdPaneでテンプレートファイルを選択して実行すると、指定したフォルダにそのテンプレートを元に作られた「Untitled」ファイルが作られて Quicksilver のウインドウを再度開き直してObjectとして表示します。






▽ 以下、インターフェイス(スキン)を追加する為のプラグイン
 『Quicksilver/ インターフェイスいろいろ』参照

▶ Primer Interface(コアプラグイン)

071023qs352





▶ Bezel Interface(コアプラグイン)

071023qs353





▶ Cube Interface

071023qs354071023qs355





▶ Flashlight Interface

071023qs356





▶ Window Interface

071023qs357





▶ Mini Interface

071023qs358





▶ Menu Interface

メニューバー全体を覆いかぶせるようにして、表示されます。
071023qs359





▶ Bezel Pro

僕の環境だけかもしれないけど、これを入れているとどうも不具合が多い気がする。
071023qs362

(ダウンロードリンク)
Site top page : Vacuous Virtuoso ― Despotic Development
Download page : Bezel Pro - Incredible interface





▶ Fumo Interface

071023qs363

(ダウンロードリンク)
Site top page : Vacuous Virtuoso ― Despotic Development
Download page : Fumo - Quicksilver Smokin'





▶ Showcase

071023qs364

(紹介動画)
YouTube - QuickSilver Interface - Showcase

(ダウンロードリンク)
Download page : Julius Eckert » Projects





▶ Bezel HUD

071023qs365

(紹介動画)
YouTube - Quicksilver Interface - Bezel HUD Final

(ダウンロードリンク)
Download page : Julius Eckert » Projects





▶ SilverFlow

071023qs435

(紹介動画)
YouTube - SilverFlow Beta 2

(ダウンロードリンク)
Download page : Julius Eckert » Projects






【 Quicksilver まとめ - 最後に 】


Quicksilver は不安定なアプリケーションというイメージがありますが、たいていは適切なバージョンアップが施されないプラグインが「不安定」の原因となっていることが多いです。

なので、プラグインをインストールしてみて、調子が悪いようなら、そのプラグインの使用を停止した方がいいでしょう。

海外の Quicksilver のフォーラムを覗いていると、調子の悪い原因として「Clipboard Module」と「Shelf Module」であることが多いです。

2つとも便利なプラグインで、僕の環境では問題なく使えていましたが、環境によってはうなく機能しないことが多いです。

特に「Clipboard Module」の Preferencesパネルの設定で、履歴保持数を増やしすぎないように注意した方がいいです。
CPUをかなり占有したり、メモリの大食いとかの原因になる場合があります。



サーバーが落ちてたりとかして、プラグインを正規にダウンロードできないとか、そういう場合、『<< shiftedbits » Quicksilver Plugins』のサイトから、いざとなったらダウンロードできます。
ただし2次配布なので自己責任で。



今の Quicksilver の最新版は B56だけど、当ブログでの説明は B54 (3815) を使っています。
微妙に使い勝手が違うので、注意して下さい。







この記事では Quicksilver B54(3815) を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Blacktree
Download page : Blacktree
※Safariでダウンロードするなら「QS.3815.dmg.bz2」の「.bz2」を外してディスクイメージとして解凍



(関連記事)
Quicksilver
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Widgetを起動する
Quicksilver/ QuickLookを表示
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ ブラウズに便利な操作
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について + Growl Notifier Plug-in
Quicksilver Plug-in/ iTunes Module
Quicksilver Plug-in/ Web Search Module
Quicksilver Plug-in/ SafariStand Queries
Quicksilver/ advanced features について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver Plug-in/ Services Menu Module
Quicksilver Plug-in/ Clipboard Module
Quicksilver Plug-in/ Shelf Module
Quicksilver Plug-in/ User Interface Access
Quicksilver Plug-in/ System HotKey Commands
Quicksilver Plug-in/ Extra Scripts
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(2)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(3)
Quicksilver Plug-in/ Calculator Module
Quicksilver Plug-in/ Unit Conversion Module
Quicksilver Plug-in/ File Compression Module
Quicksilver Plug-in/ Disk Image Support
Quicksilver Plug-in/ Spotlight Module
Quicksilver Plug-in/ File Tagging Module
Quicksilver Plug-in/ File Attribute Actions
Quicksilver/ Droplet Item について
Quicksilver/ テンプレートファイルを使う
Quicksilver/ インターフェイスいろいろ
Quicksilver/ パスを読み取る
Quicksilver Plug-in/ Screen Capture Actions
Quicksilver Plug-in/ Image Manipulation Actions
Quicksilver Plug-in/ Text Manipulation Actions
Quicksilver Plug-in/ Apple Mail Module
Quicksilver Plug-in/ Apple Address Book Module
Quicksilver Plug-in/ Gmail Module
Quicksilver Plug-in/ Google Calendar Module
Quicksilver Plug-in/ iCal Module
Quicksilver Plug-in/ Automator Module
Quicksilver Plug-in/ Safari・Firefox・Camino Module
Quicksilver Plug-in/ Social Bookmarks
Quicksilver B5X --- オープンソース化後に作られたもう一つのQuicksilver
IconGrabber --- アイコンから画像ファイルを作成する
SimpleToDo --- シンプルなToDoリスト
Do It --- リマインダとしても使えるToDo管理ツール
Help Search --- ヘルプビューアで検索を実行する AppleScript
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(1)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(2)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(3)
Quicksilver/ キーボード操作でウインドウを動かす
Quicksilver/ 「英数」入力でQSを呼び出す
Quicksilver Plug-in/ Terminal Module
Quicksilver Plug-in/ Command Line Tool (qs)
Quicksilver/ ファイル名でSpotlight検索
Quicksilver Plug-in/ TextMate Ranker
Quicksilver Plug-in/ Developer Module
Quicksilver Plug-in/ Constellation Menus
Quicksilver Plug-in/ AirPort Module
Quicksilver Plug-in/ Network Location Module
Quicksilver Plug-in/ Keychain Module
Quicksilver/ Preferences の設定
Quicksilver B56 を試してみる
Quicksilver Plug-in/ File Tagging Module v117
Quicksilver Plug-in/ CLIX Module
Quicksilver Plug-in/ Flickr Upload
Quicksilver Plug-in/ Desktop Picture Action
Remember The Milk for Quicksilver
Quicksilver/ キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!
Quicksilver/ Trigger の設定例
Quicksilver/ まとめ(1)
Quicksilver/ まとめ(2)

edit

Quicksilver | CM:1 | TB:0

tag : Quicksilver 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-522.html

Quicksilver/ まとめ(1)
icn_Quicksilver
Quicksilver : ランチャ+システムの一部のような総合ユーティリティ
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


4月の終わりに LaunchBar を購入したので、(あまりアップデートが期待できない)Quicksilver はもう使わないだろうと思います。

とは言え、Quicksilver が素晴らしいソフトであることに変わりはありません。

このブログで書いてきた Quicksilver の記事は多く、いまのところ B54 のバージョンではまだまだ便利に使えるので、最後に自分で書いてきた Quicksilver の記事の「まとめ」をやっておきたいと思います。




【 Quicksilver まとめ - 基本の操作 】


Quicksilver

基本的な Quicksilver の概略説明
  • Quicksilver を呼び出すホットキーは control+Space
    (JISキーボードなら 修飾キー + 英数キー(or かなキー)に設定することも可能)


  • 基本的な使い方は ホットキーで Quicksilver を呼び出し、
    1st Pane(第1ペイン) --- Object(対象ファイル)
    2nd Pane(第2ペイン) --- Action(行動)
    3rd Pane(第3ペイン) --- Argument(引数)
    にそれぞれの各ペインで半角英数で文字入力して、ObjectやActionを選び出し、returnで実行します。
    071023qs4
    (3rd Pane は使わない場合もある)

    ペインのフォーカス移動は tabキー で行い、各ペインで文字入力すると、その文字で始まる(or 含む)候補のリストが表示される。
    071023qs5
    で候補から選択します。
    さらに文字入力して候補を絞り込むこともできます。


  • Preferencesパネルで「Reset search after」のチェックを外しておいた方が使いやすい。
    (Quicksilver のウインドウで文字入力するときに、時間が経過しても入力した文字をリセットしなくなります。)


  • 候補ウインドウの項目の最後に「>」が表示されているときは、下部階層にブラウジングできる(フォルダやブックマークなど)。
    or / で下部階層に進む
    or shift+/ で上部階層に戻る

    ファイルブラウジングしている場合、option+ or option+/不可視ファイルを表示したり、アプリケーションなどのパッケージ内をブラウズすることができます。


  • ,(コンマ) を入力すると、複数のアイテムを選択することができる。
    071023qs12


  • .(ピリオド) を入力すると、テキストモードになり文章を入力できる。
    071023qs13
    テキストモードで改行するときは option+return


  • command+esc のホットキーでサービスメニューの「Get Current Selection (Internal)」を実行し、Cocoaアプリケーションで選択しているテキストやFInderで選択しているアイテムを Quicksilver に送ることができます。

    Finderで選択しているアイテムに関しては command+G のホットキーで Quicksilver でピックアップできる。


  • テキストモード以外では日本語入力は厳しい
    例えばグラブを呼び出すときなどは、英語名の「GRAB」と入力して呼び出します。






Quicksilver/ 基本的な使用例

  • Quicksilver のObjectやActionを文字入力で呼び出すとき、過去に入力したものをキャッシュして行き、使えば使うほどによく使うものが上位に表示されるようになっています。

    自分でよく使うアイテムを、ある文字入力に対して上位に表示させたい場合は、文字を入力したときに表示される候補ウインドウの項目をコンテキストメニューで「Set as Default for "○○"」に設定します。
    071023qs20
    次回から、その文字を入力したときには最初にそのアイテムが表示されるようになります。


  • Quicksilver で文字入力して、最初に表示されるアイテムは、その文字を長押しすることによって、そのコマンドを実行することができます。

    例えば、Quicksilver を呼び出して「M」を長押しすると、Mail.app が起動します。
    071023qs23
    (「M」に対してデフォルトが Mail.app で且つ、「Open」Actionを上位にランク付けしている場合)






Quicksilver/ Catalogの設定

1stPaneのObjectに表示されるアイテムは、Catalogに登録してあるものから呼び出すようになっています。

Catalogパネル( command+; )でフォルダから読み込む階層を設定したり、使うことのないアイテムを除外することによって Quicksilver はより使い易くなります。

このCatalogに登録してあるものが多すぎると、パフォーマンスが落ちる?ので、使わないものは、チェックを外して使用不可にしておく方がいいでしょう。
(Quicksilver は一定時間ごとにCatalogの内容をスキャンしているので)





Quicksilver/ Actionについて(1)

ファイル・フォルダ、アプリケーション関連のActionについて



Quicksilver/ Actionについて(2)

テキスト、AppleScript、URL、Email関連のActionについて



Quicksilver/ Actionについて(3)

Quicksilver 自身の操作に関するActionについて



Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects

Quicksilver 自身の操作に関するActionについて
あるコマンドを control+return で実行すると、再度Quicksilverのウインドウが開いて、ObjectとActionを1つのペインにまとめた Command Object になります。

この Command Object を「Run after Delay...」「Run at Time...」Actionでリマインダとして使ったり、「Save Command to File...」Actionでコマンドをファイルとして保存し疑似アプリケーションのようにして使うことができます。



上記の各Actionの説明では、主にコアプラグイン(最初からインストールされているプラグイン)で使えるActionを説明しています。
Quicksilver で使えるActionはインストールしているプラグインによって変わってきます。

ActionはQuicksilverのPreferencesパネル( command+, )の Actionsカテゴリ で設定できます。
071023qs42

Actionは2ndPneで選択する項目で、1stPaneのObjectを選択した時点で、それにあったActionが自動的に表示されるようになっています。
071023qs20

Preferencesパネルで、使わないActionのチェックを外して使用不可にしたり、各Actionをドラッグ&ドロップしてランクを変更することで、自分の環境にあった使い勝手にできます。
(特にActionのランク付けは Quicksilver をより使い易くする上でかなり重要だと思います。)





Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)

Quicksilver でよく使うコマンドを予め登録しておいて、それをホットキーで実行できるようにするTrigger機能(Hotkey Trigger)についての説明。

071023qs163
Triggersパネル( command+shift+7 )を開き、下の「」メニューから HotKey を選択すると、左のダイアログウインドウが開きます。

「Safariを起動する」というコマンドをTrigger登録するには、左のように設定します(ここでの操作は 普通の Quicksilver の操作と同じ)。

登録後に、ドロワーを開いてホットキーを登録すれば、完了です。


これも Quicksilver を便利に使う上では、かなり重要な要素です。

でも、OS 10.5.x のいくつかのバージョンからは、Triggerの実行時のアプリケーションを制限したりする機能「Scope」が使えなくなっています。
(Quicksilver B54(3815) の場合)





Quicksilver/ Plug-ins について

Quicksilver は Plug-in をインストールすることによって、機能を増やして行くアプリケーションです。

Plug-insパネル( command+shift+2 )でプラグインのダウンロード・インストール、使用・不使用の管理ができます。
icn_qsplugin

サードパーティー製のプラグインなどは、ダウンロードしたものをFinderでダブルクリックすれば、

/Users/登録アカウント名/Library/Application Support/Quicksilver/PlugIns/

の場所にインストールされます。





Quicksilver/ Proxy Objects について

advanced features を「ON」にしておかないと、Proxy Object は利用できません。

Proxy Objects はCatalogの「Quicksilver」カテゴリにあります。
071023qs210

ここの右端のチェックを入れると Proxy Objects が使えるようになります

Proxy Object は、「Finderで選択しているアイテム」「iTunesで再生中の曲」とか、不特定なものを代用するObjectとして使用します。
また、様々なプラグインをインストールすることによって、新たに Proxy Object が提供されます。


この Proxy Object を Trigger の設定に組み込んで使うと、Quicksilver はかなり便利に使えます。
071023qs223例えば左のようにTriggerに登録します。
これはFinderで選択しているものを、任意のアプリケーションで開くことができます。

・Object「Finder Selection
・Action「Open With...
・Argument「ブランク」
(command+X でカットして ブランク にできる)

という風に設定します。



これでTrigger登録して使ってみると、ホットキーを押してQuicksilverのウインドウが開いたときに、3rdPaneにフォーカスがある状態です。
071023qs224

この場合、3rdPaneにはデフォルトアプリケーションが配置されています。違うアプリケーションで開きたいときは、文字入力ですぐに選択できて便利です。

Finderでファイル選択ホットキーコマンド入力でアプリ選択
returnキー で実行





Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers

Quicksilver の要の機能「Trigger」は、別にホットキーで操作するだけに限りません。「Mouse Triggers」プラグインをインストールすることにより、マウスボタンやホットコーナーなどでも、Triggerを実行できるようになります。
071023qs301

ただ、ホットコーナーなどは Spaces との相性が悪く、Spaces を利用している場合には使わない方がいいです。





Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers

Abracadabra Triggers」プラグインをインストールすることによって、マウスジェスチャで Trigger を実行できるようになります。
071023qs338

ジェスチャを実行しているときのエフェクトも美しい。
071023qs339





Quicksilver/ ショートカットまとめ

Quicksilver の操作に関するショートカットキーをまとめて説明。

例えば、
  • /長押し --- ルートフォルダを表示
  • ~ --- ホームフォルダを表示
  • /長押し --- デスクトップフォルダを表示
他にもいろいろ。







上記の記事が、Quicksilver を使う上でだいたい基本となること(僕の主観による)を書いたものです。
初めて Quicksilver を使う人にとってもこれだけ読めば、だいたいは分かるように思います。







【 Quicksilver まとめ - 発展的な利用 】


Quicksilver/ Widgetを起動する

Catalogに登録しておけば、Quicksilver でウィジェットも起動できるってだけの話。




Quicksilver/ QuickLookを表示

Quicksilver で表示しているものを QuickLook で表示する
(この場合の QuickLook はFinderが最前面でなくても表示され続ける)

記事中には書いてないけど、ウインドウをキー操作で閉じたい場合は

killall qlmanage

このコマンドを実行する Trigger をホットキーに割り当てればOK。




Quicksilver/ ブラウズに便利な操作

大した内容じゃないので無視。




Quicksilver/ advanced features について

記事の内容は読まなくてもどうでもいいけど、とにかく「advanced features」はONにしておいた方がいい。




Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)

Spaces のスペース移動をするAppleScript。
これをTriggerに登録してマウスジェスチャとかでスペースを移動すると、何かと便利。




Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(2)

上記のスペース移動のAppleScriptで、移動時に Growl でスペース番号を表示させるようにしたもの。




Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(3)

AppleScriptの内容がかなりショボイので、なかったことに・・・。




Quicksilver/ Droplet Item について

Quicksilver でドロップレットアプリケーションの作り方。




Quicksilver/ テンプレートファイルを使う

予め作っておいた各種テンプレートファイルから、Quicksilver ですばやくファイルを作成する。




Quicksilver/ インターフェイスいろいろ

Quicksilver のインターフェイス(スキン)各種。
サードパーティー製のもので、Quicksilver のバージョンによっては使えないものもある?




Quicksilver/ パスを読み取る

ホームページ上なんかで、よく表示されている下のようなパス。

/System/Library/CoreServices/Finder.app

こういうのを command+escなどで Quicksilver にピックアップすると、Quicksilver上でそのファイルを表示する(絶対パスのみ)。

逆にそのファイルが存在しないと、テキストとして表示されるので、ファイルの有無を簡単に確認できたりする。




Quicksilver B5X

Quicksilver B55 を試した内容。B54(3815) を使った方がいい。




Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(1)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(2)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(3)

Quicksilver の「Action」として利用できるAppleScriptの例。

/Users/登録アカウント名/Library/Application Support/Quicksilver/Actions/

の場所にAppleScriptを保存して Quicksilver を再起動すると、これらのカスタムなActionが使えるようになる。




Quicksilver/ キーボード操作でウインドウを動かす

ウインドウを動かすAppleScriptをTriggerに設定して、キーボード操作でウインドウを動かす。




Quicksilver/ 「英数」入力でQSを呼び出す

日本語入力ができない(テキストモード以外で)Quicksilver で、Quicksilver がアクティブになったときに自動的に入力ソースを「英数」に切り替える方法を、いろいろと試行錯誤。
InputSwitcherSwitchToUS などを使う。




Quicksilver/ ファイル名でSpotlight検索

コマンドラインツール「Cliclick」を使って、Spotlight検索するときに「filename:」とかの条件を自動的に入力して検索するためのAction。
これをAppleScriptで作っている。このActionがあると何かと便利。




Quicksilver/ Preferences の設定

Prferencesパネル( command+, )の各種説明。




Quicksilver B56 を試してみる

Quicksilver b56a4 [Intel] (3823) のバージョンを試してみた結果。
B54(3815) を使った方がいい。




Quicksilver/ キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!

Mouse Triggers」「Abracadabra Triggers」や、マウスのスクロールホイールを使ってブラウズしたり、マウスで Quicksilver を使うことに注目。




Quicksilver/ Trigger の設定例

Quicksilver を使う上で要となる機能「Trigger」。
僕が設定していた Trigger の設定例。何かの参考になれば。





【 Quicksilver まとめ - 便利なサイトリンク 】


Quicksilver の使い方などを紹介している、いろいろと便利なサイトのリンクです。







長くなってしまったので『Quicksilver/ まとめ(2)』へと続きます。
次は “プラグイン” の記事についてのまとめです。
書くのにまだまだ時間が掛かりそう・・・。






この記事では Quicksilver B54(3815) を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Blacktree
Download page : Blacktree
※Safariでダウンロードするなら「QS.3815.dmg.bz2」の「.bz2」を外してディスクイメージとして解凍



(関連記事)
Quicksilver
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Widgetを起動する
Quicksilver/ QuickLookを表示
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ ブラウズに便利な操作
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について + Growl Notifier Plug-in
Quicksilver Plug-in/ iTunes Module
Quicksilver Plug-in/ Web Search Module
Quicksilver Plug-in/ SafariStand Queries
Quicksilver/ advanced features について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver Plug-in/ Services Menu Module
Quicksilver Plug-in/ Clipboard Module
Quicksilver Plug-in/ Shelf Module
Quicksilver Plug-in/ User Interface Access
Quicksilver Plug-in/ System HotKey Commands
Quicksilver Plug-in/ Extra Scripts
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(2)
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(3)
Quicksilver Plug-in/ Calculator Module
Quicksilver Plug-in/ Unit Conversion Module
Quicksilver Plug-in/ File Compression Module
Quicksilver Plug-in/ Disk Image Support
Quicksilver Plug-in/ Spotlight Module
Quicksilver Plug-in/ File Tagging Module
Quicksilver Plug-in/ File Attribute Actions
Quicksilver/ Droplet Item について
Quicksilver/ テンプレートファイルを使う
Quicksilver/ インターフェイスいろいろ
Quicksilver/ パスを読み取る
Quicksilver Plug-in/ Screen Capture Actions
Quicksilver Plug-in/ Image Manipulation Actions
Quicksilver Plug-in/ Text Manipulation Actions
Quicksilver Plug-in/ Apple Mail Module
Quicksilver Plug-in/ Apple Address Book Module
Quicksilver Plug-in/ Gmail Module
Quicksilver Plug-in/ Google Calendar Module
Quicksilver Plug-in/ iCal Module
Quicksilver Plug-in/ Automator Module
Quicksilver Plug-in/ Safari・Firefox・Camino Module
Quicksilver Plug-in/ Social Bookmarks
Quicksilver B5X --- オープンソース化後に作られたもう一つのQuicksilver
IconGrabber --- アイコンから画像ファイルを作成する
SimpleToDo --- シンプルなToDoリスト
Do It --- リマインダとしても使えるToDo管理ツール
Help Search --- ヘルプビューアで検索を実行する AppleScript
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(1)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(2)
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(3)
Quicksilver/ キーボード操作でウインドウを動かす
Quicksilver/ 「英数」入力でQSを呼び出す
Quicksilver Plug-in/ Terminal Module
Quicksilver Plug-in/ Command Line Tool (qs)
Quicksilver/ ファイル名でSpotlight検索
Quicksilver Plug-in/ TextMate Ranker
Quicksilver Plug-in/ Developer Module
Quicksilver Plug-in/ Constellation Menus
Quicksilver Plug-in/ AirPort Module
Quicksilver Plug-in/ Network Location Module
Quicksilver Plug-in/ Keychain Module
Quicksilver/ Preferences の設定
Quicksilver B56 を試してみる
Quicksilver Plug-in/ File Tagging Module v117
Quicksilver Plug-in/ CLIX Module
Quicksilver Plug-in/ Flickr Upload
Quicksilver Plug-in/ Desktop Picture Action
Remember The Milk for Quicksilver
Quicksilver/ キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!
Quicksilver/ Trigger の設定例
Quicksilver/ まとめ(1)
Quicksilver/ まとめ(2)

edit

Quicksilver | CM:0 | TB:0

tag : Quicksilver 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-658.html

Quicksilver/ Trigger の設定例
icn_Quicksilver
Quicksilver : ランチャ+システムの一部のような総合ユーティリティ
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


Quicksilver は自分がよく使うコマンドを登録しておいて、それをホットキーマウスマウスジェスチャ などで簡単に実行できるTriggerという機能があります。

Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers

この Trigger や Proxy Objects(特定のObjectではなく、Finderで選択しているものとかを何かを代用するObject)を使いこなすことが、Quicksilver を使いこなす上で重要になってくると思います。


Quicksilverを使って行くにおいて、自分で使っているTriggerもずいぶん変わってきたので、今現在僕の設定しているTriggerを備忘録としてメモしておきたいと思います。
090105qst1



Triggerの設定は下のように書いて行きます。
1stPane (Object)2ndPane (Action)3rdPane (Argument)
[ 設定しているホットキーなど ]


3rdPane のところで「ブランク」と書いている場合は、Trigger登録するときにその部分を command+Xでカットして「Type to Search」が表示されるようにしています。
(『Quicksilver/ Proxy Objects について』参照)



【 Trigger の設定例 - Quicksilver の操作など 】



Quicksilver.appOpen
[ command+英数 ]

080601qs2
Quicksilver を呼び出す為のホットキー。

呼び出したときにIMを「英数」入力にする「SwitchToUS」を有効にする為に、Preferencesパネルで設定するActivationホットキーとは別に、このTriggerを使っています。

僕の環境では気が付いたら SwitchToUS のチェックが外れてしまっていることが多いので、ときどきメニューをチェックする方がいいでしょう。





Command Window in Text Mode
[ command+かな ]

Quicksilver をいきなりテキストモードで呼び出す為のTrigger。
Triggersパネルの「Quicksilver」カテゴリで設定できます。
071023qs156




Command Window with Selection
[ option+英数 ]

最前面のアプリケーションで選択しているテキストや、Finderで選択しているファイルなどを Quicksilver の1stPaneのObjectとした状態でウインドウを開きます。
⌘ command + ⎋ esc との違いは、開いたときに2ndPaneにフォーカスがあり、すぐにActionを選択できる状態になります。
Triggersパネルの「Quicksilver」カテゴリで設定できます。

(豆知識:似たような機能としてQSのウインドウを呼び出した後に command+G を入力すると、Finderの最前面ウインドウで選択しているものを1stPaneのObjectとしてピックアップできます。)





【 Trigger の設定例 - Finder の操作など 】



Finder SelectionOpen With...ブランク
[ control+command+O ]

071023qs223
Finderでファイル選択

ホットキー [ control+command+O ]

Quicksilver のウインドウが 3rdPaneにフォーカスされている状態で開く
(1stPaneはFinderで選択しているファイル)

コマンド入力でアプリ選択

return で実行

この流れでファイルを任意のアプリケーションで開くことができるので、非常に便利です。

ホットキーでTriggerを実行すると、3rdPaneにフォーカスがある状態で、ウインドウを開きます。
071023qs224




Finder SelectionMove To...ブランク
[ control+command+M ]

Finderでファイル選択ホットキーコマンド入力で移動先フォルダ選択
return で実行
この流れでファイル移動できます。




Finder SelectionCopy To...ブランク
[ control+command+C ]

Finderでファイル選択ホットキーコマンド入力で複製先フォルダ選択
return で実行
この流れでファイルの複製を作れます。




Finder SelectionMake Alias in...ブランク
[ control+command+L ]

Finderでファイル選択ホットキーコマンド入力でエイリアス保存先フォルダ選択
return で実行
この流れでファイルのエイリアスを作成できます。




Finder SelectionAdd Tags...ブランク
[ control+command+T ]

Finderでファイル選択ホットキータグをテキスト入力
return で実行
この流れで、そのファイルにタグ(Spotlightコメント)付けできます。
090105qst2

Quicksilver Plug-in/ File Tagging Module
Quicksilver Plug-in/ File Tagging Module v117』参照




File Tags (Catalog)Show Contents
[ control+英数 ]

File Tagging Module によってファイルに付けたタグの一覧を表示します。
090105qst3
この状態から、さらに or / でタグの付いたファイルをブラウジングすることが可能。




Spotlight Search.scpt (※)Process Text...ブランク
[ control+command+F ]

ホットキー検索したいファイル名をテキスト入力
return で実行Spotlightでファイル名検索
080810qs8
(※)「Spotlight Search.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/ ファイル名でSpotlight検索』参照




Finder SelectionShow Radial Action Menu
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Finderで選択してるファイルを、Constellation Menus によってActionを実行できるようにします。
080724qs2




Activate QuickLook.scpt (※)Run
[ マウスボタン(Mouse Triggers) ]

QuickLook の表示をマウスの第3ボタンに割り当てています。
(※)「Activate QuickLook.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!』参照




Move To Trash [...].scpt (※)Run
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Finderで選択しているアイテムをゴミ箱へ移動する(確認ダイアログ付き)のを、マウスジェスチャに割り当てています。

(※)「Move To Trash [...].scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(3)』参照





【 Trigger の設定例 - Web検索・Webブラウザの操作など 】



Google (※)Search For...ブランク
[ option+かな ]

ホットキー検索したい語句をテキスト入力
return で実行WebブラウザでGoogleの検索結果ページを表示
という流れでGoogle検索できます。
071023qs222

(※)「Google」は Web Search Module のCatalogで登録したもの
URL : qss-http://www.google.com/search?q=***&ie=UTF-8&oe=UTF-8
Unicode : UTF-8




My delicious Tag (※)Search For...ブランク
[ F14 ]

ホットキー自分のdeliciousで検索したいタグをテキスト入力
return で実行Webブラウザで自分のdeliciousのそのタグのページを表示
という流れでdeliciousのタグ検索できます。

(※)「My delicious Tag」は Web Search Module のCatalogで登録したもの
URL : qss-http://delicious.com/deliciousのUserName/***
Unicode : UTF-8




My delicious Word (※)Search For...ブランク
[ F15 ]

ホットキー自分のdeliciousで検索したい語句をテキスト入力
return で実行Webブラウザで自分のdeliciousのその検索結果ページを表示
という流れでdeliciousの検索ができます。

(※)「My delicious Word」は Web Search Module のCatalogで登録したもの
URL : qss-http://delicious.com/search?p=***&type=u&context=user
Unicode : UTF-8




Go_Back.scpt (※)Run
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Webブラウザで「戻る」を実行するAppleScriptをマウスジェスチャで実行します。
同じく「Go_Forward.scpt」で「送る」も。

(※)「Go_Back.scpt」「Go_Forward.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!』参照






【 Trigger の設定例 - Exposé・Spaces の操作など 】



Expos All WindowsRun
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Exposé の「すべてのウインドウ」を実行します。




Expos Application WindowsRun
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Exposé の「最前面のアプリケーションのウインドウ」を実行します。




Expos DesktopRun
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Exposé の「すべてのウインドウを隠してデスクトップを表示」を実行します。




Show DashboardRun
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Dashboard を起動します。




ScreenSaverEngine.app (※)Open
[ F17 ]

スクリーンセーバを起動します。
(※)「ScreenSaverEngine.app」は

/System/Library/Frameworks/ScreenSaver.framework/Versions/A/Resources/ScreenSaverEngine.app

の場所にあります。




Spaces.appOpen
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

Spaces の選択画面を表示します。




Go_Next_Space.scpt (※)Run
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

次のSpaceに移動するAppleScriptを起動します。
同じように「Go_Previous_Space.scpt」もマウスジェスチャに登録しています。
071023qs341

(※)「Go_Next_Space.scpt」「Go_Previous_Space.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)』参照





【 Trigger の設定例 - テキストなど 】



標準テキストファイル (Catalog)Show Contents
[ control+command+B ]

Quicksilver Plug-in/ Text Manipulation Actions』参照
ブログで使うHTMLタグなど、よく使う語句を1語句1行ごとに改行して、標準テキストファイル(拡張子「.txt」)に保存しておきます。
そのファイルをCatalogに登録して「Text Lines」で読み込みます。

Actionのランク付け(Preferences>Actions)で「Paste」を、Objectがテキストなら1番最初に表示されるように、ランクアップしておきます。

これでTriggerのホットキー入力で呼び出すと、下のような感じでファイルに保存した語句表示されるので、どれかを選択して return でペーストできるようになります。
071023qs438

コマンド入力で、使いたい語句にフォーカスできるので、そこいらのクリップボードユーティリティより使い易いと思います。
ただし「改行」を含む文章は使えないけど・・・。





LookUp Word.scpt (※)Process Text...ブランク
[ control+command+X ]

ホットキー辞書で調べたい語句をテキスト入力
return で実行「辞書.app」で検索結果を表示
こんな流れで、辞書で調べものができます。
080401qs2

(※)「LookUp Word.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/ AppleScript で Action を作る(1)』参照


ちなみに、Cocoaアプリケーションで表示されいる英単語などを調べたいときは、その文字の上にカーソルを持って行って「キャレット」になっているときに、control+command+D で辞書を表示します。
ショートカットで「辞書」を見る』参照






【 Trigger の設定例 - iTunes の操作 】


Quicksilver Plug-in/ iTunes Module』参照


Play/PauseRun
[ control+option+delete ⌦ ]



Show Playing TrackRun
[ control+option+home ]



StopRun
[ control+option+end ]



Next SongRun
[ control+option+ ]



Previous SongRun
[ control+option+ ]



Increase VolumeRun
[ control+option+ ]



Decrease VolumeRun
[ control+option+ ]



Increase RatingRun
[ control+option+page up ]



Decrease RatingRun
[ control+option+page down ]



Search Albums
[ control+option+F13 ]



Search Artists
[ control+option+F14 ]



Search iTunes
[ control+option+F15 ]




【 Trigger の設定例 - 全般的なアプリケーションの操作など 】



ActivateDejaMenu.scpt (※)Run
[ マウスボタン(Mouse Triggers) ]

マウスボタンで「DejaMenu」を呼び出せるように、DejaMenuを呼び出すホットキーをGUIスクリプティングで入力するAppleScrptを実行します。
070716djm6

(※)「ActivateDejaMenu.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/ キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!』参照




Visible Applications (※)Show Radial Menu
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

現在起動しているアプリケーションを Constellation Menus で表示します。
080724qs8

(※)「Visible Applications」は現在起動中のアプリケーション(バックグラウンドで起動しているものを除く)を代用する Proxy Object です。
Quicksilver/ Proxy Objects について』参照




Toggle Window.scpt (※)Run
[ マウスジェスチャ(Abracadabra Triggers) ]

マウスジェスチャで、最前面のアプリケーションのウインドウを切り替える command+F1 を入力するAppleScriptを実行させています。
マウスのボタンが多ければ、本当はマウスボタンに割り当てたい・・・。

(※)「Toggle Window.scpt」は自作のAppleScriptです。
Quicksilver/ キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!』参照




Running Applications & Processes (Catalog)Show Contents
[ control+command+R ]

現在起動しているアプリケーションの一覧を、Quicksilver のウインドウで表示するものです。command+tab のキーを押し続けるのが面倒なときに。
090105qst4





【 Trigger の設定例 - その他 】



Show the Date and Time.scpt (※)Run
[ F18 ]

現在の日付と時刻を「Large Type」で表示させるAppleScriptを実行します。
(メニューバーなどに時刻を表示させると、そのスペースがもったいないため)
071023qs340

(※)「Show the Date and Time.scpt」は自作?のAppleScriptです。
Quicksilver/ AppleScript でいろいろ操作(1)』参照




Removal Disks (※)Eject
[ control+command+delete ⌦ ]

CD・DVD、ディスクイメージなどを簡単にイジェクトできます。
(※)「Removal Disks」はリムーバルメディアを代用する Proxy Object です。
Quicksilver/ Proxy Objects について』参照




コマンドラインを入力したテキスト (※)Run Command in Shell
[ shift+command+5 ]

ウインドウのスクリーンショットを影無しで撮影するコマンドを実行します。
(システム標準の 4 + Space でウインドウを撮影すると影が付くので)

(※)テキスト部分は下のようにします。
例えば、撮影した画像を「ピクチャ」フォルダに「ScreenShot.png」という名前で保存する場合には、

screencapture -ioW ~/Pictures/ScreenShot.png

という風にテキストで入力しておきます。





以上が僕の今現在使っているTriggerです。
ホットキー登録するときは、ある程度 修飾キー を揃えて設定しておかないと、忘れ易くなるので統一しておいた方がいいでしょう。

それと Quicksilver B56 では、Triggerの3rdPaneを command+X でカットして登録することは、ほぼできないので注意。
(B56 の今現在の状況なので、将来使えるようになるかも?)






この記事では QuicksilverB54(3815) を使用しています。


(関連記事)
Quicksilver --- 基本的な概略説明
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ

すべてのQuicksilver記事のリンクは『Quicksilver』の(関連記事)にあります。

edit

Quicksilver | CM:0 | TB:0

tag : Quicksilver 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-651.html

Quicksilver/ キーボード操作だけじゃなくマウスで使ってみよう!
icn_Quicksilver
Quicksilver : ランチャ+システムの一部のような総合ユーティリティ
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


このブログで何度も採り上げてきた「Quicksilver」ですが、
Quicksilver をマウスで操作する」ことに注目してみたいと思います。


巷のサイトで Quicksilver のことを見るときに、主な操作はキーボード操作だけで完結してしまうが故に「マウスいらね」「Dockいらね」といった、なんでもかんでもキーボードで操作したい人向けのアプリケーションだと捉えられていることがよくあります。

もし、キーボード派とマウス(トラックボール)派という派閥があるとしたら、僕は間違いなく「マウス派」です。
だいたいの操作を、マウスでやっています。

そんな「マウス派」の僕でも、Quicksilver はとても便利で、間口の広いアプリケーションです。その便利な点をいくつか採り上げてみたいと思います。



【 Quicksilver - ドラッグ&ドロップでファイルを開く・移動・複製する 】


例えば、ある画像ファイルを編集したいとき、編集に使うアプリケーションがDockに登録してあれば、Dockのアイコンにドラッグ&ドロップして開いたりします。

でもDockに登録していないアプリケーションで開きたいとき、Finderのコンテキストメニューで「このアプリケーションで開く ▶」を使ったりしますが、これもまた対応するアプリケーションの数が多ければ、それを表示するのに時間が掛かり、あまり使い易いものではありません。

そんなときに Quicksilver でお目当てのアプリケーションを呼び出し、それにファイルをドラッグ&ドロップすれば簡単です。
080825qs2

ドラッグ&ドロップしたときに「Open With...」Actionが表示されて、簡単にお目当てのアプリで開けます。



また、ファイルの移動・複製もドラッグ&ドロップでできます。

Quicksilver でフォルダを呼び出して、そこに移動したいファイルをドラッグ&ドロップすると、「Move To...」Actionが表示されて、簡単に移動できます。
080825qs3


optionキー を押しながらドラッグ&ドロップすると、「Copy To...」Actionが表示されて、そのフォルダにファイルの複製を作ります。
080825qs4


また逆に Quicksilver で表示されているファイル・フォルダを、Finderのウインドウやデスクトップにドラッグ&ドロップすることによって、ファイルの移動・複製を作ることができます。
080825qs5

Objectペインだけでなく、 などで表示される候補ウインドウからドラッグ&ドロップしてもOKです。



「Quicksilverでキーボード入力で検索してから、ファイルをドラッグ&ドロップする」やり方は、覚えておくと本当に便利です。
DockやFinderのサイドバーなどに登録するまでもないけれどよく使う項目(すぐにアクセスできないファイル・フォルダ)は結構あるもので、それらを Quicksilver のCatalogに設定しておくと便利です。



このようにドラッグ&ドロップして使う場合は、「Bezel」インターフェイスではウインドウの位置を動かすことができないので、別のインターフェイスに変更した方が使い易いです。
Quicksilver/ インターフェイスいろいろ』参照





【 Quicksilver - スクロールホイールを使う 】


Quicksilverの各ペインのところにマウスポインタを持って行って、スクロールホイールを回すと、 と同じで、候補を表示することができます。

例えば「Abracadabra Triggers」プラグインを使ってジェスチャTriggerに
よく使う項目(Favorite)フォルダShow Contents
というTriggerを登録しておいて、これをマウスジェスチャで呼び出し、スクロールホイールで中身を選択、ダブルクリックで開くといった使い方ができます。
080825qs10


また「SilverFlow」インターフェイスなんかを使えば、Coverflow表示されるので、「ピクチャ」フォルダなんかをマウスのスクロールホイールでクルクル閲覧することもできます。
080825qs6
インターフェイスについては『Quicksilver/ インターフェイスいろいろ』参照





【 Quicksilver - マウスボタンにいろいろ割り当てる 】


Quicksilver は「Mouse Triggers」プラグインを使えば、ホットコーナーやマウスボタンにいろいろ役割(Trigger)を与えることができます。

(ホットコーナー)
071023qs302

(ホットエッジ)←こういう呼び方が正しいのかは不明
071023qs303

ただ、ホットコーナー・ホットエッジは Spaces とあまり相性が良くないので、Spaces を「off」にしている状態で使った方がいいです。
(ただ、このページに Mouse Triggers のソースがあるので、これをビルドすれば、もしかしたら Spaces に対応しているかも?B56でないと使えないかも?)



僕の場合は、ホットコーナーなどは使わずに、「Mouse Triggers」を使ってマウスボタンにTriggerを登録しています。


必須アイテムの「DejaMenu」を呼び出すのにマウスボタンを割り当てています。
(メニュー項目をマウスポインタの位置で表示させるアプリ)
070716djm6

DejaMenu を僕の場合 command+option+shift+M のホットキーで呼び出せるようにしているので、それを入力するAppleScriptをまず作ります。

▽ ScriptEditor で開く
tell application "System Events" to tell process "WhateverItIs"
    keystroke "m" using {command down, option down, shift down}
end tell

(※これを利用するには システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」パネルで 「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れないと機能しません。)

このスクリプトを「ActivateDejaMenu.scpt」とか、適当なファイル名で好きな場所に保存します。

次に Quicksilver のTriggerを下のように設定します。
071023qs313071023qs314

右側の「Anywhere」を有効にすると、画面上のどこでもマウスボタンでTriggerを実行できます。マウスの第3ボタン以上のボタンに対しては「Anywhere」が有効になります。

これで、マウスの第5ボタンをクリックすると、最前面のアプリケーションのメニューが表示されるようになります。





あと、マウスの第3ボタンに「QuickLook」を表示させるようにしています。

これもGUIスクリプティングを使ったAppleScriptで実行しています。

▽ ScriptEditor で開く
set current_app to short name of (info for (path to frontmost application))
if current_app = "Finder" then
    tell application "System Events" to tell process "Finder" to keystroke "y" using command down
end if

(何も選択せずに、Finderウインドウでこれを実行してQuickLook表示すると、ちょっと挙動がおかしい)

このスクリプトは、Trigger実行時のアプリケーション制限機能「Scope」が効かない前提で、Finderが最前面のときにしか実行しないようにしてあります。

これを下のようにTrigger登録します。
071023qs332080825qs7

これでFinderでファイルを選択して、マウスの第3ボタン(スクロールホイールのボタン)をクリックすると、QuickLookで表示します。

これもシステム環境設定の「ユニバーサルアクセス」パネルで 「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れないと機能しません。





【 Quicksilver - マウスジェスチャツールとして使う 】

Quicksilver には「Abracadabra Triggers」という、Triggerをマウスジェスチャで実行する為のプラグインがあります。
071023qs316

このプラグインはベータ版ですが、マウスジェスチャツールとしては「ジェスチャ」の登録もやり易く、見た目もいいし、かなり優れていると思います。

ただ Quicksilver の一般的なTriggerをマウスジェスチャに登録する場合はいいのですが、各アプリケーションのメニュー項目をジェスチャに登録しようとすると敷居が高いです。

071023qs319
Quicksilverでアプリケーションのメニュー項目を呼び出せる「User Interface Access」をTrigger登録できればいいのですが、それはできません。

Trigger登録直後は使えるが、Quicksilverを再起動したときにTriggerがちゃんと記録されてない状態になってしまうため。

だから左のような形でTriggerに登録できません。


そこでまた、GUIスクリプティングを使ったAppleScriptで、ショートカットキーを入力するようにし、それをマウスジェスチャTriggerに登録するようにします。

[ ショートカットキーを入力するAppleScriptのひな形 ]
▽ ScriptEditor で開く
set current_app to short name of (info for (path to frontmost application))
set these_app to {"application_name_1", "application_name_2", "application_name_3"}
(* このTriggerを実行したいアプリケーション名を↑ここの "application_name_*" に入力する *)

if these_app contains current_app then
    tell application "System Events" to tell process current_app
        keystroke "c" using {command down, option down}
        -- (例)command+option+C を入力する
    end tell
else
    beep 1
end if

(※システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」パネルで「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れないと機能しません)

ここの "application_name_1", "application_name_2", "application_name_3" にこのTriggerを実行する対象のアプリ名を入力します。
対象アプリが1つならば、それ以外を消して下さい。
対象アプリを増やしたいなら、「, (コンマ)」で区切って "アプリ名" を追加して下さい。

keystroke」のところに、入力したいショートカットキーを入力します。
上の例では command+option+C を入力します。
このときスクリプト上の "c" は小文字で入力して下さい。大文字の "C" だと shift+c として認識されてしまいます。

他にも 例えば control+shift+A と入力したいなら
keystroke "a" using {control down, shift down}
とします。



例えば、ほとんどのWebブラウザでページを「戻る」のショートカットは、
command+[ に設定されています。これをAppleScriptで入力するとしたら、下のようになります。

▽ ScriptEditor で開く
-- Go Back
set current_app to short name of (info for (path to frontmost application))
set web_browser to {"Safari", "Firefox", "Camino", "Shiira", "Stainless", "Cruz"}
(* 他のブラウザを使う場合は↑ここのブラウザ名を追加・変更 *)

if web_browser contains current_app then
    --tell application current_app to activate
    tell application "System Events" to tell process current_app
        keystroke "[" using command down
    end tell
else
    beep 1
end if


これを「Go_Back.scpt」とか適当な名前で好きな場所に保存し、下のようにジェスチャTriggerに登録します。
071023qs337071023qs338

これでこのジェスチャTriggerを実行すると、下のようなきれいな軌跡を描いて実行します。
071023qs339




上の例では「Scope」機能が効かない前提のスクリプトで、特定のアプリケーションでのみ実行するAppleScriptでしたが、すべてのアプリケーションで有効なショートカットを入力する場合、下記のようにします。

例えば、最前面のアプリケーションでウインドウをトグルするショートカットは、command+F1 です。
アプリケーション・ウインドウのスイッチ』参照

これをAppleScriptで入力する場合は、下のようなものになります。

▽ ScriptEditor で開く
tell application "System Events" to tell process "WhateverItIs"
    key code 122 using command down
end tell


このスクリプトでは「keystroke」を使わずに「key code」を使っています。

なぜだか分からないけど
keystroke F1 key using command down
では機能しません。
(キーコードは『Key Codes』を使って調べると簡単です)

このスクリプトを「Toggle Window.scpt」とか適当な名前で好きな場所に保存し、下のようにジェスチャTriggerに登録します。
080825qs8080825qs9

これでマウスジェスチャを行うと、最前面のアプリケーションでウインドウをトグルしてくれます。




また、ジェスチャTriggerに合わせて「Constellation Menus」プラグインを使用すると、下のようなおもしろいUIでいろいろ操作できます。
080724qs4





【 Quicksilver - その他 マウスで使う 】


Quicksilver は「Save Command to File...」Actionや「Droplet Item」を使って、疑似アプリケーションのようなものを作れます。

例えばFinderで選択してるファイルのラベルをオレンジにする、コマンドファイルを作ってみます。

1stPaneのObjectに「Finder Selection
2ndPaneのActionに「Set Label...
3rdPaneのArgumentにカラーラベルの「オレンジ」
を設定します。
080825qs11

この状態で control+return を入力して、このコマンドを Command Object にしてまとめます。

次に、これを1stPaneのObjectとして、2ndPaneのActionに「Save Command to File...」、3rdPaneで保存先フォルダを指定して実行します。
080825qs12

これで指定したフォルダに「Finder Selection (Set Label...) Orange.qscommand」というファイルが作られます。
こんな感じで他のカラーラベルも作り、そのフォルダをDockに登録します。

これでカラーラベルを付けたいファイル・フォルダをFinderで選択して、スタックのコマンドファイルをクリックすれば、そのファイルにラベルが付きます。
080825qs14



Droplet Item」も上記と作り方は同じなので、ロック/アンロックするドロプレットとか、Zipアーカーブに圧縮するドロップレットとかを作っておいて、使うと便利かもしれません。
071023qs425






この記事では Quicksilver B54(3815) を使用しています。


(関連記事)
Quicksilver --- 基本的な概略説明
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ

すべてのQuicksilver記事のリンクは『Quicksilver』の(関連記事)にあります。

edit

Quicksilver | CM:0 | TB:1

tag : Quicksilver  Mouse  マウスジェスチャ 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。