bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2019 / 11

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-678.html

HetimaClipping.qlgenerator
icn_CMPlugin
HetimaClipping.qlgenerator : テキスト・ピクチャクリッピングを表示
QuickLookプラグイン
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


テキストクリッピング、ピクチャクリッピングを表示するQuickLookプラグイン「HetimaClipping.qlgenerator」の紹介です。


(インストール前)
このプラグインをインストールする前に、テキストクリッピングを QuickLook で表示してみると、下のように表示されます。
080829hcq1
短い文章だったら、全文を読めるかもしれないけど、長い文章は読めません。アイコンが表示されるだけです。


(インストール後)
プラグインのインストール後は、下のように文章全文を QuickLook で読めるようになります。
080829hcq2


アイコンプレビューにも反映されます。
(大きく表示しないと見えないけど・・・)
080829hcq3

普通のアイコン表示だと見づらいけど、CoverFlowで見ているときには、内容を確認できて役立ちます。
080829hcq4



今ではほとんど見かけない ピクチャクリッピングも QuickLook で、表示できるようになります。

(インストール前)
080829hcq5
(関係ないけど、ピクチャクリッピングのOSXでのアイコンが、こういうものだったのを初めて知りました。)

(インストール後)
080829hcq6
プラグインのインストール後は、ピクチャクリッピングの画像を QuickLook表示できるようになります。




インストール方法は「HetimaClipping.qlgenerator」ファイルを

(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
/Library/QuickLook/

(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/QuickLook/

のどちらかに保存してFinderを再起動後に有効になります。「QuickLook」フォルダがない場合は、この名前のフォルダを新たに作ります。






この記事では HetimaClipping version 0.3 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : hetima.com
Download page : HetimaClipping.qlgenerator - hetima.com

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : QuickLook  textClipping 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-610.html

QLColorCode
icn_CMPlugin
QLColorCode : ソースコードをシンタックスカラーリングしてQuickLook表示する
QuickLookプラグイン
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


ソースコードをシンタックスカラーリングしてQuickLook表示する
QLColorCode.qlgenerator」の紹介です。

Finderでファイルを選択して、スペースキー or command+Yを押すと、シンタックスカラーリングしてQuickLookで表示されます。
080627qcc1


「.plist」ファイルもカラーリングされます。
080627qcc2




インストールは「QLColorCode.qlgenerator」ファイルを

(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
/Library/QuickLook/

(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/QuickLook/

のどちらかに保存してFinderを再起動後に有効になります。「QuickLook」フォルダがない場合は、この名前のフォルダを新たに作ります。





この記事では QLColorCode version 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : qlcolorcode - Google Code
Download page : qlcolorcode - Google Code

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : QuickLook  開発ツール 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-609.html

QuickLook Script
icn_CMPlugin
QuickLook Script.qlgenerator : AppleScriptのコードをQuickLookで表示する
QuickLookプラグイン
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


AppleScriptのソースコードをQuickLookで表示させる為のプラグイン
QuickLook Script.qlgenerator」の紹介です。

僕としては、ずっとAppleScript用のQuickLookプラグインを欲しかったので、助かります。

このプラグインをインストールしていない場合、AppleScriptのファイルをFinderで選択して、スペースキー or command+Y を押しても、アイコンの拡大表示しかされませんでした。
080628qas1

この「QuickLook Script.qlgenerator」をインストールすると、同じファイルでQuickLookで表示してみると・・・
080628qas2

ScriptEditorで見るのと変わらない状態で表示されます。
これでかなり便利になった。


関係ないけど、QuickLookのウインドウ内をダブルクリックすると、そのファイルを開くことができるのを今日初めて気付きました。全然知らなかった。





インストールは「QuickLook Script.qlgenerator」ファイルを

(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
/Library/QuickLook/

(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/QuickLook/

のどちらかに保存してFinderを再起動後に有効になります。「QuickLook」フォルダがない場合は、この名前のフォルダを新たに作ります。





この記事では QuickLook Script version 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Kainjow
Download page : 上に同じKainjow
NOV. 21 の「QuickLook plugin for AppleScripts」のところ

edit

Utility | CM:3 | TB:0

tag : QuickLook  AppleScript 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-561.html

FJNWebArchive.qlgenerator
icn_CMPlugin
FJNWebArchive.qlgenerator : QuickLookでWebアーカイブファイルの内容を表示
QuickLookプラグイン
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


Webアーカイブファイルの内容を表示するQuickLookプラグインの
FJNWebArchive.qlgenerator」の紹介です。

これは Safari で「別名で保存...」して作成したWebアーカイブファイルの内容を表示できます。
080521fa1

Webアーカイブを選択してスペースキー(or command+Y)を押して、QuickLook を起動すると こんな風に表示されます。
080521fa2




インストールは「FJNWebArchive.qlgenerator」ファイルを

(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
/Library/QuickLook/

(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/QuickLook/

のどちらかに保存してFinderを再起動後に有効になります。「QuickLook」フォルダがない場合は、この名前のフォルダを新たに作ります。





この記事では version 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Mac/Quick Look:藤棚工房新館:So-net blog
Download page : SourceForge.JP: Project File List

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : QuickLook  Safari 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-368.html

Suspicious Package
icn_CMPlugin
Suspicious Package : QuickLookでパッケージファイルの中身を確認
QuickLookプラグイン
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


パッケージファイルの中身を確認できるQuickLookプラグインの
Suspicious Package」の紹介です。

X-OSKさん の『Suspicious Package(pkgファイルの中身をQuickLookで表示)』で知ったものです。
(ずいぶん前だけど・・・)

これをインストール後にパッケージファイルを選択して、スペースキー(or command+Y)を押して、QuickLook を起動すると こんな風に表示されます。
080520sp1

「Show Contents」「Hide Contents」でリストの開閉を一気にできます。


またインストールスクリプトが存在した場合は、それを表示します。
黄色の丸部分をクリックすると・・・
080520sp2

そのスクリプトをQuickLook内で表示します。
080520sp3




インストールは「Suspicious Package.qlgenerator」ファイルを

(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
/Library/QuickLook/

(すべてのユーザアカウントで使用する場合)
(個別ユーザアカウントのみで使用する場合)
/Users/登録アカウント名/Library/QuickLook/

のどちらかに保存してFinderを再起動後に有効になります。
「QuickLook」フォルダがない場合は、この名前のフォルダを新たに作ります。

('08/05/24追記)
上記のディレクトリが逆になってました。すみません。
waterlooさんが気を使ってくれて、わざわざメールで教えてくれました。
(*´Д`)アリガトウ
(追記おわり)






この記事では Suspicious Package 1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Mother's Ruin
Download page : Mothers Ruin Software: Suspicious Package: Download

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : QuickLook 

+