bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 02

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-693.html

iSearchMusic
icn_app
iSearchMusic : Google検索から.mp3, .mp4, .aviファイルを検索する
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


X-OSK » Blog Archive » iSearchMusic(Google検索から.mp3, .mp4, .aviファイルを検索)』で知った「iSearchMusic」の紹介です。

X-OSKさんによると

猫の可愛らしい鳴き声収集家の方々にとっては朗報!ソレ以外の用途なんて皆目見当がつかないです。自己責任でどうぞ(^o^)


・・・ということらしいので、

ふむふむ・・・“かわいらしい猫” っと。ぽちっとな。
080924ism1


なんか出てきた。
080924ism2



あまり可愛い“”ではないせいか、それともマイナーなせいか、はてまた名前が卑猥すぎるのか、お目当ての猫はいませんでした。

YouTube で検索した方が早いかも・・・。
→ 早かった。『YouTube - Faster Pussycat - House Of Pain

やはりこのソフトは「本当の猫の可愛らしい鳴き声収集」、もしくはGoogleの検索結果のページが好きで好きでたまらない、リンク先ページへなんか行く気も起こらないフェチな人に向いてるようです。
(゚▽゚*)





この記事では iSearchMusic 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : ***
Download page : iSearchMusic 1.0 - MacUpdate

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : WebSearch 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-448.html

Quicksilver Plug-in/ Web Search Module
icn_qsplugin
Quicksilver Plug-in/ Web Search Module
Quicksilver上で各種検索エンジンを使ってWeb検索が可能になる
インストール方法は『Quicksilver/ Plug-insについて』参照


Web Search Module はQuicksilverでWeb検索を可能にするプラグインです。各種検索エンジンを使うことができます。


【 Web Search Module - 使い方 】


プラグインをインストールすると、Catalogの「Modules」カテゴリに「Web Searches (from docs.blacktree.com)」が追加されています。
071023qs130

ここに「✓」を入れてリスキャンすると、公式サイトで公開されている検索エンジンのURL(Quicksilver用にちょっと加工してある)を読み込みます。

i」マークをクリックしてドロワーを開き、「Contents」タブを見ると読み込んだ内容が確認できます。
071023qs131



これで Quicksilver のウインドウを呼び出し(invoke)、1stPaneで「JAPAN」とか打ち込むと、「Japanese Wikipedia Index」などの候補が表示されると思います。
071023qs132

このとき2ndPaneは自動的に「Search For...」Actonになっていると思います。
tabキーで3rdPaneに移動し、テキストモード(「.(ピリオド)」を入力する)で検索したい語句を入力します。

これを実行すると、Webブラウザで検索結果のページを表示します。
071023qs133





【 Web Search Module - 自分用の検索エンジンを登録 】


上記のCatalogの「Web Searches (from docs.blacktree.com)」を使えば、検索はできるのですが、これがまたけっこう使い勝手が悪い。
まず、日本語対応の検索サイトがほとんどないこと。
それと数が多すぎること。Catalogに登録するアイテム数が多いほどメモリを喰うし、ちょっとQuicksilverが不安定になったりもする。

それでここの「✓」を外し、自分用の検索サイトを登録してみます。
例として、いつもの如く「Mac onlineware search」を登録してみます。


まず、Catalogの「Custom」カテゴリで下の「+」ボタンから「Web Search List」を選択します。
(Web Search Module をインストールしているとこれが追加される)
071023qs134

これを選択すると「Web Search List」がCatalogに追加されます。
071023qs135


ドロワーの「Source Options」タブを開き、「+」ボタンで新規登録すると「untitled」のものが登録されます。
071023qs136


(1)「Name」はなんでもいいです。Quicksilver で使用を考えると、アルファベットを含む名前で登録しておいた方がいいと思う。
名前の頭に「QSS-○○○」とかを付けておいたら、これを探すときに便利です。


(2)「URL」は、「Mac onlineware search」では

qss-http://www.google.com/cse?cx=012261539793648953536:amxtz7vcqso&cof=FORID:0&q=***

となります。

すべての場合には当てはまらないけど、登録したい検索サイトで「***」という語句を検索して、その検索結果ページのURLアドレスの頭に「qss-」を付けたものを登録します。
アドレスに日本語が混じってる場合は機能しないことが多いです。


(3)「Encording」は検索結果ページのソースを見て調べます。ここでは「Unicode(UTF-8)」です。
エンコーディングの調べ方はこのあたりを参照。

SafariStand を使ってるなら、「ページ情報を表示」で簡単に調べられます。
071023qs139



これで「Name」「URL」「Encording」をそれぞれダブルクリックして入力して行きます。
071023qs137


上記を入力してリスキャンすると、Quicksilver で「Mac onlineware search」が使えるようになります。
071023qs138



僕がとりあえず登録したもののURLとテキストエンコーディングを挙げておきます。
(もしSafariStandの Quick Searchを使っているなら、まだ登録しない方がいいです。次の記事『Quicksilver Plug-in/ SafariStand Queries』を見てから・・・)


Macオンラインウェア検索 : Unicode (UTF-8)
qss-http://www.google.com/cse?cx=012261539793648953536:amxtz7vcqso&cof=FORID:0&q=***


VersionTracker : Unicode (UTF-8)
qss-http://www.versiontracker.com/php/qs.php?mode=basic&action=search&str=***&srchArea=macosx&submit=Go


MacUpdate : Unicode (UTF-8)
qss-http://www.macupdate.com/search.php?arch=all&keywords=***&os=macosx


iusethis : Unicode (UTF-8)
qss-http://osx.iusethis.com/search?q=***


Wikipedia : Unicode (UTF-8)
qss-http://ja.wikipedia.org/wiki/***


IT用語辞典 e-Words : Japanese (Shift JIS)
qss-http://e-words.jp/?w=***


Apple - サポート : Japanese (Shift JIS)
qss-http://search.info.apple.com/?q=***&type=&search=Search&lr=lang_ja&search=Go


Google : Unicode (UTF-8)
qss-http://www.google.com/search?q=***&ie=UTF-8&oe=UTF-8


Google イメージ検索 : Unicode (UTF-8)
qss-http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=***


Google Map : Unicode (UTF-8)
qss-http://maps.google.co.jp/maps?q=***


Mapion - 住所検索 : Japanese (EUC)
qss-http://www.mapion.co.jp/c/f?p=1&uc=7&mx=999&vp=20&grp=all&oi=admi3code&ob=1&find=***


YouTube : Unicode (UTF-8)
qss-http://jp.youtube.com/results?search_query=***&search=


Amazon.co.jp : Japanese (Shift JIS)
qss-http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=***&Go.x=0&Go.y=0&Go=Go


kakaku.com(価格.com) : Japanese (Shift JIS)
qss-http://search.kakaku.com/ksearch/search.aspx?query=***&search.x=0&search.y=0


goo辞書 英和辞典 : Japanese (EUC)
qss-http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=ej&kwassist=0&mode=0&MT=***


goo辞書 和英辞典 : Japanese (EUC)
qss-http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=je&kwassist=0&mode=0&MT=***


goo辞書 国語辞典 : Japanese (EUC)
qss-http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&kwassist=0&mode=0&MT=***


('08/02/06追記)

excite 翻訳 日→英 : Japanese (Shift JIS)
qss-http://www.excite.co.jp/world/english/?before=***&wb_lp=JAEN


excite 翻訳 英→日 : Japanese (Shift JIS)
qss-http://www.excite.co.jp/world/english/?before=***&wb_lp=ENJA

(追記おわり)





【 Web Search Module - Actions 】


Web Search Module をインストールすると Actionが追加されます。
デフォルトでチェックされていないものもあるので、
Preferencesパネル>Actionsカテゴリ
でチェックして使用・不使用を決めます。

search_for
▶ Search For...
1stPaneに検索サイト、3rdPaneにテキストモードで検索語句を入力します。
071023qs132


find_with
▶ Find With...
1stPaneにテキストモードで検索語句、3rdPaneに検索サイトを選択します。
071023qs140

show_results_for_search
▶ Show Results For Search...
1stPaneに検索サイト、3rdPaneにテキストモードで検索語句を入力して実行します。
071023qs141

するとQuicksilverのウインドウを開き直し、検索結果をQuicksilver上で表示します。ここから各ページを開くことができます。
071023qs142

デフォルトでこのActionは「off」になってるだけあって、かなり使いづらいです。





【 Web Search Module - Triggerの設定 】


これはまた「Proxy Object」の説明のときにやります。

('08/01/17追記『Proxy Objects について』の一部内容を転載)

▶ 「Seach For...」ActionをTriggerに設定する
Web Search Module では「Search For...」Actionをよく使います。これをTriggerに登録する方法です。

Google検索を「Search For...」Actionで普通にTriggerに登録すると、こんな風に3rdPaneに当たるTargetでは、自動的にテキストになってしまいます。
071023qs220

このままTrigger登録して実際に使ってみると、ホットキーを押したときにGoogleのページが開くだけです。


そこで、「Target」ところにフォカースして command+Xカットします。すると3rdPaneが「ブランク」になります。
071023qs221

これで「Save」ボタンでTrigger登録して、ホットキーを押して使ってみると、下のように3rdPaneがテキストモードの状態で Quicksilver のウインドウが開きます。
071023qs222

これで、設定した検索エンジンを使って
ホットキー検索語句入力returnキー
の手順でWeb検索が可能になります。


Triggerの登録をするときに、1stPaneで「, (コンマ)」で区切って、複数の検索エンジンを登録しておけば、複数タブでそれぞれの検索結果ページを表示させることもできます。


advanced features を「on」にして、Preferencesパネル>Extarsカテゴリ の「Pull selection from front application instead of Finder」にチェックしている場合、
上の状態のときに tabキー でペインのフォーカスを移動してまた3rdPaneに戻し、テキストの状態(「. (ピリオド)」を押して文字を入力する前の状態)で command+G で最前面のアプリケーションで選択しているテキストをピックアップすることもできます。
ちょっと面倒だけど・・・。





Proxy Object の「Current Selection」を使えば、文字を選択してホットキーでWeb検索といったこともできます。

Proxy Objects について【 Proxy Objects を使ってTriggerに登録 】参照

(追記おわり)





この記事では Quicksilver(3815)、Web Search Module 104 を使用しています。


(関連記事)
Quicksilver --- 基本的な概略説明
Quicksilver/ 基本的な使用例
Quicksilver/ Catalogの設定
Quicksilver/ Widgetを起動する
Quicksilver/ QuickLookを表示
Quicksilver/ Actionについて(1)
Quicksilver/ Actionについて(2)
Quicksilver/ Actionについて(3)
Quicksilver/ Actionについて(4)- Command Objects
Quicksilver/ ブラウズに便利な操作
Quicksilver/ Triggers の説明(1)
Quicksilver/ Triggers の説明(2)
Quicksilver/ Plug-ins について + Growl Notifier Plug-in
Quicksilver Plug-in/ iTunes Module
Quicksilver Plug-in/ Web Search Module
Quicksilver Plug-in/ SafariStand Queries
Quicksilver/ advanced features について
Quicksilver/ Proxy Objects について
Quicksilver Plug-in/ Services Menu Module
Quicksilver Plug-in/ Clipboard Module
Quicksilver Plug-in/ Shelf Module
Quicksilver Plug-in/ User Interface Access
Quicksilver Plug-in/ System HotKey Commands
Quicksilver Plug-in/ Extra Scripts
Quicksilver/ Triggers の説明(3)- Mouse Triggers
Quicksilver/ Triggers の説明(4)- Abracadabra Triggers
Quicksilver/ ショートカットまとめ

これ以降のQuicksilver記事のリンクは『Quicksilver』の(関連記事)にまとめています。

edit

Quicksilver | CM:0 | TB:0

tag : Quicksilver  WebSearch 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-221.html

Butler(2)
icn_Butler
Butler(1)の続き

Butler(2) ページ内 INDEX (ページ内の各項目にジャンプします)

【 Butler - 検索機能 】
【 Butler - ブックマーク機能 】

Butler(3)へ続く



b_search

【 Butler - 検索機能 】


Butler の検索ボックスに、キーワードを入力して returnキー を押すとデフォルトのWebブラウザで検索結果のページを表示します。
070721btr1

control+option+G(デフォルト設定)で検索ボックスにカーソル移動します。

プルダウンで検索エンジンを変更することも出来ます。
070721btr2
Butler の環境設定ウインドウの「その他」で「検索エンジンの変更を保存する」にチェックしていると、プルダウンで検索エンジンを変更して次回検索するときにも、その検索エンジンで検索出来ます。

これにチェックしている状態で、検索エンジンを変更して、またさらに先程のチェックを外すと、そのときに指定していたものがデフォルトの検索エンジンとなります。





Butler のメニュー構成ウインドウのインスペクタ>オプションで、メニューバーやDockletの表示を虫眼鏡アイコンに変更出来ます。
070721btr26

070721btr27

このアイコンをクリックすると、フローティングウインドウで検索ボックスが表示されます。
070721btr28



この検索エンジンを追加・削除することが出来ます。
Butler の設定ウインドウの「エンジン」タブを選択します。
070721btr29

基本的な使い方は、ウインドウ左下の「+▼」「ー」ボタン、もしくは control+クリック(右クリック)でアイテムを追加・削除し、左ペインで項目を選択して、右ペインのインスペクタで詳細設定します。

この設定方法はすべてにおいて共通の事項です。



デフォルト設定の「Google」のインスペクタの「URL」タブはこのようになっています。
070721btr30
「接頭」「接尾」に分けてURLを登録します。

基本的に新規エンジンを登録するときは、その検索で「○○○」という語句を仮に検索してみて、そのときのURLをここに登録します。



例えば、VersionTrackerで「○○○」という語句を検索してみると、

http://www.versiontracker.com/php/qs.php?mode=basic&action=search&str=○○○&srchArea=macosx&submit=Go

検索結果ページは、上記のようなURLになるので「○○○」の前後のURLをそれぞれ「接頭」「接尾」に登録します。
070721btr31



次にテキストエンコーディングを設定します。
そのページのエンコーディングの調べ方は、このあたりを参照して下さい。
070721btr32

ここのプルダウンリストでは「デフォルト:~ 」と設定しないように注意しましょう。
(例:Unicode (UTF-8)に設定する場合)
正 : 「Unicode (UTF-8)」
誤 : 「デフォルト:Unicode (UTF-8)」


これで、VersionTracker の検索エンジンが登録出来ました。



他にも使えそうなもののURLとテキストエンコーディングを挙げておきます。ただし、デフォルトのWebブラウザによっては日本語での検索が文字化けするものも有ります。


Macオンラインウェア検索 : Unicode (UTF-8)
(接頭)http://www.google.com/cse?cx=012261539793648953536:amxtz7vcqso&cof=FORID:0&q=
(接尾)なし


VersionTracker : Unicode (UTF-8)
(接頭)http://www.versiontracker.com/php/qs.php?mode=basic&action=search&str=
(接尾)&srchArea=macosx&submit=Go


MacUpdate : Unicode (UTF-8)
(接頭)http://www.macupdate.com/search.php?arch=all&keywords=
(接尾)&os=macosx


Wikipedia : Unicode (UTF-8)
(接頭)http://ja.wikipedia.org/wiki/
(接尾)なし


IT用語辞典 e-Words : 日本語 (Shift JIS)
(接頭)http://e-words.jp/?w=
(接尾)なし


アップル - サポート : 日本語 (Shift JIS)
(接頭)http://search.info.apple.com/?q=
(接尾)&type=&search=Search&lr=lang_ja&search=Go


Google Map : Unicode (UTF-8)
(接頭)http://maps.google.co.jp/maps?q=
(接尾)なし


Mapion - 住所検索 : 日本語 (EUC)
(接頭)http://www.mapion.co.jp/c/f?p=1&uc=7&mx=999&vp=20&grp=all&oi=admi3code&ob=1&find=
(接尾)なし


goo辞書 英和辞典 : 日本語 (EUC)
(接頭)http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=ej&kwassist=0&mode=0&MT=
(接尾)なし


goo辞書 和英辞典 : 日本語 (EUC)
(接頭)http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=je&kwassist=0&mode=0&MT=
(接尾)なし


goo辞書 国語辞典 : 日本語 (EUC)
(接頭)http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&kwassist=0&mode=0&MT=
(接尾)なし





b_bookmark

【 Butler - ブックマーク機能 】


Butler ではブックマーク、アドレスブックを管理できる機能が有ります。
地球アイコンのプルダウンでブックマークを表示してアクセスすることが出来ます。
070721btr3

登録したブックマークを一気に開くことも出来ます。
070721btr33
ここで、「グループを開く」を選択すれば、そのコンテナ内のブックマークを一気に開きます(コンテナ内のコンテナのブックマークは開きません)。

これを利用するには、Butler のメニュー構成ウインドウで、
該当のブックマークのコンテナを選択して、「メニューからグループで開くことを可能にする」にチェックしていると、そのコンテナのサブメニューに「グループを開く」が表示されるようになります。
070721btr34

内容を隠す」にチェックしていると、コンテナのサブメニューは表示されず、常にグループで開くようになります。



ちなみに、Safariをデフォルトブラウザにしている方は、Safariの環境設定の「一般」タブで、
070721btr35

現在のウインドウで新規タブに開く」にチェックしておかないと、Butler から開いたページは新規ウインドウで開かれます。
「グループで開く」などの機能を使うなら、ここはチェックしておいた方がいいです。

これは、Butler からWeb検索するときにも同じです。



各種Webブラウザのブックマークも直接開くことが出来ます。
070721btr36



アドレスブックのホームページのURL、メールアドレス(選択するとメールクライアントが起動します)にもここからアクセス出来ます。
070721btr37


「ブックマークを作成」でButler用の新規ブックマークを作れます。





Butler(3)へ続く




(ダウンロードリンク)
Site top page : Many Tricks ・ Finest Mac Utilities
Download page : Many Tricks ・ Butler




(関連記事)
Butler(1)--- 概要、メニュー構成のカスタマイズについて
Butler(2)--- 検索、ブックマーク機能について
Butler(3)--- ユーザ、ボリューム、アプリケーション、システム環境設定など
Butler(4)--- iTunes、ペーストボード、キーストローク機能など
Butler(5)--- Plug-ins、Helperなどについて

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Butler  ブックマーク管理  WebSearch 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-216.html

nYukie
icn_nYukie
nYukie : サービスメニューにGoogle、goo辞書、excite翻訳を追加
任意のサーチエンジンもサービスメニューに登録可能
OS10.2以上
フリーウェア


サービスメニューにGooglegoo辞書excite翻訳を追加登録するソフト「nYukie」の紹介です。
任意のサーチエンジンもサービスメニューに登録可能です。



【インストールと準備】


まず、nYukie のインストール方法は、ダウンロードして解凍したファイル(フォルダ)を「アプリケーション」フォルダに移動するか、
/Users/あなたの登録アカウント名/Library/Services
のフォルダに移動してもOKです。
(Servicesフォルダがないときは新規に作ります)


次に nYukie を起動します。
nYukieメニュー>サービスメニューを更新(command+R)
を選択します。
070706ny1

nYukie はここでもう終了(command+Q)してもOKです。

これでサービスメニューに「Google」「goo辞書」「excite翻訳」が追加されます。
070706ny2





【nYukie - サービスメニューの使い方】


使い方は、テキストエディットやMail.app、Safariなど文字が選択できるアプリケーションで、単語や文章を選択して、サービスメニューを選択します。

例として(下の写真)文章を選択状態にして、サービスメニューの「excite 翻訳 / 日→英」を選択します。
070706ny3

すると、デフォルトのWebブラウザで、その文章のExcite翻訳のページを開きます。
070706ny4

サービスメニューのいいところは、Webブラウザを起動していない状態でも、このように調べものをしたり出来るところです。





【新規サーチエンジンの登録方法】


また、任意のサーチエンジンをサービスメニューに登録することも可能です。
例として、「Macオンラインウェア検索」をサービスメニューに登録してみます。

まず、「Macオンラインウェア検索」の入力フォームに「nYukieWord」と入力して検索します。
070706ny5

そして、検索結果のページが表示されたら、そのURLをコピー(command+C)します。(ファビコンをクリックしたら一発でURL選択出来ます。)
070706ny6

この検索結果ページのテキストエンコーディングを調べておきます。
(調べ方はこのあたりを参照)
ここでは「UTF-8」です。


これで nYukie を起動して、nYukieメニュー>環境設定(command+,(コンマ))で環境設定ウインドウを開きます。

「+」ボタンをクリックすると「new」という項目が出来、URLは入力された状態になっているので、好きな名前とテキストエンコーディングを設定して、「保存」をクリックします。
070706ny7


最後に、nYukieメニュー>サービスメニューを更新(command+R)を選択します。これでサービスメニューに「Macオンラインウェア検索」が追加されます。
070706ny8





【作者さんの良心】


添付の説明テキストファイル「nYukie.rtfd」より・・・。
070706ny9






(ダウンロードリンク)
Site top page : Mac OS X Cocoa アプリ
Download page : 上に同じ




(関連記事)
サービスメニュー --- サービスメニューの基本的な説明
Service Scrubber --- サービスメニューにショートカット割当など

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : ServicesMenu  WebSearch  辞書 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-45.html

SafariStand (2)
SafariStand (1)の続き
SafariStand (2) ページ内 INDEX (ページ内の各項目にジャンプします)

【SafariStand - 環境設定 - General】SafariStandの一般設定
【SafariStand - 環境設定 - Quick Search】新規検索エンジン登録など
【SafariStand - 環境設定 - Key Action】キーボードによる操作など
【SafariStand - 環境設定 - Bookmark】ブックマーク属性の設定など
【SafariStand - 環境設定 - Site Alteration】サイト毎に様々な条件設定


※この記事は使用環境 Safari 1.3.2 (v312.6)、SafariStand Version1.3b2 での記事です。バージョンによって違いがあるのでご注意下さい。


【SafariStand - 環境設定 - General】
SafariStand の環境設定はStandメニュー>SafariStand Settingから呼び出せます。
ショートカットはoption+command+,(コンマ)。
070322ss01

(1)Bookmarks Finder
上の項目はBookmarks Finderのショートカットキーを設定します。
この設定では fn + F4 です。
下の項目の「Window Auto Close Delay」はBookmarks Finderで選択したページを開いたときに、Bookmarks Finderウインドウを設定時間になったら閉じるようになります。


(2)HTML Source Window
Colorize HTML Source にチェックすると、Safariの 表示メニュー>ソースを表示(option+command+U)で表示されるソースが色付きで表示されます。
070322ss02070322ss03
左が標準、右が色付きソース。
フォントの変更も可能です。


(3)Tidy by Date for File Downloads
070322ss04ここにチェックするとファイルをダウンロードした時、保存先に指定しているフォルダの中に日付フォルダを作り、その中にダウンロードしたファイルを入れます。
「Downloads Window Auto Close Delay」はダウンロード終了後の指定時間になったらダウンロードウインドウを閉じます。


(4)Use Action Menu instead of ~
070322ss05これはSafariのツールバーの「ホーム」「自動入力」「ブックマーク追加」「バグリポート送信」の内、どれかをSafariStandの「Action Menu」に切り替えます。

070322ss06左の写真は「ホーム」を「Action Menu」に切り替えたところです。歯車のアイコンに変わります。

URL、タイトル、リンクタグをコピーは、字の通りクリップボードにコピーします。

「webアーカイブで保存」はそのページをwebarchive形式で保存します。(拡張子は「.webarchive」)

「ページ情報を表示」はそのページの情報ウインドウを表示します。
070322ss07070322ss08

「このサイトのCookie ~」はそのページの Cookie を表示し、削除することも出来ます。
「構成ファイル」はそのページの構成ファイルを表示します。
「タブを整理する」はコチラを参照して下さい。


(5)その他の一般設定
「Stand Bar Shortcut」
StandBarのショートカットキーを設定します。この設定では fn + F5 です。


Enable Bookmarks Bar Action
ブックマークバーから action_message の実行を可能にします。


「Kill All Favicons」
ファビコンを消去します。少し読み込み速度UPします。
070322ss09


「Kill Draw StatusBar by JavaScript」
ステータスバーのJavaScriptによる流れる広告メッセージなど消去します。


「Kill Gif Animation」
Gifアニメーション画像を消去します。


「Load Plugin Manually」
フラッシュなどのプラグインを読み込むのを制限します。
Youtubeで試してみると、動画は再生されずにこのような画面になります。
070322ss25
「Plugin - click to load」と表示されます。
これをクリックすると、再生されるようになります。
070322ss26
Load Plugin Manually は Standメニュー からもon/offの切り替えが可能です。


「Open "_blank" Link in New Tab」
リンクをクリックしたとき、新規ウインドウで開いていたページが、新規タブで開くようになります。Firefoxのような挙動になります。


「Block Referrer from localhost」
ローカルサーバのwebサイトから外部リンクへ飛ぶときにリファラを送信しなくなります。
(詳しくはSafariStandの「Read Me」を読んで下さい)


「Block "Block feed Protocol"」
RSS feed をクリックしたとき、アラートを出さずにプロトコルヘルパーで開くようになります。
(詳しくはSafariStandの「Read Me」を読んで下さい)


「Switch Tab with Wheel」
ホイール付きマウスを使用しているとき、複数のタブを開いて、タブバーの上でホイールを回すとアクティブなタブが切り替わります。





【SafariStand - 環境設定 - Quick Search】
Quick Searchの設定を行います。
070322ss10

(6)Enable Quick Search
チェックすると、Safariのコンテキストメニューでクイックサーチが使用可能になります。

(7)Context Menu Opens New Tab
チェックすると、クイックサーチの検索結果が新規タブに表示されるようになります。

(8)Flat Menu
070322ss11チェックすると、左の写真のように
コンテキストメニューでクイックサーチがサブメニューではなく、フラットメニューで表示されるようになります。


(9)検索エンジンの新規作成、編集
ここで検索エンジンの編集を行います。左の「ON」の項目にチェックするとクイックサーチのコンテキストメニューで表示する、しないを選択します。
タイトル、ショートカット、URLはダブルクリックして編集出来ます。
下の「delete」「new」ボタンで削除、新規作成。「Data」で現在の設定の書き出し保存、設定をデフォルトに戻すことが可能です。



クイックサーチで検索エンジンを新規登録する方法の一例として、Wikipedia の検索エンジンを登録してみたいと思います。

クイックサーチの「new」ボタンクリックで新規エンジン登録の準備をします。
次に Wikipediaのページを開いて簡単な語句(ここでは「Mac」という語句)で検索します。
070322ss12
するとアドレスバーにこのように表示されます。
赤線部の「Mac」が検索した語句です。
このURLをコピーしてクイックサーチの新規登録のURLに貼付け、「Mac」の部分を「@key」に置き換えます。

次にテキストエンコーディングを調べます。先程のWikipediaのページを開いて 表示メニュー>ソースを表示 でソースウインドウを表示します。
070322ss14
ソースの初めの方に「charset=」とあります。ここに続くのがテキストエンコーディングの種類です。ここでは「utf-8」です。

070322ss13
これでクイックサーチの設定に戻って、適当なタイトルとショートカットキーを入力し、エンコーディングを設定します。

070322ss15
これでクイックサーチにWikipediaの検索エンジンが登録出来ました。

この方法ですべての検索エンジンが登録出来る訳ではありませんが、ある程度は使えると思います。(もっといい設定方法が有りそうですが、少なくとも自分の使用環境では使えています。)

他の検索エンジンの登録URLとテキストエンコーディングを併記しておきますので、よかったら使って下さい。

Wikipedia : UTF-8
http://ja.wikipedia.org/wiki/@key

IT用語辞典 e-Words : Shift JIS
http://e-words.jp/?w=@key

はてな検索 キーワード : EUC-JP
http://search.hatena.ne.jp/keyword?word=@key

アップル - サポート : Shift JIS
http://search.info.apple.com/?q=@key&type=&search=Search&lr=lang_ja&search=Go

Google - イメージ検索 : UTF-8
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=@key&btnG=イメージ検索&gbv=2

Google - Map : UTF-8
http://maps.google.co.jp/maps?q=@key

Mapion - 住所検索 : EUC-JP
http://www.mapion.co.jp/c/f?p=1&uc=7&mx=999&vp=20&grp=all&oi=admi3code&ob=1&find=@key

わかばマークのMacの備忘録 : EUC-JP
http://wakabamac.blog95.fc2.com/index.php?q=@key
(これはオマケです。検索しても大した結果は出ませんので・・)


また、アドレスバーに「Shortcut 検索したい文字列」を入力すると、直接そのShortcutの検索エンジンでの検索結果ページを表示します。
(Shortcutはクイックサーチの環境設定で指定したショートカットキー、空白は半角スペースです。)

例を出すとWikipediaで「Safari」という語句を検索したいとき、クイックサーチの設定でWikipediaには「W」のショートカットを割り当てているので、「w safari」とアドレスバーに入力します。
070322ss20

これでreturnキーを押すと、即座にWikipediaでの検索結果が表示されます。
070322ss21





【SafariStand - 環境設定 - Key Action】
ここではキー入力に関しての設定です。
070322ss16

「Automates the Find Function」
070322ss17
文字入力を始めると自動的に検索パネルが開きます。

「Type "," or "." key ~」
「,」 (コンマ)と 「.」(ピリオド)でタブの切り替えが出来ます。

「Change scale of displayed image ~」
テンキーの「+」「-」「=」でイメージ画像の大きさを変更します。

「Change scale of HTML Text Scale ~」
テンキーの「+」「-」「=」でテキストサイズを変更します。





【SafariStand - 環境設定 - Bookmark】
ここではStandBarでブックマークのコンテキストメニューの「Show info Window」を選択した時に表示される情報ウインドウでの、ラベル、カテゴリーの設定を行います。
070322ss18

「Color Label」
ラベルの名前、色を調整出来ます。

「Category Preset」
カテゴリーの登録、編集が出来ます。カテゴリー名を「-」にするとセパレータ、「/」で階層を作ることが出来ます。
070322ss19






【SafariStand - 環境設定 - Site Alteration】
Site Alterationは個々のサイト毎に様々な条件設定を行います。大変便利な機能です。

使い方の一例として、文字化けするサイトをSite Alterationで修正します。
訪れる度にテキストエンコーディングで修正する必要が無くなります。

FC2ブログのユーザータグのページでは(僕の設定では)時々、文字化けします。(※設定によって文字化けする、しない場合があります。)
だいたいこのような感じで文字化けします。
070322ss22


ここでSite Alterationを使います。
まず、「Enable Site Alteration」にチェックを入れ、そのサイトのトップページを開いて「Add」ボタンでサイト登録します。
070322ss23

「Use This Rule」にチェックして、「Encording」のところの「Alter」にチェックします。
これでテキストエンコーディングを「EUC-JP」を選択すれば完了です。

これで先程のページを開くと・・・
070322ss24
文字化けが解消出来ました。


各項目の説明をして行きます。

(10)Enable Site Alteration
ここにチェックでSite Alterationのon/offの切り替えが可能です。
Standメニュー>Site Alteration からも切り替え可能です。

(11)登録サイト
登録サイトの一覧が表示されます。左のチェックボックスで、そのサイトのSite Alterationのon/offの切り替えが可能です。(12)の「Use This Rule」も同じです。下の「Delete」「Add」ボタンでサイトの削除、登録をします。

(12)各ルール設定
「Use This Rule」
そのサイトのSite Alterationのon/offの切り替えが可能です。

「Match Pattern:」
ここに表示されるホストと後方一致するものがSite Alterationの対象となります。
(詳しくはSafariStandの「Read Me」を読んで下さい)


各項目の「Alter」のチェックで各ルールのon/offの切り替えが可能です。
これより下記の説明ではこの「Alter」がON状態での説明です。

「Load Images Automatically」
左端のチェック無しだとイメージ画像(JPG,GIF,PNGなど)の読み込みを制限します。チェックを入れると画像を読み込みます。


「JavaSprict Enabled」
左端のチェック無しだとJavaSprictを制限します。チェックを入れるとJavaSprictを受け入れます。


「Automatically Open Popup Windows」
左端のチェック無しだとポップアップウインドウを制限します。チェックを入れるとポップアップウインドウを表示します。


「Java Enabled」
左端のチェック無しだとJavaを制限します。チェックを入れるとJavaを受け入れます。


「Plugin Enabled」
左端のチェック無しだと(フラッシュなどの)プラグインを制限します。チェックを入れるとプラグインを受け入れます。


「Encording」
そのサイトに合わせたテキストエンコーディングを設定します。


「Default Font Size」
そのサイトに基本のフォントの大きさを設定します。


「Minimum Fontsize」
そのサイトに最小フォントの大きさを設定します。


「User StyleSheet location」
ユーザー独自のスタイルシートを設定出来ます。スタイルシートのファイル名を入力して場所を指定します。この辺りは初心者には手が出ません。
詳しくはSafariStandの「Read Me」を読んで下さい。





以上、長い記事になってしまいましたが、最後まで読んでくれてありがとうございます。
SafariStandはとてもいいソフトウェアなので、是非インストールすることをお奨めします。もっと詳しく知りたい方はSafariStandの「Read Me」を読んで下さい。

(関連記事)
SafariStand (1)
SIMBL
SafariStand/ action_message
SafariStand/ Bookmark Self にショートカット割当
SafariStand/ サイトごとにフォントを変更する
SafariStand/ AppleScriptのソースを選択してScriptEditorで開く
SafariStand/ パスを選択してFinderでフォルダを開く
SafariStand/ deliciousの訪問済みリンクを紫にする
SafariStand/ Google の検索結果ページのサイドバーを消す

edit

Internet | CM:4 | TB:1

tag : Safari  SafariStand  SIMBL  InputManager  RSS  ContextMenu  PDF  WebSearch 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。