bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2019 / 11

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-193.html

QuickTime/ 動画をつなげる
icn_QuickTime
QuickTime : アップル純正ソフト


最近のアップデートでQuickTimeをバージョンアップしてみたら、QuickTime Pro でなくても、フルスクリーン表示(command+F)が可能になっていました。
070712qtt1

やっと出来るようになったか、という感じですが、便利になりました。
070712qtt4






そんな QuickTime に関する話で、2つ以上の動画をつなげて1つの動画にする方法です。QuickTime Pro ではなく、普通の QuickTime での話です。

まず、QuickTime で動画を開きます。
070712qtt2


つなげたい部分で一時停止します。編集後の動画を1つの動画が終わって次の動画が始まるようにする場合は、再生し終わったところで停止した状態にしておきます。
070712qtt3


これで、この後につなげたい動画ファイルをドラッグします。
070712qtt5


これで、2つの動画がつながりました。
動画の途中からつなげると、後から足した動画が終わると最初の動画の続きが再生されるようになります。挿入したような感じになります。
070712qtt6


後は、このウインドウを閉じようとすると、保存するかどうかの選択ダイアログが表示されるので、「保存」をクリックします。
070712qtt7


このとき、僕の環境では QuickTime のウインドウが下の写真のように固まってしまいますが、QuickTime を再起動すると先程保存したファイルを開けます。
070712qtt8


こんな感じでちょっと変な挙動をするので、試される方は自己責任で行って下さい。当然動画をつながれた方の動画は、保存してしまうと元に戻せないので注意が必要です。

edit

Movie/Music | CM:2 | TB:0

tag : QuickTime  Tips 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-206.html

Finderで動画・音楽ファイルを再生
QuickTime、iTunesで再生出来る動画・音楽ファイルを、それらのアプリケーションを起動せずにFinderで再生する方法です。
知ってる人にとっては当たり前で、知らない人には便利な話です。


方法は、まずFinderウインドウで再生したい動画・音楽ファイルを表示します。それでカラム表示にすれば、プレビュー出来ます。
カラム表示にするには黄色枠部分をクリックするか、command+3 で出来ます。
070701fdo1

動画の場合は映像部分をダブルクリックで再生、シングルクリックで一時停止します。


iTunes で再生出来る音楽ファイルもカラム表示で、再生出来ます。
070701fdo3

再生中にFinderウインドウを閉じると、その動画(音楽)は停止します。


また、「情報を見る」ウインドウ(command+I(アイ))でも再生出来ます。
070701fdo2


スピーカーアイコンをクリックすると、音量調節スライダーが表示されます。
070701fdo4

音量が小さくて聞こえないときは「shift」キーを押しながらクリックすると、さらに大きな音量に出来ます。
070701fdo5


この shiftキーを押しながら音量調節は、WebブラウザでQuickTimeプラグインで表示しているストリーミング動画でも使えます。
070701fdo6

それにしても、このCMのなかのPC君は、憎めないキャラですね。どちらかというと、MacよりPCの方が好印象のような気がする・・・。

edit

Macの基本操作 | CM:2 | TB:0

tag : Finder  QuickTime  iTunes  Tips 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-102.html

Flip4Mac
icn_Flip4Mac
Flip4Mac : WindowsMediaをQuickTimeで再生
OS10.3.9以上(UB)、QuickTime v6.5, 7.0以上、PreferencePane
フリーウェア


Flip4Mac をインストールしていると、WMV、WMAなどのWindowsMediaフォーマットのファイルを、QuickTime Player で再生出来るようになります。

もうずいぶん前に MicroSoft は Mac 向けの WindowsMediaPlayer の開発を打ち切っており、Windows Media Player 9 for Mac OS X では見られない(聞けない)ファイルもあるので、是非 Flip4Mac をインストールしておきましょう。


試しにWMVファイルを QuickTime Player で再生してみます。
WMVファイルを選択して control+クリック(右クリック)して、「WMV Player」を選択すると再生出来ます。
070425fmw2


QuickTime Player でWMVファイルを再生したところ。
070425fmw3



また、Finder上でWMVファイルを選択して、command+I(アイ)で情報ウインドウ(もしくはインスペクタ)を開いて、「このアプリケーションで開く」の項目のところで「WMV Player」を選択すると、そのファイルはずっと QuickTime Player で開くようになります。

ここで「すべて変更」をクリックすると、同じ拡張子「.wmv」のファイルはすべて QuickTime Player で開くようになります。

詳しくは「デフォルトアプリケーションの変更」の記事をご覧下さい。




インストールするとWebブラウザ用のプラグインも一緒にインストールされます。
ストリーミング放送で Flip4Mac を導入してから見れなくなったという場合は、
アップルメニュー>システム環境設定>Flip4Mac WMV
で、「Plug-In」タブを選択します。
070425fmw1

ここで「Use Flip4Mac Internet Plug-In」のチェックを外します。
これで、ストリーミング放送を WindowsMediaPlayer で見る設定に戻ると思います。




(ダウンロードリンク)
Site top page : Flip4Mac - Digital Media Tools for the Mac
Download page : Flip4Mac WMV Products




('07/05/06追記)
E-WA'S BLOG さんが、日本語リソースを作られています。
インストール方法は、ダウンロードした「Flip4Mac WMV Player_jpres」フォルダの中の「お読みください.rtf」に詳しく説明されていますので、そちらを参考にして下さい。

070506fm0
日本語リソースを入れた後の アップルメニュー>システム環境設定>Flip4Mac WMV のウインドウ。

英語が苦手な僕には、ありがたいものです。
いつもながら、E-WAさんには頭が下がります。



(ダウンロードリンク)
[日本語リソース]
Site top page : E-WA'S BLOG
Download page : Flip4Mac




('07/05/06さらに追記)
上記のE-WAさんの日本語リソースのページですが・・・

「ここにあったエントリーを間違って消してしまいますた orz」

とのことでした。orz
確か、バージョンの新しい Flip4Mac(2.1.2.72) でも、前のバージョンの日本語リソースが使えたはずなので、E-WAさんのこちらのページ(2.1用)から日本語リソースをダウンロードできます。



('07/11/06追記)
Flip4Mac のバージョンアップに伴って、E-WAさん の日本語リソースをダウンロードできるページが変わってきているので、検索結果のページでダウンロードできるページを探して下さい。
「Flip4Mac」の検索結果 - E-WA’S BLOG

edit

Movie/Music | CM:0 | TB:0

tag : PreferencePane  QuickTime  codec 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-76.html

iSquint
icn_iSquint
iSquint : 動画ファイルをiPod用に変換、FLVもMP4・H.264に変換
OS10.3.9以上
ドネーションウェア、日本語対応


動画ファイルをiPod用に変換してくれる「iSquint」の紹介です。

iPodを持っていないので、無用の長物かと言ったら、そうではありません。
この「iSquint」はYouTubeや、GoogleVideoなどで使われているフラッシュ動画(拡張子は「.flv」)をMP4形式に変換することも出来ます。


試しにYouTubeでダウンロードしたフラッシュ動画を変換してみます。
(YouTubeなどでダウンロードする方法はコチラを参照)

まず、iSquint を起動してflvファイルをウインドウにドロップします。
070415isq1

ウインドウにファイルが表示されたら、「開始」ボタンで変換がスタートします。
設定にもよりますが、だいたい6分ぐらいのflv動画を約5~6分ぐらいで変換出来ました。

変換が終わると、MP4ファイルが新たに作られます。
070415isq2

そのmp4ファイルをQuickTime Player で再生したところ。
070415isq3

これなら、Perian(QuickTimeの万能コーデック OS10.4以上)が使えないOS10.3でも、YouTubeなどでダウンロードしたものを QuickTime Player で再生出来て、シークも使えるので、使い勝手がずいぶん良くなります。


また、変換する際に画質などを調整出来ます。
070415isq4
「iTunesに追加する」にチェックすると、iTunesライブラリに追加されます。
H.264ファイルにも変換出来ます。


iSquint の日本語訳がけっこうおもしろいです。
また、上位バージョンの VisualHub もあります。


また、「vixy.net」はネット上のサービスでYouTubeなどの動画を MP4 や AVI フォーマットに変換してくれます。
YouTubeの動画をダウンロード(2)」の記事で説明しています。





(ダウンロードリンク)
Site top page : TECHSPANSION
Download page : iSquint



(関連記事)
YouTubeの動画をダウンロード(2)

edit

Movie/Music | CM:0 | TB:1

tag : Encoder  QuickTime 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-108.html

QuickTime/ホイールでコマ送り
icn_QuickTime
QuickTime Player : アップル純正ソフト

知ってる方には申し訳ない位どうでもいい話です。
QuickTimeで再生中にマウスのスクロールホイールを回すと、一時停止状態になりコマ送り(戻し)が出来るんですね。
全く知らなかった・・・。
070418qtp1
QuickTimeの再生中に、マウスポインタをこのウインドウ上に持って行き、スクロールホイールを回すとコマ送り(戻し)出来ます。

すごい勢いで回すとフリーズしてしまうことがあるので注意。
当然ながら、スクロールホイール付きのマウスが必要です。

普段、1ボタンマウス(このデザインが気に入っているので、他の3ボタンマウスを持っていても、これを使ってしまいます。)を使っていると全然気が付きませんでした。

また、知らなかったのは自分だけかも・・・。

edit

Movie/Music | CM:0 | TB:0

tag : QuickTime  Tips 

+