bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2019 / 11

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1020.html

Safari Extension/ Ultimate Status Bar
icn_UltimateStatusBar.jpg
Ultimate Status Bar : Safariに多機能なステータスバーを追加する
Safari Extension
ドネーションウェア


Safariに多機能なステータスバーを追加する「Ultimate Status Bar」の紹介です。
インストールして、Safari を再起動すると?有効になります(たぶんそうだったはず・・・)。

表示中のページでリンク部分にマウスオーバーすると、ステータスバーが表示され、ファビコン付きでわかりやすく表示されます。
100727usb1.jpg


環境設定から、ステータスバーの背景テーマを変更することも可能です。
100727usb2.gif

例えば「Mac Dcok」を表示してみると、こんな感じ。
100727usb3.jpg


メールリンクもアイコンが付いてわかりやすいです。
100727usb6.gif



リンク先がZipファイルなどのダウンロードファイルなどであった場合、アイコンとファイルサイズもステータスバーに表示します。
100727usb4.jpg



便利なのが、短縮されたURLを展開して表示できるので、訳が分からない怪しいURLもページを開く前にURLだけでも確認できていいです。
100727usb5.jpg



各種項目は、環境設定で表示・非表示の設定できます。






この記事では Ultimate Status Bar 0.9.7.5 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Home - Ultimate Status Bar: Safari Extension
Download page : 上に同じ



(関連記事)
Safari5 の「機能拡張」を使えるようにする方法

edit

Internet | CM:3 | TB:0

tag : SafariExtension  Safari 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1014.html

Safari Extension/ Reload Button
icn_Reload_Button.jpg
Reload Button : Safari5 のツールバーにリロードボタンを追加する
Safari Extension
フリーウェア


Safari5 のツールバーにリロードボタンを追加する、Safariの機能拡張「Reload Button」の紹介です。

インストールして有効にすると、Safari4からアドレスバーに吸収された「リロード」ボタンを、再びツールバーに表示して使用することができます。
100714sr1.jpg


Safari4を使ってる人は、SIMBLプラグインの「SafariReloadButton」を使うといいでしょう。






この記事では Reload Button 1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : ***
Download page : Safari Reload Button



(関連記事)
Safari5 の「機能拡張」を使えるようにする方法

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : SafariExtension  Safari 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1013.html

Safari Extension/ Mafuyu
icn_Mafuyu.jpg
Mafuyu : Googleの検索結果で各ページに番号を割当、数字キーで開くことができる
Safari Extension
フリーウェア


Googleの検索結果で各ページに番号を割当て、数字キーでそのページを開くことができる、Safariの機能拡張「Mafuyu」の紹介です。

Mafuyu をインストール・有効にすると、Googleで検索したときに、結果のページの各項目に数字が表示されるようになります。
100712mfy1.gif

19, 0 の数字キーを押すと、その番号にあったページを開くことができます。


controlキー を押しながら、数字キーを押すと、新規ウインドウ・タブで、ページを開きます。

これ以外にも、Googleの検索結果のページにショートカットキーを設定します。  
キー動作
19, 0 n番目の検索結果を開く
control + 19, 0 n番目の検索結果を新しいタブで開く
N 次のページへ移動
P 前のページへ移動
I(アイ) 検索フィールドにフォーカスを当てる
esc 検索フィールドからフォーカスを外す


この「Mafuyu」を入れていると、Googleの検索から目的のページを開くまでを キーボードのみの操作できるので、とても便利でオススメです。






この記事では Mafuyu 1.2.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Takeba.me
Project page : Mafuyu
Download page : s.take / Mafuyu / downloads ― bitbucket.org



(関連記事)
Safari5 の「機能拡張」を使えるようにする方法

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : SafariExtension  Google  WebSearch  Safari 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1012.html

Safari Extension/ Twitterbird emoji
icn_Twitterbirdemoji.jpg
Twitterbird emoji : Twitter で使う :-) などの顔文字をかわいいアイコンに変換する
Safari Extension
フリーウェア


Twitter で使う :-) などの顔文字をかわいいアイコンに変換する、Safariの機能拡張「Twitterbird emoji」の紹介です。



これをインストール・有効にして、Twitter のページを開きます。

つぶやきを入力するテキストフィールドの右下に、かわいい鳥の顔アイコンが表示されているので、それをクリックすると下のような吹き出しが表示されます。
100711twe2.jpg

それぞれのアイコンをクリックすると、それに対応した顔文字が入力されます。
:-) :-D ;-) :-( :-/ :'( :-[ :-X :-p :-O 8-) :-B :-< <3 O:) %-)
100711twe1.gif


つぶやきを投稿してから、しばらくすると「 :-) :-D ;-) :-( 」などの無骨な顔文字が、下のようなかわいいアイコンに変わります。
100711twe3.jpg


当然ながら「Twitterbird emoji」をインストール・有効にした Safari のみ使えるので、他のTwitterクライアントでは、「 :-) :-D ;-) :-( 」元のままの顔文字の表記になります。






この記事では Twitterbird emoji 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : McDo DESIGN.com
Download page : McDo DESIGN.com » Safari Extensions




(関連記事)
Safari5 の「機能拡張」を使えるようにする方法

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : SafariExtension  Twitter  絵文字  Safari 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-1011.html

Safari5 の「機能拡張」を使えるようにする方法
icn_SafariExtension.jpg
今更の話ですが Safari5 の「機能拡張」を使えるようにする方法です。
(たぶんSafariがバージョンアップすれば、もっと簡単に使えるようになるでしょう)


('10/07/29追記)
Safari 5.0.1 で正式に「機能拡張」が採用されました。
なので下記に書いたような、開発 メニュー > 機能拡張を有効にする の操作は不要になりました。

さらには『Apple - Safari - Safari Extensions Gallery』ができて、ここから機能拡張をインストールできるようになっています。
100729saf1.jpg
(今のところ英語サイトのみ)


このページには、
Safari メニュー > Safari 機能拡張ギャラリー
もしくは、環境設定 > 機能拡張 タブ のウインドウ右下の「機能拡張を取得」ボタン からアクセスできるようになっています。
(追記おわり)






【 “機能拡張” を利用できるようにする 】



まず、Safari の 環境設定詳細 を開きます。
100711se1.gif

ここの「メニューバーに“開発”メニューを表示」に ✓ します。


そして「開発」メニューから「機能拡張を有効にする」を実行して、項目の左に「✓」を付けます。
100711se2.gif


これで、環境設定ウインドウに「機能拡張」タブが追加され、Safari の機能拡張(Safari Extensions)を利用・管理できるようになります。
100711se3.gif





【 “機能拡張” をインストール・管理する 】


今のところ、各デベロッパが作った Safari の機能拡張は、各々で公開しており、それをダウンロードしてインストールします。
(将来、Firefoxみたいに、Apple がまとめて公開管理するようになるかも?しれませんが)


インストールはダウンロードした「機能拡張(Safari Extension)」をダブルクリックします。
100711se4.gif
(Safari機能拡張ファイルの拡張子は「.safariextz」)

すると、ダイアログでインストールするか、しないかを最終的に選択します。
100711se5.jpg


インストールされた「機能拡張」ファイルは
/Users/登録アカウント名/Library/Safari/Extensions
に保存されます。


環境設定機能拡張 で、有効/無効、アンインストール、詳細設定、アップデートの管理などができます。
100711se6.gif





【 “機能拡張” の中のファイルを見る 】


「機能拡張」のソースコードのファイル、リソースなどを見たい場合は、
(機能拡張ファイルのバックアップを取ってから)、Finderで
拡張子「.safariextz」を「.xar」に変更します。
100711se7.jpg


機能拡張はアーカイブファイルとして認識されるので、それを解凍すると「○○○.safariextz」というフォルダが作られます。
100711se8.gif


このフォルダの中にソースコードや、画像リソースなどが有り、それを見ることができます。
100711se9.jpg






この記事では Safari version 5.0 (6533.16) を使用しています。
バージョンアップすれば、この記事の内容は大きく変わるかもしれません。








(Safari の“機能拡張”をいろいろ紹介している参考ページ)




(Safari の“機能拡張” の紹介記事)
Twitterbird emoji --- Twitterで使う :-) などの顔文字をかわいいアイコンに変換
Mafuyu --- Google検索結果で各ページに番号を割当、それを数字キーで開ける
Reload Button --- Safari5 のツールバーにリロードボタンを追加する
User CSS --- サイトごとにユーザ定義のスタイルシートを適用させる
Ultimate Status Bar --- 多機能なステータスバーを追加する
GoMBoX --- Googleの画像検索結果ページを「Lightbox」風のビューアで表示
HoverZoom --- Flickr, Picasa などでマウスオーバーで画像を拡大表示

edit

Internet | CM:0 | TB:0

tag : SafariExtension  Safari 

+