bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 05

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-781.html

Cryptor
icn_Cryptor.jpg
Cryptor : ファイル・フォルダ及び文字列を暗号化する
Growl対応
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


ファイルやフォルダを暗号化するセキュリティソフト「Cryptor」の紹介です。

100120ct1.jpg

使い方は、暗号化したいファイル・フォルダを ボタン のOpenダイアログか、Finderからドラッグ&ドロップして、Cryptor のウインドウにリスト表示させます。


そして「鍵」のアイコンをクリックして、パスワードを入力します。
100120ct2.gif


しばらくすると、拡張子「.wtf」の暗号化されたファイルが新たに作られます。
100120ct3.jpg

このファイルをテキストエディタなどで開いてみると、下のように暗号化されて中身はわかりません。
100120ct4.gif



元に戻すときは、このファイルをダブルクリックするなどして「Cryptor」で開きます。
そして、パスワードを入力します。
100120ct5.gif

これで元のファイル(フォルダ)に戻ります。



環境設定( command+, )で暗号化のアルゴリズムを変更したりできます。
100120ct6.jpg




また、「Extras」メニューから、いろいろ機能を利用できます。
100120ct7.gif

String Utility」( control+S )は、下のウインドウを表示して「Input」欄に入力した文字列を暗号化します。
100120ct8.jpg
パスワードとアルゴリズムを設定して「Encrypt」ボタンをクリックすると、「Output」欄に暗号化した文字列が表示されます。

暗号化されたランダムな文字列を「Input」欄に入力してパスワード、アルゴリズムを選択して「Decrypt」ボタンをクリックするれば、元の文字列が「Output」に表示されます。


Log window」( control+L )はログを表示します。
100120ct9.jpg


History log」は履歴を表示します。
100120ct10.jpg



Growlに対応しているので、暗号化に成功したときなどにお知らせしてくれます。
100120ct11.jpg







この記事では Cryptor 1.2.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : L|M|TER Inc. - Software Company
Download page : Cryptor @ L|M|TER Inc. - Software Company

スポンサーサイト

edit

Utility | CM:2 | TB:0

tag : 暗号化  Security  Password  Growl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-857.html

Whale
icn_Whale.jpg
Whale : OTPアルゴリズムを使用した暗号化ソフト
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


OTP(one time pad)アルゴリズムを使用した暗号化ソフト「Whale」の紹介です。

090301w2.jpg
Whale を起動すると左のようなウインドウが表示されます。

ファイルを暗号化するときは「Encrypt」ボタンをクリックして、ダイアログで暗号化するファイルを選択します。


※「フォルダ」は暗号化できないので、ZIPアーカイブにするとかして暗号化します。


例えば、下のようなテキストファイルがあるとします。
090301w1.gif

これを Whale で暗号化してみます。
ファイルの暗号化に成功すると、それをお知らせします。
090301w5.gif

オリジナルのファイルと同じフォルダ内に、「○○○.encrypted.1」「○○○.encrypted.2」という2つのファイルが作成されます。
090301w3.gif
※オリジナルファイルは残ります。

これらの作成されたファイルを、またテキストエディットで開いてみても、ランダムな文字が並ぶだけで意味不明です。
090301w4.gif


暗号解読するときは、「Decrypt」ボタンをクリックし、ダイアログで「○○○.encrypted.1」「○○○.encrypted.2」のどちらかのファイルを選択します。

これで、そのフォルダ内にオリジナルのファイルが復元されます。
(※復元するときに、フォルダ内に同名のファイルが存在した場合、有無を言わさず上書きされるので注意が必要です。)

復元するときに「○○○.encrypted.1」「○○○.encrypted.2」のファイルが別々のフォルダに存在する場合は、復元できません(一応復元されるが、ファイルを開けなかったりします)。


パスワードロックで保護するという考えではないので、分割された2つのファイルを別々の場所に保存して保護するといった「割り札」的な使い方がいいでしょう。






この記事では Whale 1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Julian Meinold's home page
Download page : 上に同じ
※「Whale」のパラグラフの「download it here (29 KB) 」のリンクから

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : 暗号化  Security 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-717.html

BitClamp
icn_BitClamp
BitClamp : ファイルを暗号化する
Growl対応
OS10.4以上(UB)
シェアウェア $19.95


ドラッグ&ドロップでファイルを暗号化する「BitClamp」の紹介です。

使い方は、BitClamp のアイコンか、ウインドウに暗号化したいファイルをドラッグ&ドロップします。
081016bc1
(左下の歯車アイコンから「Add」でファイルを選択してもOK)

すると、ウインドウにドラッグ&ドロップしたファイルのリストが表示されます。この内容でよければ、「Encrypt」をクリックします。
081016bc5

そして、「Key:」「Confirm:」のところに同じパスワードを入力して「OK」をクリックします。
081016bc3
(「Hide」のチェックを外すと、パスワードが「・・・」じゃなくて、普通に見えるように表示されます。)


これでデスクトップに暗号化された「EncryptedFile.cdx」ファイルが作られます。(設定による)
081016bc4



これを暗号解除するときは、暗号化されたファイルを BitClamp のアイコンか、ウインドウにドラッグ&ドロップして、設定したパスワードを入力します。
081016bc6

暗号解除されたものは「DecryptedFiles」というフォルダ内に生成されます。
081016bc7



BitClamp は Growl に対応しており、暗号化したときや、暗号解除したときに、Growl でお知らせします。
081016bc8



暗号化のアルゴリズムは、環境設定などで変更できます。
081016bc9
AES - 256 Bit」「Serpent - 256 Bit」「Blowfish - 448 Bit」から選択できます。

他にも暗号化ファイルの保存場所などを指定できます。






この記事では BitClamp 1.1.1(MacHeist)※ を使用しています。
(※去年のクリスマスにフリーで配布されたもの)

(ダウンロードリンク)
Site top page : Crimson Sky Software - BitClamp
Download page : BitClamp - Encryption software for Mac OS X

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : 暗号化  Password  Security  Growl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-688.html

BitEncrypt
icn_BitEncrypt
BitEncrypt : ファイル・フォルダを暗号化する
OS10.5以上(UB)
フリーウェア


Macはじめました。: ファイルを簡単に暗号化! - BitEncrypt』で知った、ファイルを暗号化する「BitEncrypt」の紹介です。

使い方は「Encrypt」タブを開いて、暗号化したいファイルをウインドウにドラッグ&ドロップします。すると、それがリストに表示されます。
081017be1
フォルダは暗号化できません。フィアルのみです。
パッケージ形式のアプリケーションファイル(実際はフォルダなのにファイルのように振る舞うもの)なども、暗号化できません。

複数のファイルをドラッグ&ドロップできますが、1つずつのファイルで暗号化されます。1つのファイルに圧縮しません。

Encrypt」ボタンでパスワード入力になります。
081017be2

入力フォームに同じパスワードを2回入力して、「Continue」で実行します。
ダイアログで保存場所と名称を設定して、暗号化に成功すると、下のように表示されます。
081017be5

「○○○.bitencrypt」というファイル名の暗号化されたファイルが生成されます。
081017be3



暗号解除するときは「○○○.bitencrypt」ファイルをダブルクリックするか、「Decrypt」タブのウインドウにドラッグ&ドロップするかで、BitEncrypt のウインドウ上にリストされます。
081017be4

これで「Decrypt」を実行し、設定したパスワードを入力、保存場所を指定すると、暗号解除されたもとのファイルが生成されます。

※保存場所に暗号解除されたファイルと同名のものが存在すると、有無を言わさず上書き保存されてしまうので注意。






この記事では BitEncrypt 1.2.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Home
Download page : BitEncrypt

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : 暗号化  Password  Security 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-145.html

iCrypt
icn_iCrypt
iCrypt : ファイルの暗号化ソフト
OS10.3以上
フリーウェア


アイコンが昔の某有名マンガのアレとそっくりな、とても扱い易いファイル暗号化ソフト「iCrypt」の紹介です。

iCrypt を起動するとこのウインドウが開きます。
070512ic1
ここのアイコン部分に暗号化したいファイルをドラッグします。
フォルダや、複数のファイルは暗号化できないので、1つずつしましょう。


例として、テキストエディットのファイルを暗号化してみます。
070512ic2

この「iCryptのテスト.rtf」の中身はこんな感じです。
070512ic3


iCrypt のウインドウのアイコン部分に「iCryptのテスト.rtf」ファイルをドラッグして、パスワードを入力します。このパスワードを忘れないように注意して下さい。
070512ic4

※パスワードに「スペース」や「/」は使用できないので、注意して下さい。

入力出来たら、「OK」をクリック(キャンセルする場合は「Annuler」をクリック)すると、同じ階層のフォルダに、「iCryptのテスト.rtf.crypt」ファイルが作成され、暗号化されます。
070512ic5
拡張子は「.crypt」となります。
暗号化される前のファイルは残ります。


この暗号化されたファイルを見たい場合は、ダブルクリックすると iCrypt が起動するので、先程のパスワードを入力します。
070512ic4

そうすると、同じ階層のフォルダに「iCryptのテスト.rtf」ファイルが新たに作成され、テキストエディットで開けるようになります。

間違ったパスワードを入力しても、「iCryptのテスト.rtf」ファイルは作成されますが、中身はこんな感じで読めません。
070512ic6
テキストエディットでは開けなかったので、CotEditor で開いています。

※注意しなければならないのが、暗号解除したファイルを作成するときに、その同じ階層に同名ファイルが存在すると、警告ダイアログなしに上書き保存してしまうので、ご注意下さい。


「Read Me」がフランス語?で書かれているので、読めませんでした。フランス語?が読める方でこの記事中で間違ったことを書いてたら、教えて頂くと助かります。






(ダウンロードリンク)
Site top page : djodjoddesign
Download page : iCrypt

同名ソフトの「iCrypt」があるみたいです。こちらはシェアウェアのようです。

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Security  暗号化  Password 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。