bgpict2.png 
わかばマークのMacの備忘録
初心者による Mac OSX の便利な使い方や、ソフトウェアの紹介など、Macのこといろいろ。

2017 / 08

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

http://wakabamac.blog95.fc2.com/?overture" target="_new

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

スポンサー広告 | |
+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-950.html

multiXFinder
icn_multiXFinder.jpg
multiXFinder : メニューバーにアイコンを表示するアプリケーションスイッチャー
PreferencePane
OS10.4以上(UB)
ドネーションウェア、日本語対応


メニューバーに最前面のアプリアイコンを表示するアプリケーションスイッチャー、また1つのウインドウをクリックしたときにそのアプリのすべてのウインドウを前面に持ってくるように制御したりできるシステム環境設定ペイン「multiXFinder」の紹介です。



【 multiXFinder - インストール 】


インストールはインストーラパッケージから行います。
090822mxf1.jpg

インストールが完了すると
/Library/PreferencePanes/
の場所に「ASM.prefPane」が保存されます。





【 multiXFinder - 概要 】


インストールが無事完了すると
システム環境設定multiXFinder
のパネルが開くので、「Application Switcher Menu をメニューバーに表示」にチェックします。
090822mxf2.gif



アプリケーションのスイッチ

するとメニューバーの右側に、最前面アプリのアイコンが表示され、ここのメニューに起動しているアプリケーション一覧が表示されます。
090822mxf3.jpg

メニューからアプリケーションを選択すると、そのアプリケーションが最前面になります。


環境設定」のサブメニューで、multiXFinder の設定を行うことができます(設定による)。
090822mxf4.gif

例えば、「メニューの文字」を「アプリケーションの名前」にチェックすると、メニューバーのアイコンの横にそのアプリ名が表示されます。
090822mxf5.jpg





Rules - ウインドウの前後関係などの制御

Rules」の項目は、ウインドウの制御についての設定をできます。
090822mxf11.gif

  • Auto Hide Backgroundcommand+B )」
    これは、自動的に最前面のアプリケーション以外を隠します
    option+command+H を実行した状況と同じ)

    例えば、下ように複数のアプリケーションのウインドウがたくさん開いているとします。
    (Auto Hide Background 実行前)
    090822mxf12.jpg

    これで multiXFinder のメニューで「Auto Hide Background」にチェックを入れてから、Safariのウインドウをクリックしてみると・・・
    (Auto Hide Background 実行後)
    090822mxf13.jpg
    Safari以外(最前面のアプリ以外)のウインドウは、自動的に隠されます。




  • Auto Bring All to Frontcommand+F )」
    これにチェックを入れた状態にしていると、1つのウインドウをクリックしたときにそのアプリのすべてのウインドウを前面に持ってくるようにOS9風のウインドウ制御になります。

    例えば、「Auto Bring All to Front」をONにしておいて、下のようにSafariが最前面にあるときに、背面のFinderウインドウの1つをクリックします。
    090624klk6.jpg

    すると、Finderのすべてのウインドウが前面に表示されるようになります。
    090624klk7.jpg

    Finderなら、デスクトップのどこかをクリックしても、すべてのFinderのウインドウを前面に表示します。




  • Dock を隠すcommand+D )」
    Dock を表示/隠す の切り替えができます。


最後の「Dock を隠す」ぐらいの設定なら、システム標準の option+command+D のショートカットキーで簡単に切り替えることができるので、大したこと無いと思われるかもしれません。

しかし、multiXFinder のすごいところは、上記3つのルール設定の対象を「すべてのアプリケーション」であったり、「特定のアプリケーション」ごとに異なる設定ができるところにあります。

詳細は下記の「システム環境設定パネルでの設定」にて。





【 multiXFinder - システム環境設定パネルでの設定 】


メニューでの設定は、システム環境設定の「multiXFinder」パネルから、より細かく設定を行うことができます。



メニューバーオプション

メニューバーオプション」タブでは、主にメニューバーでの見え方に関する設定を行います。
090822mxf6.gif

「Spotlight menu」の項目に関しては、僕環境ではなぜだか機能しませんでした。(パスワード入力してもずっとチェックが外れない)





メニュー設定

メニュー設定」タブでは、アイコンをクリックしたときに表示されるメニューについての設定を行います。
090822mxf7.gif


090822mxf8.gif
Adds shortcuts to the first nine apps」にチェックすると、起動中のアプリケーション(最初の9個)に対して shift+19 のショートカットキーが割り当てられ、それでアプリケーションの切り替えができます。

ただし、ショートカットキーが有効なのは multiXFinder のメニューを表示しているときに限られます。




「Extra Items」項目の「Advanced Features in Standard menu」にチェックすると、下のようなメニューの項目が追加されます。
090822mxf9.gif

  • Full Screen」は、アクティブなアプリの最前面のウインドウをフルスクリーンで表示します
    最適化ボタンと同じ効果のようなので、Finderなどではフルスクリーンになりません

  • Risize Window」も、ウインドウ左上に表示される緑の+⃝の最適化ボタンと同じ効果のようです。
    「Full Screen」との違いがよくわからない

  • Stop ○○○ / Resume ○○○」は、そのアプリのプロセスを停止/開始します

    例えば「EventBox」というアプリを「Stop」させてみて、Activity Monitor で見てみると、プロセスが停止していることがわかります。
    090822mxf10.gif

    停止したアプリケーションのプロセスを再開するには、optionキー を押しながら「Resume ○○○」を選択して元に戻します。
    (「Resume All」でも元に戻ります)

    CPUのパワーを大量に占有するグラフィック系のアプリケーションを使用するときなどに、他のアプリを停止させておく、などの使い道が考えられます。

  • Resume All」は停止したアプリのプロセスすべてを元通り再開します。


ただ、上記の「Advanced Features」はちょっとバギーなところがあり、僕の環境でいろいろ弄ってるうちにウインドウが消えてしまって元に戻せない状態になったこともあったので、注意が必要かもしれません。





ルール

ルール」タブでは、上記の「Rules」について、より細かな設定を行います。
  • Auto Hide Background(最前面以外のアプリのウインドウを自動的に隠す)
  • Auto Bring All to Front(1つのウインドウを前面にすると、そのアプリすべてのウインドウも前面に表示する)
  • Dock を隠す

この3つのルールについて、対象のアプリケーションを設定して、アプリごとに異なるルールを設定できます。

ウインドウ右側の「Selected Applications」で「Global Settings」を選択しているときは、すべてのアプリケーションに対してのルール設定になります。
090822mxf14.gif

例えば上のように、
  • Hide background applications → Hide
    (自動的に最前面以外のアプリケーションのウインドウを隠す)
  • Bring to front all windows → Bring to front
    (1つにウインドウを前面にすると、そのアプリすべてのウインドウを前面にする)
  • Dock を隠す → Hide Dock
    (「Dock を隠す」状態にしている)
のように設定してみます。


ちなみに「抑制キーとして Shift を使用」にチェックしていると、shiftキー を押しながらアプリケーションの切り替えを行ったときにはルールは無視されます。
(「Global Settings」のみ)


次にまたウインドウ右側の「Selected Applications」で「」ボタンでアプリケーションを登録します。

例えば Finder(/System/Library/CoreServices/Finder.app)を登録してみます。
090822mxf15.gif

この「Finder」を選択した状態にてルールを設定すると、Finderが最前面のときだけ有効なルールになります。

各ルールの「標準設定を使用」は、「Global Settings」で設定した内容になります。

上の例だと「Dock を隠す」項目のみ「Show Dock」に設定しています。「Global Settings」では常に隠す設定なので、Finderが最前面に来たときだけ、Dockが表示されるようになります。
090822mxf17.jpg

FinderからファイルをDockにドラッグ&ドロップする機会が多いとか、FinderウインドウをたくさんDockに収納している場合とかに、例のように設定していると便利です。



他にも 1つのウインドウに連動してそのアプリすべてのウインドウを前面に持ってくる「Auto Bring All to Front」機能 —。
これは便利なんだけどFinderから他のアプリにファイルをドラッグ&ドロップする機会が多いので、特定のアプリケーションのみに対して「ON」にしておくと便利です。

X11 に対して「Auto Bring All to Front → Bring to front」に設定していると、Gimp を使うときに便利。





特定のアプリが対象の場合は、「Selected Application Only Rules」を設定できます。
090822mxf16.gif

メニューリストに加えない」は、そのアプリが起動していても multiXFinder のプルダウンメニューに表示しません。
ただし、そのアプリが最前面の場合はメニューバーにアイコンや名前が表示されます。

常に自動的に隠す/決して自動的に隠さない」チェックを入れて、このどちらかを選択していると「Global Settings」に関わらず、優先してこの設定が適用されます。





この multiXFinder は使い始めたばかりだけど、多機能でいいアプリケーションだと思います。
ただのアプリケーションスイッチャーだと思いこんで、スルーしてましたが、いざ使ってみると、多機能さにビックリ。
さ、さよなら、Klicko






この記事では multiXFinder 0.3.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Jack Overfull Home Page
Download page : Jack Overfull Home Page » Progetti - multiXFinder

スポンサーサイト

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Switcher  Window  プロセス制御  PreferencePane 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-907.html

Blitz
icn_Blitz.jpg
Blitz : 指定したアプリ以外のプロセスを停止して1つのアプリに集中する
Growl対応
OS10.5以上(UB)
シェアウェア $17


他のアプリケーションに邪魔されずに、1つのアプリケーションに集中したいときに便利なソフト「Blitz」の紹介です。

MacHeist の謎解きミッションで手に入れたソフトで、同様に手に入れた方も多いんじゃないかと思います。


Blitz を起動すると、メニューバーの右側に「チューリップ」のアイコンが表示されます。
090418blz1.gif
ここには、起動中のアプリケーションが表示され(バックグラウンドで起動しているものは除く)、今現在の最前面のアプリケーションは「Focus on ○○○」と表示されます。


例えばデスクトップが下のように、いろんなアプリのウインドウをゴチャゴチャと開いている状態だとします。
090418blz2.jpg

ここで Blitz の「Focus on ○○○」を実行すると、最前面のアプリケーション以外のウインドウをスリガラスで覆ったようにぼかします。
090418blz3.jpg
これで、まわりのアプリケーションを気にせず、1つのアプリケーションに集中して作業が行えます。


Growl にも対応していて、最前面のアプリケーションに「フォーカス」するときに、Growl表示します。
090418blz4.jpg


「フォーカス」を解除するときは、最前面のアプリのウインドウ以外をクリックするか、メニューバーから「Defocus」を選択します。
090418blz5.gif



ここまでの機能なら、似たようなアプリケーションもあるし、$17 はちょっと高いなあ、どうせタダで貰ったものだけど・・・と思ってたのですが、開発者のサイトの説明を読んでみると、この「Blitz」はフォーカスされていないアプリケーションのプロセスを停止する機能を持っていました。


Activity Monitor で「動作中のプロセス」を表示して、「Blitz」を使用・不使用での状態を比べてみると・・・

(普通の状態)
090418blz6.gif
Safari、LaunchBar、Finder、辞書.app などが動作中のプロセスにリストされています。

(Blitz で Activity Monitor にフォーカスして他のプロセスを停止した状態)
090418blz7.gif
システムやバックグラウンドアプリケーション※のプロセスばかりになります。
少しCPUの「ユーザ」プロセスの使用率も下がったようにも感じます。


※「バックグラウンド アプリケーション」起動してもDockにアイコンが表示されない、メニューバーにメニュー項目が表示されないアプリケーションのこと。

Blitz はバックグラウンドアプリのプロセスは停止しません。



例えば、Acorn などの画像編集ソフトで CoreImageフィルターを使うとき、ものすごくCPUパワーを使います。
4・5個くらいフィルターを重ねると、すごいです。

そんなときに「Blitz」を使って他のプロセスを停止すると、その辺りの処理も少しばかり早くなったりします(違いが感じられるほど顕著なものではないけど・・・)。



また Blitz は個別のアプリのプロセスを停止することもできます。
例えば、メニューから「Safari」を選択します。
090418blz8.gif
プロセスを停止したアプリ名の頭には「▐▐」マークが付きます。

これでSafariのウインドウを最前面にしても、メニューは「Safari」以外のアプリケーションのメニューが表示されるし、Safariのウインドウ上にマウスポインタを持って行っても虹色グルグルマークになって操作できなくなります。

Activity Monitor で見てみると、フリーズしているのと同じ状態になっています。
090418blz9.gif


Blitz のメニューで、もう一度「Safari」を選択すると、この「フリーズ」状態を解除して、普通の状態に戻ります。



(※ 注意 ※)
気を付けなければならないのが、Blitz で「フリーズ」させたアプリケーションを、また Blitz でフォーカスする対象として実行できてしまうところです。
090418blz11.gif

上のように Safari を「フリーズ」させているにも関わらず、「Focus on Safari」と表示されています。
これを実行すると、Blitz 自身がフリーズしてしまい、他のアプリケーションも Blitz によってフリーズさせるので、何も操作できなくなってしまいます。

もし、この操作をやってしまった場合、ターミナルを起動して

killall Blitz

のコマンドを実行するか、Activity Monitor で Blitz のプロセスを終了します。

そして再度 Blitz を起動して、どれか「フリーズ」していないアプリを対象として「Focus on ○○○」「Defocus」を実行すると、「フリーズ」していたアプリケーションも元に戻ります?






Blitz の環境設定(Preferences)で、最前面アプリをフォーカスするホットキーを設定できます。
090418blz10.gif

他にも個別にアプリをフリーズさせたときに、シャッター音を鳴らしたり、画面をフラッシュして知らせるようにもできます。






この記事では Blitz 1.0.2 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : Blitz - Your Life on the Mac, Now Faster.
Download page : 上に同じ

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : プロセス制御  集中  Growl 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-635.html

Spirited Away
icn_SpiritedAway
Spirited Away : 指定する一定の時間ごとに最前面以外のアプリケーションを隠す
OS10.4以上(UB)
フリーウェア


指定する一定の時間ごとに最前面以外のアプリケーションを隠す
Spirited Away」の紹介です。

前の記事の『HideAllApps』と機能はほほ同じです。
こちらはメニューバーから操作します。
080817sa1

起動すると60秒ごとに(デフォルト設定)起動しているアプリケーションをチェックして、最前面以外のアプリケーションを隠します。

メニューの起動しているアプリケーションのリストから選択して、「✓」を付けると、そのアプリは隠されなくなります。

一時停止する」を実行すると、一時停止してアプリケーションを隠さなくなります。
メニューバーのアイコンも切り替わります。

080817sa2   →   080817sa3



環境設定で、アプリケーションを隠すまでの時間を設定できます。
080817sa4
iChat とも連携できるみたいだけど、僕は iChat を使ったことが無いのでよく分かりません。






この記事では version 0.7 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : drikin.com - the mac way
Download page : Spirited Away - drikin.com



(関連記事)
HideAllApps --- 指定する一定の時間ごとに最前面以外のアプリケーションを隠す

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : プロセス制御 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-249.html

HideAllApps
icn_HideAllApps
HideAllApps : 指定する一定の時間ごとに最前面以外のアプリケーションを隠す
OS10.0以上(UB)
ドネーションウェア


60秒ごとに(デフォルト設定)起動しているアプリケーションをチェックし、最前面以外のアプリケーションのウインドウを隠す「HideAllApps」の紹介です。

例えば、こんな風に複数のアプリケーションのウインドウを開いているときに、HideAllApps を起動します。60秒が過ぎると・・・
080818haa1

最前面の Safari だけが残り、他のアプリケーションは自動的に隠されます。
080818haa2



080818haa3
主な操作はDockのアイコンから行います。
control+クリック(右クリック)か、長押しクリックでメニューが開きます。


ここに現在起動しているアプリケーション(隠されていないもの)がリストされ、それぞれ選択して「✓」を付けると、そのアプリは時間がきても隠されることはありません。

Stop hiding」に「✓」を付けると、隠すのを停止します。チェックを外せば再開します。

Refresh」はアプリケーションのリストが、実際に起動しているアプリケーションと違うときに実行すると、リストを直します。



「Preferences...」で環境設定が開きます。
080818haa4

ここでアプリケーションを隠すまでの時間を設定します。

「Save selection on exit」はDockのメニューで「✓」を付けた隠さないアプリケーションを、HideAllApps を終了させても保存しておきます。






この記事では HideAllApps 1.1.0 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : http://82.94.219.20/~marcvos/
Download page : Hide All Apps



(関連記事)
Spirited Away --- 指定する一定の時間ごとに最前面以外のアプリケーションを隠す

edit

Utility | CM:2 | TB:0

tag : プロセス制御 

+

http://wakabamac.blog95.fc2.com/blog-entry-662.html

Como
icn_Como
Como : アクティブなアプリを変更したとき、そのウインドウすべてを前面に表示
OS10.?以上(UB)※少なくともOS10.3.9では使えました
フリーウェア


アクティブなアプリケーションをマウスクリックなどで変更したとき、そのアプリケーションのウインドウ1つだけを前面にするのではなく、そのアプリ全体を前面に表示させるComo」の紹介です。

OS9風にアプリケーションをスイッチできます。
・・・と言っても、もうOS9のことはほとんど忘れちゃったけど。

これは PISCESの Tomさん がたびたび採り上げられているので、知りました。
PISCES - Como の検索結果


どういうことか、説明すると、
下のように Safari と3つのFinderウインドウを開いている状態で、Safari のウインドウが最前面だとします。
080825com3

この状態で例えば、右下のFinderウインドウをクリックするとします。
すると、そのFinderウインドウのみが最前面に表示されます。
080825com4
(これは普通の場合)


Como を起動して、同じように右下のFinderウインドウをクリックしてアクティブにします。すると、Finderのすべてのウインドウが前面に表示されるようになります。
080825com5
(Como を使用している場合)



細かい動作の制御だけど、すごく便利でいいです。
Exposécommand+tab のショートカットで、アプリケーションをスイッチすればいいのですが、やっぱり Como を使っていた方が直感的で何かと便利です。



Como を起動すると、メニューバーに小さなウインドウのようなアイコンが表示されます。そこのメニューから「一時停止」させることもできます。
080825com1

「一時停止」しているときは、アイコンにストップマークが付きます。
080825com2
Finderから他のアプリケーションにドラッグ&ドロップするときなどは、一時停止させておくといいでしょう。


環境設定で、Como の機能を有効にしない(する)アプリケーションを設定することができます。
080825com6
該当のアプリケーションを起動すると「起動プロセス」に表示されるので、それを選択して「+」ボタンで「登録プロセス」に設定できます。

「登録プロセス」のアプリケーションは、Como を「on」にしていても機能を有効にさせない(する)ようにできます。

また、ホットキーを登録しておくこともできます。





また、メニューバーではなく、Dock で操作するバージョンの「ComoDock」もあります。
(「Como」とは別のアプリケーションです)
080825com7

こちらの「ComoDock」では、Dockのアイコンを 長押し or control+クリック(右クリック)でメニューを操作できるのですが、機能せず環境設定や一時停止が使えませんでした。
(ComoDock version1.4.2)

しかし ComoDock が起動している間は、Como と同じようにウインドウを制御できるので、on/off の切り替えはアプリケーションを起動するか、終了させるかで行えます。

次期バージョンアップに期待しましょう。






この記事では Como version 1.4.1 を使用しています。

(ダウンロードリンク)
Site top page : ものかの
Download page : ものかの >> download

※ Como 1.4.1 のディスクイメージは僕の環境(OS10.5.4)では、開けませんでした。無理矢理 開くことも(たぶん)できるだろうけど、やめておいた方がいいです。
僕の場合は Panther で開いてから、Leopard の方にファイルを複製して、試しています。

尚、ComoDock1.4.2 の方は、OS10.5.4で開けました。

edit

Utility | CM:0 | TB:0

tag : Window  プロセス制御 

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。