bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 09

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1025.html

OpenMagic
icn_OpenMagic.jpg
OpenMagic : クリエータコードから判断して登録しておいたアプリで起動
OS10.5以上(UB)
ドネーションウェア


ファイルが持つクリエータコードから判断して、予め登録しておいたアプリケーションでファイルを起動する、また、ファイルにクリエータコードを設定することもできる「OpenMagic」の紹介です。

Snow Leopard では、ファイルをダブルクリックして開くときに クリエータコード を無視して、開くアプリケーションを判断するようになってしまいました。

詳しくは『Snow Leopard ではクリエータコードが無視される件・・・』参照


OpenMagic を使うと、予め登録しておいたアプリケーションに関しては、そのファイルがもつクリエータコードからアプリケーションを判断して、そのアプリでファイルを開くようにできます。




インストール

ダウンロードして解凍すると、
  • OpenMagic.app
  • OpenMagicService.service
の2つのファイルが存在します。
100815om1.jpg

「OpenMagic.app」はアプリケーションフォルダへ、「OpenMagicService.service」は

(個別ユーザで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/Services/

(すべてのユーザで使用する場合)
/Library/Services/

に保存します。(フォルダが存在しない場合は、その名前のフォルダを新たに作成する)






“サービス” の設定

次にサービスメニューを使えるように設定します。
システム環境設定キーボードキーボードショートカットサービス
を開き、「OpenMagic」に ✓ を入れます。
ついでに任意のショートカットキーも設定しておきます。
100815om2.gif


これで Finder 上で「OpenMagic」サービスが使用できるようになります。
100815om3.gif





“OpenMagic” の設定

次にアプリケーション「OpenMagic.app」を起動して、サービスを通じてファイルを開くアプリケーションを登録します。

OpenMagic のウインドウの「Configuration」タブのリストに、登録したいアプリケーションのアイコンをドラッグ&ドロップします。
100815om4.gif

例えばテキストエディタの「CotEditor」を登録してみて、例を挙げると・・・

OS10.6で、CotEditor で標準テキストファイル(拡張子 .txt)を作成したとします。
(※このファイルには CotEditor のクリエータコード 'cEd1' が記録されています)

このファイルをダブルクリックして開くと、CotEditor ではなく、「テキストエディット.app」など UTI のデフォルトアプリケーションで開きます。
この仕様では面倒なことが多いです。


そこで「OpenMagic」サービスで設定したショートカットキーを押すと、一発で CotEditor でテキストファイルを開くことができます。

サービスを通じて、そのファイルが持つクリエータコードから、開くアプリケーションを判断して、ファイルを開きます。

クリエータコードを持っているファイルを「OpenMagic」サービスを通じて開く場合でも、OpenMagic で登録していないものについては、UTI のデフォルトアプリケーションで判断したりするようです。


もちろん、Finder のコンテキストメニューのサービスから「OpenMagic」を実行して開いても同じです。
100815om5.gif




また、OpenMagic で登録したアプリケーションに、さらに「拡張子」を登録しておくと、その拡張子のファイルをそのアプリで開くようにも設定できます。
(「OpenMagic」サービスを通じてファイルを開くとき)

例えば、「html」ファイルを OpenMagic で開くときには、CotEditor で開くように設定してみます。

まず、リストで「CotEditor」を選択した状態にします。
これで、拡張子「.html」を持つファイルを右側のリストにドラッグ&ドロップします。
100815om6.gif


こうしておくと、htmlファイルが OpenMagic サービスを通じて開くときには、CotEditor で開くようになります。





ファイルに “クリエータコード” を付加・変更する

OpenMagic の「Tool : Redefine creator」タブでは、ファイルに「クリエータコード」を付加したり、変更したりできます。
100815om7.gif

①右側のリストにファイルをドラッグ&ドロップ
②クリエータコードのアプリを選択
③右側リストでクリエータコードを適用させたいアプリを選択して「Appliquer」ボタンをクリック

以上で、ファイルにクリエータコードを付加・変更することができます。
100815om8.gif







この記事では OpenMagic 1.0b を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : setnan.org - accueil
Download page : setnan.org > mac software > OpenMagic



(関連記事)
Snow Leopard ではクリエータコードが無視される件・・・
QuickFileType

スポンサーサイト

edit

Utility | CM:1 | TB:0

tag : ファイル属性  Launcher  ServicesMenu 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1004.html

Filter through Shell Command
icn_Terminal_Leopard
Filter through Shell Command : 選択したテキストに各種UNIXコマンドを実行するサービス
OS10.6
フリーウェア


10.6: Service to filter selected text using a shell command - Mac OS X Hints』経由で知った、選択しているテキストに対して各種UNIXコマンドを実行するサービス「Filter through Shell Command」の紹介です。


インストールは、ダウンロードした「Filter through Shell Command.workflow」ファイルを
/Users/登録アカウント名/Library/Services/
に保存して(フォルダが存在しない場合はこの名前のフォルダを新たに作成する)、Macを再起動します。

システム環境設定キーボードキーボードショートカットサービス
を開いて「Filter through Shell Command」にチェックします。
100526ft1.gif
このサービスにホットキーを設定したいときは、リストの右の方をダブルクリックして、キーを設定します。
これで、コンテキストメニューやホットキーなどで、このサービスを使用できるようになります。




sort 行単位でソートして順番を変える 】


例えば テキストエディット.app で次のような文章を入力しているとして、これらの各行の単語をソートしたいときに「Filter through Shell Command」を使います。
100526ft2.gif

ソートしたい行の部分を選択してコンテキストメニューから、それを実行します。

すると、UNIXのコマンドを入力するためのダイアログが表示されるので、ここにコマンドを入力して実行します。(デフォルトで最初に「sort」コマンドが入力された状態で開きます)
100526ft3.gif


これを実行してみると、下のように1行ずつアルファベット順にソートします。
100526ft4.gif

オプションの「-f」を付けたら、アルファベットの大文字・小文字の区別をしなくなったり、-r」を付けて逆順にソートしたり、いろいろオプションも使えます。





tr 文字を置換する 】


下のような文章を選択した状態で、「Filter through Shell Command」サービスを実行します。
100526ft5.gif


tr」コマンドを使って、

tr "痴漢" "置換"

と実行してみます。
100526ft7.gif

すると見事に「置換」されました。
100526ft6.gif
日本語だと厳しいのか文字の「字」も、勝手に置換されてしまったけど。

まあ、この例の場合は標準の「置換機能」を使った方が、よっぽどスマートにできます。



sed 文字を置換する2 】


sed」コマンドを使って、また文字を置換します。

英語の文章を入力していて「the」を「teh」とタイプミスしてしまった多くの誤りを直します。
100526ft8.gif

sed -E 's/([tT])eh/\1he/g'

とします。(Safariの場合半角の\が「\」表記になってしまうのでバックスラッシュに直して下さい)
100526ft9.gif

これを実行すると、タイプミスした「Teh」or「teh」が「the」に修正されました。
100526ft10.gif






他にも「awk」コマンドを使ったパターンなどが、作者さんのサイトで例として書かれています。

僕はあまりUNIXのコマンドに詳しくなく、よくわからないのですが、わかる人にとっては便利なサービスなんじゃないかと思います。







(ダウンロードリンク)
Site top page : A Tasty Pixel
Download page : OS X service to filter selected text through a shell command

edit

Schedule/Text | CM:2 | TB:0

tag : ServicesMenu  テキスト  Command-Line  Automator 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-972.html

Automator で Service を作成
Snow Leopard ではコンテキストメニュープラグインが使えなくり、
代わりに「サービス」がコンテキストメニューなど、いろいろな場面で使えるようになりました。

Snow Leopard 以前は、いろいろなコンテキストメニュープラグインを使用していたので、それに代わるものとして、Automator を使って「サービス」を作ってみました。
(僕のレベルでは簡単なものしか作れないけど・・・)
icn_Automator.jpg




ファイルを「○○で開く」サービス

例えば、Finderでファイルを選択して「○○で開く」という風に、自分のよく使う特定のアプリケーションで開くサービスを作ってみたいと思います。
AmOpenUsingCMX の代わりとして)


まず、Automator を起動するとワークフローのテンプレートを選択するダイアログが表示されます。
090913ams1.gif
ここで「サービス」を選択します。


次にサービスに送る項目の種類と、そのサービスが有効なアプリケーションをリストから選択します。
090913ams2.gif


ここでは「ファイルまたはフォルダ」と「Finder.app」とします。
090913ams3.gif


続いて左カラムから、アクションをドラッグ&ドロップします。
090913ams5.gif
ここの「Finder 項目を開く」でアプリケーションを選択します。


あとは command+S で保存します。
090913ams6.gif
保存するときのファイル名は、コンテキストメニューなどで表示されるサービス名となるので、わかりやすい名前で保存しておくといいでしょう。

保存場所は
/Users/登録アカウント名/Library/Services/
にワークフローファイルとして保存されます。

後で編集したいときは、ここのファイルをまた Automator で開いて編集できます。




このような手順で、自分がよく使うアプリケーションごとに「サービス」を作成していきます。
作成したサービスはすぐに使用できます。
090913ams7.gif






ファイルを「○○フォルダへ移動する」サービス

Finder で選択しているファイル・フォルダを、あらかじめ登録しておいたフォルダへ移動するサービスを作ってみます。これも作るのは簡単。

上記と同じような手順で下のように設定します。
090913ams8.gif
これで保存先を、例えば「アプリケーション」フォルダに設定します。

このようなワークフローをいくつか作成して「サービス」として使えば、QuickAccessCMのように使えます。
090913ams9.gif

これも名前を工夫しておくと分かりやすいと思います。
僕の場合、頭に「->」を付けています。






ファイルをロック/アンロックするサービス

AppleScriptを併用して、Finder で選択しているファイル・フォルダをロック(or アンロック)するサービスを作ってみました。
LockPopCM の代わりとして)

アクションの「AppleScript を実行」をドラッグ&ドロップして、AppleScript を入力して行きます。
090913ams10.gif

2~3行程度のソースコードじゃ問題ないと思いますが、ちょっと長めのものは Automator上ではコンパイルできないので、AppleScript Editor でコードを入力してからコピペした方がいいと思います。

ただ、普通のAppleScriptではエラーが出ないのに、Automator上でテストしてみるとエラーが出てしまうことがあります。
(よくわからないけど、ルーティンをいくつかのハンドラを小分けにしてスクリプト組むと、エラーが出た。)


このサービス用のワークフローを欲しい人は、アップロードしたのでどうぞ。
Lock_or_Unlock_Service

インストールは解凍してできた「Lock or Unlock.workflow」ファイルを
/Users/登録アカウント名/Library/Services/
に保存するだけです。

もし、コンテキストメニューなどの「サービス」に「Lock or Unlock」項目が表示されない場合は、
システム環境設定キーボードキーボードショートカット
の「サービス」を開き、「Lock or Unlock」項目の左端のチェックが入ってるかどうか確認して下さい。
090913ams11.gif

ちなみに、この項目の右端の方をダブルクリックしてホットキーを設定することができます。



使い方は、1つのファイル(フォルダ)を選択して、サービスを実行すると、そのファイルがロックされます。
すでに、そのファイルがロックされている状態ならアンロックします。

もし2つ以上のファイルを選択してサービスを実行したのなら、ダイアログですべてロックするか、すべてアンロックするかを選択します。
090913ams12.gif






Appleの公式ページでも、サービスのサンプルがダウンロードできます。
Mac OS X Automation: Services Downloads

edit

Macの基本操作 | CM:3 | TB:0

tag : ServicesMenu  Automator 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-968.html

CountCharacters・PinYin
icn_CountCharacters.jpgicn_PinYin.jpg

CountCharacters : 選択している文字数、単語数、行数を表示するサービス
PinYin : 選択している文字の中国語の発音記号ピンインを表示するサービス
OS10.5.8以上(UB)
フリーウェア


選択中のテキストの文字数、単語数、行数を表示する「CountCharacters」、選択中の文字のピンイン(中国語の発音記号)を表示する「PinYin」、2つのサービス機能専用アプリケーションの紹介です。


これらを使用するには、「アプリケーション」フォルダか、そのサブフォルダ内にアプリケーションを保存してシステムを再起動します。

それから
システム環境設定キーボードキーボードショートカット
の「サービス」を開きます。
090912ccp1.gif

ここのテキストカテゴリにある「ピンインを調べる」「文字を数える」にチェックを入れます。


すると、サービスメニューやコンテキストメニューで、このサービスを使用できるようになります。
090912ccp2.gif



▶ 文字を数える(CountCharacters)
Cocoaアプリケーションでテキストを選択し、このサービスを実行すると、マウスポインタの有る場所に、選択部分の文字数・単語数・行数を表示します。
090912ccp3.gif

このウインドウはしばらくすると消えます。また、クリックしても消えます。



▶ ピンインを調べる(PinYin)
Cocoaアプリケーションでテキストを選択し、このサービスを実行すると、マウスポインタの有る場所に、ピンイン(中国語の発音記号)が表示されます。
090912ccp4.gif

このウインドウもしばらくすると消えます。また、クリックしても消えます。

中国語を勉強している人にとっては、けっこういいんじゃないかと思います。
僕はさっぱりわからないけど。




ちなみに、これらのアプリケーションのアイコンは、自作アイコンを採用して頂きました。
icn_CountCharacters.jpg

icn_PinYin.jpg






この記事では version 1.0.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Spread Your Wings
Download page : Software for MacOSX

edit

Schedule/Text | CM:0 | TB:0

tag : ServicesMenu  テキスト  教育と学習 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-967.html

CopyPath
icn_CopyPath_20090909231022.jpg
CopyPath : サービスメニューから、ファイルのパスをクリップボードへコピーする
OS10.5.8以上(UB)
フリーウェア


サービスメニューから、ファイルのUNIX形式のパスをクリップボードへコピーする「CopyPath」の紹介です。

以前はファイルのパスをコピーするツールとして「AmCopyPathCMX」を使っていましたが、をOS10.6からコンテキストメニュープラグインが使えなくなってしまったようなので、ちょっと不便を感じていました。


同名のアプリケーション「CopyPath」も使っていますが、やはり右クリックからできたら便利ということで、サービスメニューから使える「CopyPath」を導入してみました。



インストールは「アプリケーション」フォルダか、そのサブフォルダ内に「CopyPath」を保存して、システムを再起動します。

そして システム環境設定キーボードキーボードショートカット
の「サービス」を開きます。
090908cp1.gif
ここの「ファイルパスのコピー」にチェックを入れます。


これで、FInderでファイルを選択して、右クリックしてコンテキストメニューを開き、「ファイルパスのコピー」を実行します。
090908cp2.gif


すると、クリップボードにそのファイルのUNIX形式のパスがコピーされます。
090908cp3.gif


やっぱり、右クリックからパスのコピーができるのは便利。



とくには関係ないけど、OS10.6では Finder で使えるサービスは、ウインドウの歯車メニューからも実行できるようになっています。
090908cp4.gif


さらにパスバーを表示している場合は、その上位フォルダのところからも、右クリックでサービスが開き、ファイルパスをコピーできます。
090908cp7.gif





システム環境設定のパネルでの設定のときに、ホットキーを設定できます。
ファイルパスのコピー」の項目の右側をダブルクリックして、任意のホットキーを入力して設定します。
090908cp5.gif


こうすると、このサービスはホットキーで使えます。
090908cp6.gif



('09/09/09追記)
自作アイコンを採用して頂きました。
icn_CopyPath_20090909231022.jpg
(´-`).。oO(飾りっけがない・・・)







この記事では CopyPath 1.0.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Spread Your Wings
Download page : Software for MacOSX

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Path  ServicesMenu 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。