bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2020 / 07

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-776.html

SpaceSuit
icn_SpaceSuit
SpaceSuit : Spaces の各スペースにそれぞれデスクトップピクチャを設定する
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


Spaces の各スペースに、それぞれデスクトップピクチャを設定できるようにする
SpaceSuit」の紹介です。

使い方はシンプルで、SpaceSuit を起動してそれぞれのスペースで、Dockのアイコンにデスクトップピクチャに設定したい画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけです。
081209ss1


これでそのスペースに、ドラッグ&ドロップした画像がデスクトップピクチャとして設定されます。
081209ss2


スペースを切り替える度に、デスクトップピクチャが変わるので、今どこのスペースなのかがすごく分かり易くなります。
081209ss4081209ss5



Dockアイコンを長押し、もしくは control+クリック(右クリック)でメニューが表示され、画像をデスクトップウインドウにフィットさせたりすることができます。
081209ss3


SpaceSuit を終了すると、設定したデスクトップピクチャも、起動前のもとのものに戻ります。



もともとシステム標準で付いていてもおかしくない機能を提供してくれる、便利なアプリケーションですので Spaces を利用している人にオススメです。






この記事では SpaceSuit 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Dockland Software - Fantasktik, the Incredible Taskbar
Download page : Dockland Software - SpaceSuit

edit

Utility | CM:6 | TB:0

tag : Spaces  デスクトップピクチャ  Desktop 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-771.html

DesktopChanger 0.1.1
icn_DesktopChanger
DesktopChanger : 擬似的に「デスクトップ」フォルダを最大10個まで増やす
Growl対応
OS10.4以上(UB)
社会貢献ウェア※


擬似的に「デスクトップ」フォルダを最大10個まで増やす、AppleScript製のアプリケーション「DesktopChanger」をバージョンアップ(v0.1.1)しました。


DesktopChanger はデスクトップ上のアイテムを保存しておくフォルダ

[セットアップで指定した場所]/DesktopChanger's Stock folders/Stock folder */

という「Stock folder *」を、最初のセットアップでいくつか(最大10個)作り、起動する度に、それらのフォルダにデスクトップ上のアイテムを出し入れすることによって、擬似的にデスクトップフォルダを増やします。



※デスクトップにファイルをダウンロード中、デスクトップに大きなファイルを保存中など、なにかのファイルをデスクトップに保存している最中に、DesktopChanger を起動しないようにして下さい。

※DesktopChanger でエラー等が発生しても、「デスクトップフォルダ」や「Stock folder *」にあるアイテムが削除される、上書き保存されてしまう、といったことはあり得ません。(スクリプト上にそういうコマンドが一切ないので、不可能です。)




今回のバージョンアップでは、次の点を修正しました。
大した修正ではないので、前の version 0.1.0 を使っていている人は、別にバージョンアップする必要はないと思います。
(また1からセットアップしなければならない為)

(1)セットアップの「Stock folder *」の保存場所を指定するときに、デスクトップまたはデスクトップ上のフォルダを指定できないように修正。

(2)Growlにレジストするときに、もしGrowlがインストールされていなければ「GrowlHelperApp」はどこ?というダイアログを出さないように修正。
OS10.4の場合では、もしかしたらシステム環境設定が立ち上がるかもしれませんが、それは無視して下さい。

(3)セットアップで生成されるフォルダ「DesktopChanger's Stock folders」の保存場所をセットアップ後でも変更できるようにしました。

やり方は、「DesktopChanger's Stock folders」とその中の「Stock folder *」のロックを外して、希望するディレクトリに移動してから、DesktopChanger を起動します。

すると、エラーが発生して次のアラートダイアログが表示されます。
081118dc1
これで「Choose」を選択して、次のオープンダイアログで「DesktopChanger's Stock folders」を選択すれば、その場所に変更できます。
(ただし「DesktopChanger's Stock folders」の中のアイテムを名称変更したり、何か変更を加えていると正常に機能しないので、注意して下さい。)



上記アラートで「Reset」を選択すると、デスクトップ上のアイテムの位置などの情報が破棄して終了し、次回に起動するとまたセットップから始めます。

リセットした場合は「Stock folder *」の中にあるアイテムを別の場所に移動して保管し、「DesktopChanger's Stock folders」と「Stock folder *」のフォルダを削除して下さい。

これらのフォルダはロックが掛かっているので、「情報を見る」などでインフォメーションウインドウを開いてロックを解除して下さい。


その他の注意点などは「Read Me」をしっかり読んで下さい。





(使用条件)
このアプリケーションは社会貢献ウェアとします。
「フリーウェア」ではありません。
コンビニでおつりを募金箱に入れるも良し、ボランティア活動でもいいし、何か社会の役に立つことをして下さい。
もしくは、「クリック募金」で10社以上のクリック募金を毎日、最低1週間は続けて下さい。



('08/11/21追記)
dps さん で紹介して頂きました。ありがとうございます。
(追記おわり)






この記事では DesktopChanger 0.1.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : ココ
Download page : Box.net - DesktopChanger
「DesktopChanger_○○○.zip」の数字の大きいものが新しいバージョンです。


(関連記事)
DesktopChanger --- version 0.1.0(イニシャルリリース)での説明記事

edit

My Software | CM:0 | TB:0

tag : AppleScript  Desktop  Finder  Growl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-762.html

DesktopChanger
icn_DesktopChanger
DesktopChanger : 擬似的に「デスクトップ」フォルダを最大10個まで増やす
Growl対応
OS10.4以上(UB)
社会貢献ウェア※


擬似的に「デスクトップ」フォルダを最大10個まで増やす、AppleScript製のアプリケーション「DesktopChanger」の紹介・・・、というより自分で作ったものなので宣伝です。

Finder Toolbar Scripts の次期バージョンに入れるつもりで作ったのですが、ツールバーに登録する意味がないので単独のアプリケーションとして公開しました。



【 DesktopChanger - 使い方 】


初回起動時のセットアップにて、任意の場所に「Stock folder *」(* には数字が入る)というフォルダを指定した数の分だけ作ります。
この数が擬似的なデスクトップフォルダの数に当たります。
「Stock folder *」の数は最大10個まで。

DesktopChanger を起動する度に、現在のデスクトップ上に存在するアイテムを
「Stock folder *」に移動し、次の「Stock folder *+1」に保存してあるアイテムをデスクトップに戻し、元あった位置に配置します。

要するに、起動する度にデスクトップが入れ替わって、ファイルが元あった位置に配置されます


Growl をインストールしていれば、デスクトップナンバーなどを表示します。
081101dc1
なくても動作するはずですが、Growl通知しないと、かなり分かりづらいアプリケーションです。

Dockに登録して使ったり、その他のランチャなどで起動して使って下さい。
Quicksilver, Butler, Spark などを使えば、ホットキーで DesktopChanger を起動できるので便利です。

説明用の動画をYouTubeにアップロードしたので参考にして下さい。

起動する際には Quicksilver を使っています。


デスクトップ上のアイテムが「ロック」されている場合、解除します。
そのアイテムがまたデスクトップ上に戻されてもロックは「解除」された状態のままになるので注意して下さい。

「アクセス権」のないアイテムがデスクトップ上に存在した場合に、パスワード認証を求められます。パスワードを入力して実行しないと、アイテムを移動することはできません。
また、何回か DesktopChanger を実行して、そのアクセス権のないアイテムをデスクトップに戻す際にもパスワード入力を求められます。

パスワード入力は「Finder」上で行っていることであり、DesktopChanger のスクリプトでパスワードを取得している訳ではありません。
なので DesktopChanger を使っていてパスワード入力を求められた際は、安心して入力して下さい。
AppleScriptに精通している人ならば、ソースを見てもらえればわかります。
▽ ScriptEditor でソース開く





【 DesktopChanger - 注意事項 】


初回起動時に指定した場所に
/DesktopChanger's Stock folders/Stock folder *
というようなフォルダを新規作成します。

これらのフォルダの場所を変更したり、名称変更、中のファイルを移動するなど、
絶対に変更を加えないで下さい。正常に機能しなくなります。


もし、そうしてしまった場合は「Stock folder *」にあるファイルを別の場所に移動して保管し、「DesktopChanger's Stock folders」「Stock folder *」フォルダを削除して下さい。
そして「DesktopChanger.app」を「スクリプトエディタ」で開いて、コメント行を
加えるなどして上書き保存して下さい。
(「property」で属性宣言した各変数の値が初期化するため)
「AppleScriptなんてよくわからない」という人はもう一度ダウンロードし直して使って下さい。


('08/11/06追記)
もし、なんらかの原因で無限ループに陥った場合は、アクティビティモニタなどを使って、プロセスを強制終了させて下さい。

それと、DesktopChanger はデスクトップ上のアイコンの位置情報などを、アプリケーション(アプレット)本体に保存します。
従って、複数のユーザアカウントで普通のアプリケーションのように、1つの DesktopChanger を使い回すことはできません。
各ユーザに1つずつ DesktopChanger をダウンロードして使って下さい。
(追記おわり)





【 DesktopChanger - 使用条件 】


このアプリケーションは社会貢献ウェアとします。
「フリーウェア」ではありません。
コンビニでおつりを募金箱に入れるも良し、ボランティア活動でもいいし、何か社会の役に立つことをして下さい。
もしくは、「クリック募金」で10社以上のクリック募金を毎日、最低1週間は続けて下さい。





【 DesktopChanger - 使用にあたって 】


このアプリケーションを使用するにおいて、不具合・不利益等が発生しても、いっさいの責任は負いません。使用者の責任において、使用して下さい。





('08/11/04追記)
dpsさん に紹介して頂きました。ありがとうございます。

('08/11/06追記)
Macの手書き説明書さん に紹介して頂きました。ありがとうございます。

('09/01/14追記)
PISCESのTomさんが書いてる オンラインウェア一問一答 で紹介して頂きました。ありがとうございます。
擬似的にデスクトップを増やす「Desktop Changer」

他の人に紹介してもらえるのって、やっぱり嬉しいですね。
(追記おわり)






この記事では DesktopChanger 0.1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : ココ
Download page : Box.net - DesktopChanger
「DesktopChanger_○○○.zip」の数字の大きいものが新しいバージョンです。



(関連記事)
DesktopChanger 0.1.1 --- version 0.1.1 での修正点など。

edit

My Software | CM:10 | TB:0

tag : AppleScript  Desktop  Finder  Growl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-275.html

Highlight
icn_Highlight
Highlight : デスクトップにいろいろ書き込めるプレゼン用ツール
OS10.4以上(UB)
ドネーションウェア


デスクトップにいろいろ書き込めて、プレゼンテーションをするときなどに役立つ「Highlight」の紹介です。

こんな風にデスクトップに書き込むことができます。
071115hl1

ただし、文字とか複雑のものは普通のマウスではかなり書きづらいので、矢印や丸などの簡単な図形の方がいいと思います。

たぶん、タブレットペンを使えば書き易いと思う。

それでも普通のマウスで絵を描くって人は、疲れたときにでも気晴らしにデスクトップに落書きしてみるのもいいでしょう。
071115hl2
(´-`).。oO(この絵じゃ、半年後には意味不明・・・)


メニューバー上は書き込めないようになっていて、ここで操作します。
071115hl3

Clear(command+K)で書いたものを消去

Show Styles(option+command+S)でペンの色などの設定をします。
071115hl6


command+H でアプリケーションを隠しているときは、他のアプリケーションを普通にマウスで操作できます。


書いたものを保存することもできます。
Fileメニュー>Save As...
で保存します。
071115hl4

保存されたファイルは拡張子「.hlt」のファイルとなります。
071115hl5

これを Highlight の
Fileメニュー>Open(command+O)
から開くことができます。
(ファイルをアプリ本体アイコンにドッロプしても、なぜか開かなかった。)





この記事では Highlight version1.4 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Welcome
Download page : Highlight - Show & Tell

edit

Graphic | CM:0 | TB:0

tag : Desktop  Drawing  プレゼンツール 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-347.html

Spaces
icn_Spaces

OSX Leopard での新機能「Spaces」について。

Spaces は仮想デスクトップを作ります。デフォルト設定では F8キー(+fn)を押すと分割画面が表示されます。
071103sp1

ここで、それぞれの操作スペースにウインドウをドラッグして、移動することが出来ます。

うむらうすさん の『Leopard雑感2 - Spaces』で知ったんですが、この画面表示のときに「c」を押すと、それぞれの操作スペースにあるウインドウが1つの操作スペースに収束されます。
071103sp2

もう一度「c」を押すと、それぞれ元の操作スペースに戻ります。



Spaces はシステム環境設定の「Exposé と Spaces」パネル>「Spaces」タブ で設定します。
071103sp3

最初に「Spaces を有効にする」にチェックを入れます。

「メニューバーに操作スペ-スを表示」にチェックすると、メニューバーに現在の操作スペースの番号が表示されます。
どの画面なのか分からなくなってしまうので、これを表示させておいた方がいいでしょう。
071103sp4

プルダウンメニューで、操作スペースを移動できます。
control+矢印キーcontrol+数字キー(デフォルト設定) でも操作スペースの移動が出来ます。

Exposé と同じようにマウスボタンにも設定できます。システム環境設定の「Exposé」タブでホットコーナーに Spaces を設定することも出来ます。


移動するときには、こんな感じのフローティングウインドウで何処から何処へ行くのか、確認出来ます。
071103sp5



よく使うアプリケーションは「アプリケーションの割当」で登録しておくと便利です。「+」で新規登録出来ます。
071103sp6

登録したアプリケーションを起動したとき、アクティブにしたときなどに、自動で設定された操作スペースに移動して、そのアプリケーションウインドウを表示します。

「すべての操作スペース」で選択したアプリケーションは、操作スペースを変えても常に表示されます。




Leopard を使っていなくとも、似たような環境はオンラインウェアで実現することは出来ます。

icn_DesktopManager
Desktop Manager : 仮想デスクトップを作る
OS10.3以上(PPC)
ドネーションウェア

以前はこれを使ってました。便利ですがメモリを大食いするのが難点。

(ダウンロードリンク)
Site top page : About Desktop Manager
Download page : BerliOS Developer: Project Filelist



icn_VirtueDesktops
VirtueDesktops : 仮想デスクトップを作る
OS10.4以上(UB)
ドネーションウェア

使ったことはありませんが、各所でのレビューで評価は高いようです。

(ダウンロードリンク)
Site top page : VirtueDesktops
Download page : VirtueDesktops » Downloads

edit

Macの基本操作 | CM:0 | TB:0

tag : システム環境設定  Desktop  Spaces  Exposé 

+