bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 10

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-768.html

Capture Me
icn_CaptureMe
Capture Me : 動画も撮ることができるスクリーンキャプチャソフト
OS10.4以上(UB)
ドネーションウェア


デスクトップの動画を撮影できて、スクリーンショットの撮影もできるスクリーンキャプチャソフト「Capture Me」の紹介です。

起動すると、下のような半透明のフローティングウインドウが表示されます。
081110cm1

スクリーンショットを撮るには、まずこのウインドウを撮影したい場所に移動し、リサイズしてウインドウのサイズを調整します。
(メニューバーの上部レベルにウインドウを持って行くことはできない)

そして、ウインドウ内をクリックすると、その場所を切り取るようにキャプチャして、画像をウインドウに半透明で表示します。
081110cm2

これで、command+S のホットキーで画像ファイルをデスクトップに保存します(設定による)。
081110cm3


保存する前に、連続してウインドウ内をクリックすると、また新たにスクリーンショットを撮影して、前の画像が失われるので注意。

Capture Meメニュー > Preferences...command+,
で環境設定の「Capturing」タブを開き、「Save captures to desktop」にチェックしていると、ウインドウをクリックした時点でデスクトップに画像ファイルを保存します。
081110cm4

また、ここの「Delay before capturing」のスライダで秒数(最大10秒後)を設定しておくと、タイマー撮影できるようになります。
タイマーのカウントもウインドウに表示されます。
081110cm6


環境設定の「Saving」タブで画像ファイルのフォーマットを選択できます。
081110cm5
「JPEG 2000」でも撮影できるようになっています。


メニューやホットキーでの操作もできます。
081110cm7

option+command+K で全画面撮影、ただし画像は自動的に縮小されるようです。


command+R でウインドウの範囲内の録画を開始します。

録画中は下のウインドウが表示されて、「Stop」をクリックすれか、も一度 command+R で録画を中止できます。
081110cm8

録画が終了すると、QuickTime形式(.mov)のファイルがデスクトップに保存されます。

環境設定の「Record」タブで録画時間の設定をします。
081110cm9

最大連続録画時間は 60秒 まで。
マウスポインタは撮影されません。






この記事では Capture Me 1.4.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Chimoosoft - Freeware and Shareware Software for Mac OS X
Download page : Capture Me - Screen Capture Software for Mac OS X
スポンサーサイト

edit

Movie/Music | CM:0 | TB:0

tag : ScreenCast  ScreenCapture 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-591.html

Lilypad
icn_Lilypad
Lilypad : デスクトップの様子を動画でキャプチャ録画できる
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


デスクトップの様子をMPEG-4動画でキャプチャ録画できる「Lilypad」の紹介です。

Lilypad を起動して、
ファイルメニュー > 新規録画command+N
を実行すると、画面中央に下のようなウインドウが表示されます。
ここで、撮影時間や範囲などを設定します。
080731lpd1

時間」のスライダで撮影時間を設定します。最大で30秒間


拡大率」は撮影サイズの拡大率です。
例えば、サイズで「480×360 : YouTube」を設定して、拡大率を50%にすると、作成される動画の表示サイズは「240×180」になります。
100%に設定すると、「サイズ」で指定した範囲を実物大で録画します。

(「サイズ」で指定した撮影範囲)×(拡大率)=(作られる動画の表示サイズ)


サイズ」は撮影範囲を指定します。
デフォルトで「480×360」「640×480」「800×600」の撮影範囲サイズが用意されています。
080731lpd2

この撮影範囲は「四角の枠」で表示されている範囲です。
枠の四隅をドラッグ&ドロップすれば手動で撮影範囲の設定ができます。
080731lpd3

また、この枠ごとドラッグして移動できます。
080731lpd4

マウスの動きに追従する」にチェックすると、マウスポインタを中心点として撮影範囲が移動します。



これらの設定完了後に「録画開始」ボタンをクリックすると、撮影開始です。

撮影中はDockアイコンに、残りあと何秒かを表示します。
080731lpd5

指定時間が過ぎると動画を作成し始め、セーブダイアログが開いて、保存場所とファイル名を設定して動画を保存します。
080731lpd7

MPEG-4形式で保存されます。QuickTime Player などで見ることができます。
080731lpd6






この記事では Lilypad version 0.6 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : bicoid
Download page : Lilypad

説明動画『YouTube - Lilypad 0.6

edit

Movie/Music | CM:0 | TB:0

tag : ScreenCast  ScreenCapture 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。