bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2019 / 11

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-329.html

AutoPull
icn_AutoPull
AutoPull : メニューのプルダウンメニューをマウスオーバーで表示させる
OS10.2以上(UB)
フリーウェア


メニューのプルダウンメニューをクリック無しで、マウスオーバーだけで表示させるソフト「AutoPull」の紹介です。

名前の通り、メニューバーの各メニューにマウスポインタを持って行くだけで、プルダウンメニューが開くようになります。
071003ap1

メニューバー右側に表示される、時計やバッテリ残量など、PreferencePaneで表示されるものは、自動でメニューを開くようです。
(アプリケーションでメニューバーにアイコンなどを表示させているものは、自動でメニューを開かないようです。MenuCalendarClockSMARTReporter など。)

AutoPull は PreferencePane とかではなく、アプリケーションなので、使い続ける場合は 起動項目 に登録しておくといいでしょう。



AutoPullメニュー>環境設定(command+,(コンマ))
で環境設定ウインドウが開きます。
(設定した項目は「Save」ボタンをクリックするまで有効になりません。)
071003ap2

ここでは、除外アプリケーション、プルダウンメニューを閉じる位置、アップルメニュー・スポットライト辺りの位置の除外、特定領域の除外の設定が出来ます。

メニューバーの右側に表示されるアイコンなどのメニューを自動で開かせないようにするときには、「Extra menu 領域の除外」のスライダで、除外する位置を指定します。
071003ap3

スライダを動かすときには、メニューバーに赤いラインで位置を教えてくれます。
071003ap4



071003ap5
Dockアイコンを control+クリック(右クリック)して、現在アクティブなアプリケーションの除外指定、AutoPull の機能一時停止、環境設定ウインドウの呼び出しが出来ます。







(ダウンロードリンク)
Site top page : 作者: Akira
Download page : AutoPull for X(Macintosh / ユーティリティ)

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : MenuBar 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-320.html

メニュー項目の「○○○...」
メニューバーに表示されるメニュー項目についてのごく初歩的な話です。

メニュー項目には
「○○○...」
というように、最後に「...」が付く項目があります。

例えば、アップルメニューの「再起動...」などはそうです。
070929med1

これをそのまま選択すると、再起動してもいいかどうか、確認ダイアログで選択することになります。
070929med2


このように、メニューに表示される「...」は、その項目をすぐには実行せずに、ダイアログなどのウインドウで、もう一度確認する作業があることを示しています。

これはMacでの、共通の約束事です。



再起動などで、この確認作業を飛ばしたい場合は、メニューが表示されているときに optionキー を押すと、「...」が消えてすぐに実行するようになります。
070929med3

すべての項目の「...」が、optionキーで省略出来る訳ではありません。




ちなみに、アップルメニュー表示中に shiftキー を押すと、
「強制終了...」のところが、アクティブなアプリケーションの(一発)強制終了に切り替わります。
070929med4

他にもメニューによって、shift や option を押すと変わる項目があるので、試してみるのもいいかもしれません。

edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : MenuBar 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-264.html

Menu Extra Enabler
icn_MenuExtraEnabler.jpg
Menu Extra Enabler : メニューバー機能拡張の為のInputManagerプラグイン
OS10.2~10.4(UB)
フリーウェア


('08/01/06追記)
現在のところ、Menu Extra Enabler はOS10.5では機能しません
(追記おわり)


メニューバーの機能拡張の為のInputManagerプラグイン「Menu Extra Enabler」の紹介です。

このソフトは「Menu Extra Enabler」自体が何かをするものではなく、サードパーティ製のソフトでメニュー機能の拡張を可能にするInputManagerプラグインです。

icn_MEE_Installer
インストーラを起動してインストールすると、
~/Library/InputManagers/Menu Extra Enabler
のフォルダがインストールされます。

アンイストールするときは、このフォルダを捨てればアンインストールされます。





(ダウンロードリンク)
Site top page : [unsanity] Welcome - Unsanity - Makers of Haxies, small useful utilities that enhance and redefine how Mac OS X works.
Download page : [unsanity] Menu Extra Enabler - Enables third party menu extras to be used.




(関連記事)
<Menu Extra Enabler対応ソフトの記事>
Dockyard Menu Extra --- メニューバーでDockを切り換えて使う

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : InputManager  MenuBar 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-173.html

DejaMenu
icn_DejaMenu
DejaMenu : メニュー項目をホットキーで呼び出す
OS10.2以上(UB)
フリーウェア


各アプリケーションのメニュー項目を、マウスポインタがどこの位置でもホットキーで呼び出すことの出来る「DejaMenu」の紹介です。

070716djm1

DejaMenu は上の写真のように、コンテキストメニューのようにメニュー項目を呼び出すことが出来ます。


DejaMenu を使用するには、システム環境設定のユニバーサルアクセスで「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックしておかないと、ちゃんと機能しないので注意して下さい。

アップルメニュー>システム環境設定>ユニバーサルアクセスを選択して
exp_u
「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れて下さい。




DejaMenu を初めて起動するとショートカットキーを入力するダイアログが表示されるので、他のショートカットとかぶらないように、好きなものを入力して設定します。

デフォルト設定では「command+shift+M」に設定されています。
070716djm2


これで、設定したショートカットキーを入力すると、いつでもどこでもメニュー項目が呼び出せます。
070716djm3



僕の場合だけかもしれませんが、DejaMenu 内のサービスメニューには、選択した文字などのDATAが送れない状態でした。
070716djm4




DejaMenu のショートカットの再設定や、ヘルプ、終了する場合は、起動中に DejaMenu アイコンをダブルクリックするか、・・・
070716djm5

メニュー項目の一番下の「DejaMenu」を選択して操作出来ます。
070716djm6


DejaMenu はとても便利なので、起動項目に登録しておくとさらに便利でしょう。また、多ボタンマウスでボタンにショートカットが割り当てられる環境にある方は、DejaMenu のショートカットを第3、第4ボタンなどに設定しておくと、便利だと思います。





(ダウンロードリンク)
Site top page : mub mub mub mub mub mub mub dead
Download page : DejaMenu 1.2.1 for MacOS X

edit

Utility | CM:6 | TB:0

tag : MenuBar 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-8.html

メニューバーのアイコンを移動
メニューバーの右側にはいろいろなアイコンや時計などが並んでると思います。
そのアイコンを移動させるTipsです。

移動させたいアイコンをコマンドキーを押しながら、ドラッグして下さい。
menubaricon1

移動させたいところでドロップしてやれば完了です。
menubaricon2

また、コマンドキーを押しながらメニューバーの外に持って行くと、アイコンはメニューバーから削除されます。復帰するにはシステム環境設定の各項目からできます。

※アプリケーションとしてメニューバーに表示されるものについては、この方法で移動、削除はできません。

edit

Tips | CM:0 | TB:0

tag : Tips  MenuBar 

+